2012年04月26日

不安は少し和らいだが…

欧州の政治リスクはどうしても意識しなければなりませんが、明るい兆しが見えてきていない訳ではありません。

フランス大統領選ではオランド優位サルコジ劣勢の情勢に変わりはありませんが、オランド氏は金融市場が警戒する大きな政府を志向する公約を何とか弱めたいと、ドイツや金融市場との妥協策を探っているらしいからです。財政規律強化の条約についてはドイツが求める現行案をそのまま認め、その代わりにユーロ共同債の導入をドイツに呑ませたいという思惑があるようです。

拙書の中でも主張しているように、ユーロ共同債は財政統合の前段階としてどうしても必要な対応策です。将来的に見て最善の策は、経常黒字国が経常赤字国に財政的な補填をする仕組みをつくることです。しかしながら、現時点でその仕組みづくりを実現できる可能性は、ゼロに近いと言っても過言ではありません。

だからこそ、その前段階として、財政補填の仕組みよりはずっとハードルが低いユーロ共同債の導入を、何としても実現しなければならないのです。その意味では、金融市場の予測するオランド新大統領誕生という「災い」が転じて「福」となす可能性も出てきています。

また、ギリシャの地元メディアが伝える最新の世論調査によると、連立与党が過半数を大幅に上回るという結果が出てきています。ギリシャ国民もそこまで馬鹿ではなかったということです。

5月にはドイツで来年の連邦議会選挙を占う州議会選挙、6月にはオランダで総選挙が行われる予定ですが、オランド氏が現実路線に方針を転換し、EUに緊縮財政を約束したギリシャの連立与党が勝利すれば、当面の政治リスクは回避されることになるでしょう。

ただし、それは現状の枠組みを壊さずに維持したに過ぎません。歴史的に見ても、5月〜10月は用心して金融市場に臨む必要があるでしょう。

ブログランキング←応援クリックお願いします!

asset_station at 16:23│経済・相場分析