Paka Paka ブログ ~きみの世界をおもしろく~

 発達しょうがいを持つ子どものABAを中心としたる個別療育と家族支援をするべく、2011年10月から愛知県武豊町を拠点に、知多半島を中心に活動しています。  発達しょうがいを持つ子どもたちの世界が少しでも面白く、楽しいものになるように、みんなで考える場になればと思っています。

2013年09月

昨日、Paka Pakaのパン教室を、武豊町保健センターで行いました!!

12組、総勢32名の方々が参加してくださいました。

本来ならば、公民館の調理室で行う予定だったのですが、工事の都合で使えなくなり、急遽保健センターで行うことになったのが、木曜日。

中止にしようかと一瞬はよぎったものの、次回は3月の予定・・ 
楽しみにしてくださっていた皆様のためにも、できる限りの配慮を考えたうえで開催することにしました。

事前に、保健センターの外観、調理室の部屋の様子などは写真を参加者の方々にお送りさせて頂き、
各家庭一つのドーナツの工程写真の手順カードを配布させて頂きました。

講師の戸田さんも、スタッフさんも慣れない調理室で不安だったことと思います。

そして、もちろん、参加する子どもたちも。。

そんな中、始まりました。

まずは。。。 こねあがったドーナツ生地を計量・分割。はかりで30グラムにしていきます。

分割




































そして、オーブンでベンチタイムを経て、成型♪
ドーナツ整形



































これが、みんなのテンションをあげてくれました!!

丸い生地をちょっと丸く平たくしたら、上からサランラップの芯やペットボトルの口を使って穴をあけていきます。
すごいアイデアですね~!!

成型した生地をオーブンで発酵。

生地が膨らんでいく様子をじっと眺めている子どもたちもたくさんいました。

それからドーナツあげ




























揚げていきます~。おいしそうな色になってきました。

それから砂糖を付けるのですが、写真がなくてゴメンなさい。。

紙袋に砂糖を入れて、その中に揚がったドーナツを入れて口を閉じ、シャカシャカシャカ~♪

これも、みんな嬉しそうにシャカシャカ♪
ドーナツ 出来上がり




































今回は油で揚げるという作業があったので、デザートはアイスクリームにチョコソースをトッピング♪

これには、ママさんたちがテンションアップ☆ 

ほんとに、ほんとにおいしいドーナツに、みんな大感動でした!!

会食の時間は、甘いものに心もほっこり。子どもたちはもくもくと食べて、毎回恒例の静けさも訪れ・・
ママさんたちは、お話もはずんでいましたね。

違う場所での開催でしたが、最後は皆様笑顔で「ありがとう!!たのしかった!!来てよかった!!」と言ってくださいました。

本当にうれしかったです。

場所の変更についても、快く協力してくださった講師の戸田さんと、パン研スタッフの皆様、参加者の皆様に心から感謝いたします。

次回は3月の予定です。

次回も楽しみましょうね♪




先週金曜日、武豊町のつぶらという喫茶店のフリースペースをお借りして、
Paka Paka モーニング座談会を行いました。

7名のママさんと、お子さん3名が来てくれました。

コの字にテーブルを配置して、真ん中で子どもたちが遊ぶのを眺めながらの座談会。

おいしいモーニングとコーヒーに、お話しも弾んで、楽しい時間を過ごせました。


定期的に行えたらと思っています。


来てくださった皆様、場所を貸してくださった喫茶つぶら様 ありがとうございました!!

つぶら モーニング

今週金曜日に迫った、モーニング座談会、まだまだ空きがあります!!

個室でゆったり、モーニング(トースト、サラダ、ゆで卵、コーヒー)で、みんなで楽しくお話ししませんか??

日時:9月27日 10:30~12:00

場所:武豊町 喫茶 つぶら (10:00にPaka Pakaハウスに集合してから、一緒に行きます。)

会費:800円


来月のフリマのお話や、個別療育について、また、Paka Pakaのイベントについてもたくさん情報交換できるかと思います。

お時間のある方、お気軽にいらしてくださいね♪

皆様のご参加、お待ちしております。

 先日、とある会議で最近の保護者にお子さんの状況を聞くと、『分からないのでサービス事業所に聞いてみます』という答えが返ってくるケースが増えてきているとの意見があった。一昔前ではなかったことだという。 

 最近は法制度も整備されたためか、障がい児を支える事業所が増えた。近隣の市町村では放課後等デイが急増しているとのこと。親としては選択できる部分が増え、負担を減らす意味でもいいことだが、いい部分だけではないように思う。

 便利というのは「両刃の剣」だと思う。サービスが準備されていることにより、楽になるかもしれないが、同時に考えないということも上げられる。

 結局は、親が子をどうしたいかがネックになると思う。そう考えた時に、専門家として、親として、地域に住むものとして何ができるか考え込んでしまうことがある。専門家として、伝えなければならないことは伝えるが、その先は、やはり親が考えること。少しでもいい方向に導いていければと思う。

 昔、重度心身障害者(知的にも身体にも障害があり重複している人)の任意団体で働いていた。その団体に通う人は、障がいが重いため卒後の進路もなく、親亡き後も支える社会資源が皆無だったので、親が主導で運営し、事業展開を考えていた。少し考えは古いかもしれないが、今はすごく共感できる。親としてあるべき姿でもあると思う。

 発達障がいを持つ子の人生を支えるには、サービスを含め支援体制がまだまだ不十分。(特に郊外では)親側にはサービスを与えられる側ではなく、仕組み作りを考える側に立って一緒に考えていきたい。親のみが、一貫して継続的な支援を必要と思えるのだから。

                                            土肥 克也
 
 

お知らせです!!

Paka Pakaのパン教室ですが、残席3→残席2となりました。
準備の関係上。締切まじかです!!
悩んでいる方、まだチャンスありますよ~!!

準備の関係もありますので、悩んでいる方は、お早目にお知らせください。

いっぱいになり次第、受付終了します!!

皆様のご参加、お待ちしております!!

こんにちは。

秋らしく、涼しい毎日となりましたね。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、毎週行っていますPaka Pakaのおかあさん向け座談会。

今月9月27日の座談会は、武豊町にあります「つぶら」という喫茶店のフリースペースをお借りして、
「モーニング座談会」を行います!!

みんなでモーニングを食べながら、ゆっくり、楽しくお話しましょう!!

日時:平成25年 9月 27日 (金)  10:30~12:00

場所 つぶら 駐車場の関係もありますので、一度Paka Pakaに集まってから乗り合わせていきます。

参加費 800円

定員10名

受付締め切り 9月20日 先着順 いっぱいになり次第終了

皆さんのご参加、お待ちしております!!


長かった夏休みの終了です。

今日から、新学期ですね。

最初はばたつきもありますが、気持ちを新たに、頑張っていきましょうね!!

さて、今月の予定です。

9月4日 Paka Paka座談会 

9月9日 Paka Paka座談会

9月17日 定例学習会 

9月27日 Paka Paka座談会

9月29日 Paka Pakaのパン教室

※ 座談会の場所、日程は変更になる可能性がありますので、ブログチェックをお願い致します♪
  

パン教室は、すでに定員の半数が埋まっています。
まだ、大丈夫ですので、参加希望の方は、お早めにお知らせください!!

定例学習会もまだまだ空きがあります!!
興味のある方は是非ご参加ください♪


今月も皆様の笑顔に会えるのを、楽しみにしています!!

お気軽にいらしてください♪

では、今日もいい日になりますように☆




このページのトップヘ