アセットビルドまつだいら blog

11月14日はIREMJAPAN(http://www.irem-japan.org/)ブース出展の為
公益財団法人日本賃貸住宅管理協会主催、日管協フォーラム2017に参加し、
ブース責任者としてCPM®(アメリカ発の賃貸管理業向け資格CPM®、この資格取得を取り扱う日本唯一の団体です。)の告知を行ってまいりました。
23519022_1591820477530880_2638151439805418720_n

そして翌週の月曜日からはIREMJAPAN九州支部主催セミナー沖縄プロパティツアーに参加させて頂きました。
IMG_7357
沖縄ではリゾート開発と運営について多くを学べる機会があり大変勉強になりました。

またその翌週は札幌にてIREMJAPAN主催、成功事例発表会に参加いたしました。
発表会では同期の高山CPM®によるリノベーション成功事例(~涌波ロッヂに見る、リノベーションアプローチ手法~ )や譲渡型賃貸住宅を開発したCPM®の話や、地元札幌でCPM®を活用し管理戸数を増やしている方のセミナーを受講してきました。
IMG_7497

11月はセミナーやイベントに参加し、各地の賃貸市場や運営方法など非常に勉強になる期間となりました。

そして今月12月はCCIM(http://ccim-japan.com/)の授業がまた始まります・・・・



がんばります!!




10月10日から10月14日までIREM(全米不動産協会)ガバニングカウンシル(総会)に参加するためイリノイ州シカゴへ行かして頂きました。

11111


成田空港より11時間かけてシカゴ・オヘア空港に無事到着。

半袖でオヘア空港からタクシー乗り場へ。外に出たら“さむっ!”≪10月10日東京は最高気温28.6℃、シカゴは最高気温65℉(摂氏18℃)。≫慌てて上着を羽織りいつも利用しているUberでホテルに向かいました。

 

ホテルには朝10時頃到着、時差ボケ解消の為(日本時間深夜0時頃)朝食をとりにホテル近辺を散策してきました。

IMG_6575


シカゴは建築がすごい!と聞いていたのでシカゴ市内をセミナーがない空いた時間を使い色々と見て回りました。

IMG_6576
IMG_6579

また、IREM本部も見学させて頂きました。

IMG_6631

IMG_6649

オフィスは日本とあまり変わらないな~なんて思いながら会議室の紹介を聞いていたらすごい設備がありました。会議室の人口密度が多い時や会議がヒートアップ(?)した際、二酸化炭素の量を調整する機械なんかも付いてました。

IMG_6651

その足で運河から建築物が見られるツアーに参加し、極寒の中すべて英語で説明されるという修行を受け、街からでは見られないビル等も見ました。

IMG_6707
IMG_6712


帰りがけには、ちょっと夜は怖そうな裏路地なども一応確認しておきました

 IMG_6622

3日目の午前中はプロパティツアーに参加。築古ビルト築浅ビルを見学しました。

午後からは今回メインのガバニングカウンシルが行われ、私も所属しているIREM JAPANが無事日本支部から日本リージョンとなりました。

IMG_6784

IMG_6790

4日目はシカゴに来て初めての晴天。気持ちのいい朝を迎えられました。

自転車を借りて街を色々と見て回ろうと思いましたが、天気がいいせいか人込みで自転車では進めずすぐに返却。

IMG_6810
IMG_6871

午後からは業界リーダーランチに参加。

ベビーブーマー世代とミレニアム世代の考え方と仕事の仕方の違いについての話は大変興味深かったです。(アメリカでも日本と同じように最近の若い者は・・・みたいな感じで思っているが、若い世代はマルチタスクで仕事ができ、音楽を聴きながらでも仕事ができることなども受け入れるべきとの話など・・・)

オフィスの使い方も今は在宅で仕事をするのでなく、会社に来てみんなで時間と情報を共有し、協力し合うように変化しているそうです。

 IMG_6859

4日目最終日の夜はガラパーティー&REMEアワードがあり、アメリカのCPMやアジアのCPMとも交流を深められました。

 IMG_6874

帰国の朝は天候も回復し(?)土砂降りの嵐。飛行機の中で一時間ほど待機し13時間のフライトで無事帰国しました。

 

今回、世界からの参加者は約900名と聞いております。とてもいい経験と情報交換ができました。


8月13日(日)から17日(木)まで5日間の夏季休暇をいただきます。

昨年は幸水が食べられず残念な思いをしたので、今年は早めに買い出しに行ってきました

IMG_5611

収穫直後と昨年食べられなかった悔しさの相乗効果で、とても美味しく感じました






このページのトップヘ