2011年07月19日

円高基調は止まらない

8月は円高に振れやすい傾向があります。過去30年間で19回、20年で15回、10年では8回も円高が進んでいます。昨年も8月半ばに83円台に突入し、15年ぶりの高値を付けたのは記憶に新しいところです。近年になればなるほど、8月の円高の確率が高くなっているのは、それだけ日本経済の外需依存度が上がってきているからです。

8月以降は、輸出企業が9月の中間決算を控え、海外で稼いだドルを円に換えて国内へ還流させたり、お盆休みの前に円買い・ドル売りの為替予約をしたりする時期でもあります。また、米国債の償還時期は年4回ありますが、8月が最も規模が大きいこともあります。機関投資家が償還・利払いで得たドルを国内へ還流させる時期にも当たっています。もちろん、夏休みで相場参加者が減少し、相場が乱高下しやすいという要因もあります。

もっと大きな流れで見ると、円高基調は少なくてもあと1年〜2年は続くと考えています。先進国と新興国の双方がドルやユーロの保有を減らし、円やカナダドル、オーストラリアドル、金などの購入を増やす流れはしばらく続くと見ているからです。特に、新興国の外貨準備における円保有が大幅に伸びることが予想されます。

その背景には、みなさんもご承知の通り、欧州で財政危機問題が収束するまでには、長い時間がかかることが想定される一方で、米国では大規模な量的緩和を実施したにもかかわらず、景気が本格的に回復する見通しが立っていないという事情があります。

もちろん、これは純粋な日本買いを意味していません。日本経済は長期の停滞に陥っている上に、欧州の高債務国と同じく、深刻な財政問題も抱えています。しかし、国の「正味の債務はどれだけあるのか」という本質に迫ると、「国(政府)と金融機関の債務を合算した債務である」という解が得られます。だから、「ドルやユーロよりはマシだ」という選択肢で買われているのです。

日本が大震災で打撃を受けようが、日本国債が格下げされようが、円高の基調は変わらず、今後は70円台が標準になる相場が定着するでしょう。仮に政府が円売り介入すれば80円台に戻るかもしれませんが、円安へ反転を保てるのは比較的短い期間になるものと思われます。

次回は、これからの新興国投資はリスクが高いことについて述べる予定です。

ブログランキング←応援クリックお願いします!

asset_station at 11:46│経済・相場分析