2017年12月28日

ざまぁみろⓇ

日日、日記はこの下に記しています。

肩掛けグローブウインドブレーカー始め
ました。

肩掛けグローブTシャツ、
新しく作った「ざまぁみろ」の白文字プリントは
洗うと罅割れして古着のようになる加工をしています。
ゴールドは通常のラバープリントです。
肩掛けグローブは3色ともいい感じです。

全Tシャツ、ウインドブレーカーにはオリジナル
タグがついています。

ざまぁみろⓇ


肩掛けグローブTシャツは、フィットネスショップ水道橋でも
まだご購入可能です。


有限会社大祐さんのHPで通販が
始まりました。
フィットネスショップ水道橋が遠く、
コラボTシャツ、コラボ唐辛子を
お求めの方はこちらでお買い求めください。

新潟万歳。

新潟唐辛子工房 からし屋大祐

asshi_elvis at 12:28|Permalinkグッズ 

2016年12月28日

ASSHI-PROJECTお知らせ お問い合わせ(7月13日更新)

〒273−0003
千葉県船橋市宮本8−41−10−1F

047−422−9696


asshi-project@ymail.plala.or.jp


7月16日土曜日
22日金曜日
24日日曜日(アマチュア)
29日30日31日(合宿)

8月 6日土曜日
7日日曜日(アマチュア)
10日〜14日(お盆休み)
27日28日(計量 試合)

ジムをお休みします。続きを読む

asshi_elvis at 12:28|PermalinkASSHI−PROJECTお問い合わせ 

2016年07月27日

田村潔司と藤倉悠作と合宿と蝉

今月試合したのをもう、大分前のことのように
感じています。

試合前に試合後の悠作の再起戦に合わせて合宿を
いつもよりも早い7月末に設定していました。

試合後の控室では終わったばかりだからその日
自分はどこにいるのか考えもしませんでした。
「田村さんの試合、31日に決まったらしいよ」
息子とそんな話をしながら走っていました。
「あ、合宿だ」
舞浜過ぎた辺りで気づいて焦りました。

今日も思い切り声出してミットを持ちました。
他は素人なのでわかりませんが、打撃に関して
よい仕上がりだと思います。



悠作は飛ばし過ぎなので、少し落とす様にしています。
本当に追い込む時の為のペースダウンです。
完全に休むのではなく、休みながら体重は増やさないで
体調を戻す、そこを目指しています。
妙高辺りからペースを上げます。

英語で蝉はなんていうのでしょう?

asshi_elvis at 23:28|Permalink日記 

卒寿

昼、立嶋篤史サイズを行いにスタジオに出向き
ました。
キックボクササイズ、そういえばちゃんと見たことがないので
定義がわからないで語ってはいけないなと
思い、
個人名で記します。
それならば、違うとか揶揄されることもないですものね。
ボクササイズもキックボクササイズも、もっと
勉強しないといけません。

立嶋篤史サイズの定義は気持ちよく疲れてもらって、
旨い飯を食ってもらうことです。
少し、余力を残したくらいで、あとはビールでも
コーヒーでも、飯でもガリガリ君でも旨ければ
なんでもよいです。

人間、気持ちが大事です。
楽しくなければ、何食ったって旨くないですものね。

偉そうに記すつもりはありません。
これはこれで少しずつ楽しさを広げていけたらなと
思います。

終わった後、参加者らと雑談しながら、こっちの
雑談もします。

これまでは、単発のチケット制のみで行ってきましたが、
来月から会費制にシステムを変更します。
勿論、単発のそれも続けてはいくのですが、
継続したい方たちに価格を下げて続けていただけたらと
思い、変更することにしました。
月一などの方がよい方はそのまま続けていただけたらと
思います。

こっちの雑談というのは、折角貸しスタジオで
やっているのだから、何かやったらどうかと
いう案を以前、店主からいただいたので、
「なら」と、やることにしました。

「立嶋喋る」

そんなとこでしょうか。
キリのいい90戦を迎えたのでどうせなら参加者らと、
話せたらなと思います。
100戦ならば尚よいのでしょうが、そこまで
出来るかどうかもわからないので、卒寿で一度、
区切りたく思います。
白寿、百寿も出来たらよいですが、まず
91戦を目標に頑張らないと先はありません。
物事は、小さな一つ一つの積み重ねですものね。

その前に、楽しく盛り上がれたらなと思います。
入場料は1500円になります。
有料になりますが、飲み物はアルコール、ソフトドリンク
揃っています。

先日の試合も含め、過去の面白い映像を探して
流せたらなと思っています。


お問い合わせ↓
スタジオaloha


asshi_elvis at 16:00|Permalink日記 | お知らせ

2016年07月26日

8対2

それが悪いというのではありません。
でも、見渡すとそんなことはよくあります。
行列なんかが、正にそうだと思います。
それに対する本当の評価などではなく、参加している
ことが楽しいのです。
もっと正直にいうと、参加している自分が
好きなのです。
その証拠に流行りが過ぎればすぐに興じる人は減る
でしょう。

悪口がいいたい訳ではありません。
いいのです。
それで。
「8対2」
それは、昔からの僕の口癖です。

ただ自分が流されて便乗して参加する側に
流行りを着ている感じがする自分が好きなのでしょう。
「自分が好き」だというだけでいうと、先日、
小型犬を2匹足元に置いて、原付を運転している男を
見かけました。
運転中、犬が落ちたらどうしようとか、怪我したら可哀想とか
いう気持ちよりも、犬を2匹も連れている
自分が好きなのだいう気持ちが上回ってしまった
のでしょう。
是非とも大怪我する際は飼い主のみである事を
願います。


8割が大きければ大きい程、大きな流行りになります。
競技を深く知らなくても、本当は興味がなくても、
ただ盛り上がりに参加したいだけでもいいと
思います。
メジャーといわれるものはいつだってそうだと
思います。

その人気も大分陰りが見えたかのように勝手に
感じていたのですが、忘れていただろう癖に
流行りに乗っかっている大人、多いと思います。
それはそれで構いません。
やりたい人は楽しめばいいと思います。
個人的にちょっと恰好悪いなとは思いますが。
自分がやることはないでしょう。

このゲームだかが、大して興味もなかった多くの人を
巻き込んで大きな8割の気持ちを動かしたように
知らない人に関心を持ってもらえるよう、マイナーな競技の
競技者は頑張るべきなのだと思います。
競技のせいではありません。
当然、もっと頑張ればいのです。
だから、頑張れよ。
自分。


そのゲームをやりながらなのかは知りませんが、
ぶつかりそうになって、きつい表情でこちらを
一瞥するのはどうかと思います。
乳母車押しながらなら尚更です。
ご自分の赤チューを大切にしてください。


asshi_elvis at 15:28|Permalink日記 | ニュース

いい季節

今朝、息子は友達らと銭湯に朝から出ていました。
親父を誘えっていう話です。

銭湯に行けば、必ず牛乳瓶のリンゴジュースを
飲んでいました。
スーパー銭湯ならば、ま、その日の気分で
かき氷だったり
コーヒーだったり。

銭湯行きたい。
喫茶店と銭湯ばかりを調べています。
あとはマップで行きたい所の距離とか、道中の
道のり、休憩場所とか。
夏は体を冷やさないで色色勉強出来るいい季節です。

asshi_elvis at 01:13|Permalink日記 

2016年07月25日

1993

鳥越俊太郎氏を記憶から探しました。
名に聞き覚えがあったからです。
色色、疎くてすいません。
対戦相手も、再起する大分前から毎回です。

著名人など、記憶に自分に責任が生じない方なら
尚更です。
息子に教わって知ること、頻繁にあります。
名前は聞いたことあるけど顔が一致しなくて、
これがこの人なのか、よく反省します。
誰もが知っている方も知らなくて、ドラマの再放送で
ようやく昨年知った女優さんもございます。
恥ずかしいので名は伏せます。

たまたま自分が出演することが出来た番組や試合等、
過去の映像は半分程度ではありますが、DVDに
焼きました。
500本以上あったビデオテープ、殆ど捨てました。
焼いたDVDを探しました。
ありました。

遡って1993年、僕は21歳でした。
色んな当時のことを思い出したりして、でも、
恥ずかしいので最後まで見ないで消しました。



asshi_elvis at 23:38|Permalink日記 

8割

8割は元元興味もない癖に、それが流行り
になると便乗して、心の底から楽しんでいる
訳ではなく、流行りに乗っかったことが楽しいだけ
なのだと思います。

心の自分に訊いてみたら如何でしょうか。
本当は興味なんてないんでしょ?

asshi_elvis at 10:41|Permalink一言二言 | ニュース

2016年07月24日

銭湯

銭湯が好きです。
いう程足の数、足を運んだ訳ではありませんが、
時代遅れいわれた少年時代から足を運んではきました。
あべけんさんとよく銭湯に行ったのを思い出します。

先日、息子が友達と都内に出かけました。
調べた店のランチを食べに行くといいます。
羨ましがっていたら、その後、これまた調べた
銭湯に行くといいます。
僕も以前、足を運んだことのある店でした。
スーパー銭湯もよいですが、昔ながらのそれも
同様に好きです。
当たり外れはご愛嬌。


その昔、風呂上がり、一緒にリンゴジュースか
コーヒー牛乳、もしくはミックスジュースをよく飲みました。
楽しかったなぁ。


asshi_elvis at 00:33|Permalink日記 

2016年07月23日

シンキングタイム

本日、会員がアマチュア出場の為、ジムはお休みの予定
だったのですが、昨日、急遽欠場が決まったので
開けました。


全ての会員のミット持ち終えました。
今は晩飯のシンキングタイムです。

asshi_elvis at 22:53|Permalink日記 

ポスター

本日、試合前の振替で2日連続でゴールドジム成田に
出張です。
その為、船橋は任せて成田に向かいました。
成田に着くと息子から電話が入りました。

「藤倉さん、嫌だって云ってるよ」
ポスターに使う写真を送らないといけない
ので、今日、悠作がジムに着たら撮るように
息子に云っていました。
「頭がぼさぼさだから嫌だって」
少しして、息子は悠作に代わりました。
散髪に行ってからもう一度ジムに戻るように
云って納得してもらいました。

中中の面白い奴です。
その後、悠作がジムに戻ったのかどうかは報告がありません。
家に帰っている気もします。
ポスターに写真が載っているかいないか、
楽しみにしていてください。
載っていなかったら、帰ってしまった奴を
想像して笑ってください。



asshi_elvis at 19:11|Permalink日記 

2016年07月22日

元通り

何でしょう。

非常に疲れています。
その割にはよく動けたと思います。
でも、身体の痛さと熱さがどうにもなりません。
風邪のような熱がある訳ではないのです。
内側から火照るのです。
なので、サウナに入ってから水風呂に長めに浸かり、
それを数回こなして、あら元通り。

あとは水分補給などをして布団に沈みます。
ザリガニのように、すっと後ろ向きに華麗に
布団に入って見せたいところです。

asshi_elvis at 22:12|Permalink日記 

藤倉悠作

試合直後から自分再開です。

なので、休んでいません。
僕のような人間には時間が足りないのでそれで
よいと思います。
コンビニやドンキホーテを覗いたりもするのですが、
売っていないので仕方ありません。

直後からミット持ち再開です。
藤倉悠作、容赦ありません。
前蹴り用の腹当てに全力の膝とボディブローを
受けています。
彼に限っては自分の我慢の練習になるかなと思って受けています。
田村さん、いいミドルでした。
年下なのに申し訳ないですが、彼に誰もハッパかけられる人が
いないと思うので、ラウンド中のみタメ口で大きな
声を出します。
辛いだろうな、そう思っても本当に大事なのは
そこからなので、大きな声で煽ります。
勿論、彼はそこで食いついてくるのですが。


毎試合毎試合、とても気持ちを込めて試合する
のですが終わると燃え尽きて腑抜けになるのです。
悠作のことです。
「一試合に集中するのもいいけど、その次のことも
考えろよ」
そうは云っても変わりませんでした。
2年前、ようやく自分から変わり始めて、でも、
試合前に怪我してしまいました。

ブランクの間、毎試合僕のセコンドにつきながら
うずうずしていたと思います。
先日の試合中、ニュトラルコーナーからコーナーに向けて
胸を叩きました。
幾つかの意味を込めて。

8月28日に新宿フェイスで行われるJネットの大会に
藤倉悠作の再起戦が決まりました。
いい試合になると思います。
彼も僕と同じ気持ちで戦える選手だからです。


asshi_elvis at 12:28|Permalink日記 

2016年07月21日

三度の飯より

食べるということが大好きです。
そもそも、その行為が三度の飯より好きなのです。
分かりづらい例えですが、そこは立嶋篤史、
ご理解頂けたら幸いです。

常に考えています。
十代の頃から異性のことを考えるより食べ物の
事を多く、頻繁に考えてきました。
15歳の頃から10kg前後をこの歳まで90回も
していればそりゃ、そうでしょう。
食べるということに兎に角、幸せを感じてしまうのです。

出来るだけ美味しいものは食べたいとは思っていますが、
自分はグルメとは違います。
食べ歩きもしますが、大して店は知りません。
もっと美味しい店があるかもしれないのに、
その店で満足しているのかもしれない部分は
あるかもしれません。
でも、美味しく感じる体調は常に持っています。
そこは同じ美味しいものを食べてもグルメの方よりも
自分の方がより美味しく感じることが出来ると
自負しています。

でも、ここで自分がいいたいのは、美味しい食べ方だとか
そういうのを考えるのが自分は堪らなく大好きだと
いうことなのです。

世の中、表があれば必ず裏があります。
ちょっとしたタイミングにもそう。
パンチから蹴りがあれば、蹴りからパンチの
タイミングもあるというようなものでしょうか。
先入れタイプと後乗せタイプがあるように。

ご飯を先に口に入れてから納豆を口に入れたり
納豆を口に運んでからご飯を口に入れたりしてみたり。

当たり前のものを当たり前の食べ方して納得しているけど、
実はもっと美味しい食べ方があるのではないか、
などという思考は止まりません。
いつか、デブになりたいと思います。
そこから劇的に痩せてダイエット本でも出版したいなと
欲張った妄想もしています。


冒頭に記した通り、僕は食べることが大好きなのです。
しかし、寝ることもまた好きなのです。
食べることと寝ること、そこはドローです。
両者、勝ちに等しいドローです。




asshi_elvis at 23:28|Permalink日記 | 立嶋な脳みそ

昨日今日

昼にキックボクササイズにスタジオアロハに
向かいました。
来月から料金の形態を少し変えます。
それと、折角貸しスタジオなので、自分も何か
やりたいと思い、その日程などの相談などを
相談してきました。
近く、報告します。
戻ると息子が先に帰宅していました。

「タイ料理作って」
そういうものだから、
「出来ねぇよ。吉祥寺行ってこい」
深津くんがやっている店を指して云いました。

それでも、なんちゃって程度のものを作りました。
トムヤンのペーストでうどんを作って後は
買い置きの
グリーンカレーを温めて、
「後は頼んだぞ」
後片付けの事ではありません。

荷物を持って、駅に向かいました。
新宿で小田急線に乗り換えて、いつも、乗り換える度に
千葉県人でよかったなと痛感します。
人混み、苦手です。

向ヶ丘遊園駅で下車して、でも、まだ全然早い
時間だったからコーヒーでも飲みながら本を読んだり
他のことをしながら時間を潰したりして。
19時、U−FILEを訪ねました。

先日、試合が決まった旨を知って、自分の試合も
終わったからミットを持ちに行きました。
ミットの上から腕の骨に響くいいミドルでした。
沢山声出してきました。
僕に出来るのはそれ位です。
自分に出来ること、やらないと後後うじうじ悔やむ
性分なので、前向きに思ったことはやるように
心掛けています。
後悔だけはしたくないのです。

帰りは気持ちよく座って帰りました。
道中、女子中学生が集団で背後から僕の背中の
文字を読むので小小困りましたが、仕方ありません。
好きで着ています。
そのまま進路を変えました。

今日から夏休みだそうです。
最後の夏休み、沢山青春して欲しいなと思います。
基本、毎日練習ですが。
親父としては、毎朝起こさなくてよくなったから
楽なのと、毎日昼飯作らなくてはならないから
面倒臭いのと、一勝一敗です。
でも、糞走りの仲間が増えたので一勝一敗一分といった
ところです。

今年の夏に少しでも多くの気持ちのスタミナと
少しでも前に成長したいと思います。
余白なんて幾らでもあります。

asshi_elvis at 13:45|Permalink日記 

田村潔司

田村潔司のミドルは強かった。

帰宅して水を被りました。
腕を冷やして寝ます。


asshi_elvis at 00:21|Permalink一言二言 

2016年07月20日

電車

電車に乗って出かけました。

若い主婦が3人、それぞれ子供を連れて席を
座っていました。
赤ん坊ではない子供らは奇声を発します。
それを楽しみながら煽る奇声をまた子供は
発します。
それに煽られて、また。
子供にも母親にも大きな声を出したくなるような
声量です。
申し訳なさそうにしながら子供らを叱るとか注意するだとかの
素振りも母親らは見せず、そうしてくれていたら
せめて少しは気持ちも収まったと思います。
しかし、奇声を聞こえていないかのように
自分らの談笑に花を咲かせています。

暫くして、僕の前に立つサラリーマンらが
反応しました。
「お前のとこの子だったらどうする?」
一人のサラリーマンが訊ねました。
「引っ叩くね」
振り返って下車した親子らを見ながら即答しました。

新宿に着いて、小田急線に乗り換えました。
発車少し前に乗り込んだので、座ることは諦めました。
そこから更に後、杖を突いた白髪で、同じ色した顎髭を蓄えた
老人が乗車してきました。
鼻から管を通しています。
道を開けると、老人は譲れと云わんばかりの
態度で、席に座る人らの前に立ちました。
一人のそれよりも若い白髪の男性が立ちました。
しかし、老人は
「譲らなきゃいけない人が他にもいるから」
立ち上がった初老を制して、そもそも目の前に老人が
いることに気づいていない隣の、下を向いていた
女性に対して、聞こえるように呟きました。
「あんたが立ちなさい」
鼻にパイプを挿した老人は云いました。

僕は複雑な気持ちになりながら立っていました。
席を譲った女性に対して卑猥なことを呟きながら
それと同様の嫌らしい視線を向けて、席を最初に
譲ろうとした初老と大きな声で談笑を始めたからです。

上手い例えをずっと考えていましたが、未だ
見つかりません。
「すり替わり」
自分でよく使う加害者が被害者にすり替わって
可哀想な人になろうとするそれとは似ていて、
だけど、別な意味合いが含まれて、その例えを
考えていました。




asshi_elvis at 21:28|Permalink日記 

痛い話

腫れが大分引いたので今朝、病院に向かいました。
開院の1時間前に着いて診察券を出して、それでも
6番目でした。

充電が5%を切っていました。
Twitterで元気玉を募りましたが、集まることなく
無情にも切れました。

脛に溜まった血をようやく抜けました。
だるいというか重いというか、痛み自体は小さい
のですが、走っていて鬱陶しくはあります。
注射一本分と、まだ出る血は手で押し出してガーゼ3枚程度の
量でした。

ご存知のことだと思いますが、人間の身体は硬く出来ています。
蹴ると、蹴った側の足が痛かったりします。
カットされなかったとしても、ローキックを芯で蹴ると、
太腿の芯の大腿骨が脛骨に響きます。

だから、キックボクサーはデビューするまでに
脛の骨を鍛えます。
腫れて引いて腫れて引いてを繰り返し。
試合は生足で人を蹴ります。
1ラウンド目の立ち上がり、カットされて蹴った足の
膝から下の感覚は鈍くなります。
敢えて、カットの上から蹴る訳ではありませんが、
カットされることが途中分かっても蹴りの勢いは
止められません。

1ラウンドで勝ったとしても何処も痛くないなんて
試合はないのです。
蹴らないで終わることなんて殆どないし、カットされないで終わるなんてことも殆どありません。
何処も痛くないと表現することはありますが、
その場合は痛いという程の痛みではないという
強がりが多少含まれています。
一度もカットされないで勝つだなんてことは早早ありません。

大きな怪我をしていなくても何処かしら痛いのです。
キックボクサーというのはそんな生き物です。
肘を蹴った痛み、結構痛いです。
足首で蹴った痛みに比べたら大したことはありませんが。
足首で肘を蹴って靴が入らない程腫れたこと、
幾度もあります。

キックボクサーは痛い話が大好きです。
僕もよく、痛い話で盛り上がっています。
聞いている人が顔を顰める話、幾つかあります。

asshi_elvis at 17:28|Permalink日記 

2016年07月19日

欲求

敗けてしまいました。

僕は当事者でもないし、痛くも痒くも
ないので悔しがったりはしませんが、
残念に思うので来年こそは一度応援に
行けたらなと思います。
年内にサッカーは観に行けたらいいな、そう
思います。

通っていた頃も野球にもサッカーにも関心を
持たなかったので恥ずかしいですが。
母校愛、殆どありません。
感謝はしていますが。

キックボクシング以外のものに触れる切っ掛け
みたいなものを探している部分がないといえば
嘘になりますが、ほんの僅かな切っ掛けで
少しだけ
触れて満足という小さな小さな欲求です。



asshi_elvis at 22:00|Permalink日記 

敬愛学園

名前が変わってしまうと違う学校のような気がして
気にはなりつつも自分に部外者感を感じて高校名を
口にするのも遠慮してしまいがちなところがありました。
応援に行ってみようと思うものの、これまで
いつもそこでこと終えました。

今年、行ってみようと思っていました。
前述した理由は確かにあるのですが、17歳の僕を
入学させてくれた、そして21歳まで通わせてくれた
母校に感謝の気持ちがあります。
自分の試合が終わったので応援に行こう、
そう思っていました。
昨夜、朝からゼットエーボールパークまで走って
応援に行くことを決めて布団に入りました。
熟睡したのですが、3時に目を覚ましてしまい、
そこからは朝が来るまで天井とお話ししていました。

朝、息子を起こして、少しだけ休もうと腰を下ろしたのが
間違いでした。
身体が全く行きたがりません。
「今日、勝ったら次に、」
そう願って、途中経過を気にしています。
劣勢だそうです。

野球そのものが経験がないので観ませんが、
1塁まで全力で走る、一度負けたら終わりの高校野球は
好きです。
いうほど見ているわけでもありませんが。

ちなみに、今日勝って、相手側も勝てば敬愛学園対敬愛高校の
姉妹校対決です。
千葉工商(現敬愛学園)は僕の母校で、敬愛高校は
姉の母校です。
姉妹校対決ではありますが、立嶋家では姉弟対決になります。

両校頑張れ。

asshi_elvis at 12:37|Permalink日記