2007年04月11日

アニメの

パンプキン・シザーズ #24『軍人・平民・貴族』(終)

( ;∀;)イイハナシダナー

続きそうなのがワロタw
やめとけww




コードギアス #22『血染めのユフィ』

客引きのテコ入れ

客を引かせる&客を引っぱる

要するに波乱


ユフィのキャラクターにも深みが出たし、ルルーシュの狂気を加速させるトリガーにもなったわけで

それにしてもユフィ悲しい




コードギアス #23『せめて哀しみとともに』

そして第一部完

幕間に相応しい、素晴らしい盛り上がり


守るべき多くの日本人の血と引き換えに救世主へと昇り詰めたルルーシュ

汚したのはユフィの手

彼女さえも自らの手で殺し、図らずもナナリーの騎士も確保

都合よく転がって行くのは、弱者の命と愛する者の幸せを奪ったから

懺悔の暇も、悲しむ時間も無く

ルルーシュは進み続けるしかないんです


ラストのルルとスザクの交信はなかなかクる演出だったわ


次回放映が楽しみです

夏だっけ?




天保異聞 妖奇士 #24『後南朝幻想』

ラスト1話前

とってもわかりやすい話だった

アトルが我侭ぶっこいて、自称神の末裔が荒らして、往壓が制す


つーか、このアニメって打ち切りらしいですね

どーりで凹凸の無い脚本なわけだ

作品のテーマや、それに准ずるキャラメイクやクオリティのレベルが高かっただけに、非常に勿体無い

ところが、打ち切りの原因はそのテーマが重くて受けが悪いからとのこと

もうね

はっきり言って、この作品を打ち切りにするようなオトナ達は信用できませんよ

ビジネスとして、利益をあげなければいけないのは当然で、それができないのなら打ち切りは止むを得ない

がしかしかし!

そこで踏ん張らなかったからこそ、今のクズアニメ大量供給時代があるんじゃないの?

もっと頑張ってほしいよ

なんで深夜枠とらなかったんだばか




まなびストレート #12『桜色の未来たち』

なんでいきなりアメリカなのかとか、主人公いらない子になってるとか

そういうのは置いといて

程よいラスト感


後を曳く重さは無く、それでいてしっかりと

通常OPと絡める仕掛けとか

「消えるスプレー」ってのは例の苦情受けての設定なのかな?


まあいいや

とっても良いアニメだった

萌え萌えな絵柄で内容もそっちかと思いきや、しっかりとしたテーマとわかりやすい直球表現で構築されたこの作品は、新しい形のジュヴナイル作品といえるだしょう


主題歌の岡崎律子や林原めぐみ起用も伊達じゃなく、岡崎さんの曲にこめられたメッセージをそのまま表現したかのような内容だったと思います


妖奇士の打ち切りがあるかと思えば、不意を付くようにこういう素晴らしい作品が作られる

心配しなくても良さそうですね



願わくば、この作品はハルヒとの比較対象なんかになりませんように

比較する奴はばかだ


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/assas/50846865
この記事へのトラックバック
No.1794 染み出る血
wiki キスダム【須賀健太 画像 写真 動画 掲示板 携帯】at 2007年04月11日 14:49
 
 
 
body.ad{background:#000;} #ad{display:none;} .g-ads{ display:none; } #linkunit{ display:none; }