2012年06月11日

リバウンドのチャンス

ブログ再開後、株式市場を前向きに見る話はしてきませんでした。なぜなら、欧州経済が極めて不透明な上に、長期的な円高トレンドは継続していると判断してきたからです。とても株式を買えるような状況ではありませんでした。

しかし、状況は少しずつ変わりつつあるように思われます。世界の株式市場が大幅に下落することによって、欧州の先送り政治を待ってくれない催促相場の様相を呈してきています。

とりわけ日本株の割安さは際立っています。6月4日に日経平均株価の終値は8295円と年初来安値を更新し、TOPIXにいたっては695ポイントと、リーマンショック後の安値を更新しました。株価指標としてよく使われるものに、PBRとPERという二つの指標がありますが、4日時点のPBRは0.87倍、PERは11倍を割れるまで低下し、いずれもリーマンショック後の最も低い水準にあります。

スペインがデフォルトに追い込まれるような最悪の展開にならない限り、たとえギリシャがユーロを離脱したとしても、日本株は明らかに売られ過ぎであり安いと思われます。余裕を持って、今の水準から少しずつ買っていくのであれば、報われる可能性が高いと言えるでしょう。

そもそも、ギリシャの再選挙が懸念されていた根本的な理由は、大国のスペインやイタリアの国債利回りが急騰して、国債の消化ができなくなってしまうことだったのです。そのギリシャより遥かに大きいスペインの問題が、18〜19日のG20、21〜22日のEU財務相会議で立て続けに議論される予定です。

抜本的な解決策が示されるのかどうかは別にして、世界全体がスペインを救済する方向に傾いてきています。そうなれば、ギリシャの再選挙で悪い結果が出たとしても、株式市場は一時的なショック安で収まる可能性が高いと思われます。下値は限定的と見ていいでしょう。ただし、あくまでリバウンド相場と見て対応しなければなりません。

その意味で、4月9日の記事で書きましたように、「QE3を待って買う」必要はありません。もちろん、私の見通しが当たるかどうかは分かりませんので、売買は自己責任でお願いいたします。

(お知らせ)これまでずっと2人分〜3人分の仕事をこなしてきたせいか、あるいは年のせいか、体に無理が利かなくなってきました。たいへん申し訳ないのですが、今回の記事を以って『資産運用塾』は無期限のお休みをいただきたいと思っております。

ブログランキング←これまで応援ありがとうございました!

asset_station at 08:53│経済・相場分析