044f4ae6.JPG

 

 

 

 

 

 
生徒は4人
2年生1人、1年生3人かな?

2年生の子はわりとイケる口
1年生3人は・・・・初対面じゃないんだけど、若干の警戒モード。ちと悲しい。

4人ともグリップはマッチドで、フレンチ気味。親指と人差し指付け根に隙間がある状態。
空間があると、その中でスティックが遊んでしまって制御しにくくなるのね。
入部した時に初心者講習に行って、それ以来誰にもみてもらってなかったみたい。
やっぱ定期的にみてくれる人がいないと忘れてしまうのが普通だな。
何度かしつこく指摘して治そうとするも、やはり無理。定期的に教えていかないと治らない。


各楽器の演奏の様子を見てみる

鍵盤楽器:音板の中心を叩いていない。左手が下になっている。また次に行った時にでも修正させよう。

楽器本体:サイトー、中央ハの5度下から上にF-F4octという初めて見る楽器。
ヴァイブにはC-C3octという「立奏鉄琴」だ。F-FのVibはコンセント部が断線していて、現在使ってないらしい。

スネア:pearlのカスタムクラシック6半サイズ。ヘッドはなぜかRMVのコーテッド

Timp:pearl75シリーズのコパーケトル?ペダルの状態は良。ヘッドはちょっとバランス悪かった。

コンガボンゴ:pearlのエリートシリーズ。新品。くれ。



全体の感想。
自信がないのか、演奏は消極的。教える方法は「演出(実奏)よりも理論、頭で解らせる」方が良い。

時間があれば、中高両方とも教えに行きたいんだけどね、部外者がホイホイ行くのはキツい。
もっと気軽に呼んでくれるといいわね。ロハなボランティアなのだから。



中学生4+高校生1+一般2でアンサンブルでもやろうかな。
小長谷さんのソロティンパニ1楽章とか。


あ、忘れてた。
教わる本人達に向上心がないと、何をやっても無駄。
今日はいきなりだったからムリもない。望まないレッスンほど苦痛なものも無いしね。