2017年12月28日

ざまぁみろⓇ

日日、日記はこの下に記しています。

肩掛けグローブウインドブレーカー始め
ました。

肩掛けグローブTシャツ、
新しく作った「ざまぁみろ」の白文字プリントは
洗うと罅割れして古着のようになる加工をしています。
ゴールドは通常のラバープリントです。
肩掛けグローブは3色ともいい感じです。

全Tシャツ、ウインドブレーカーにはオリジナル
タグがついています。

ざまぁみろⓇ


肩掛けグローブTシャツは、フィットネスショップ水道橋でも
まだご購入可能です。


有限会社大祐さんのHPで通販が
始まりました。
フィットネスショップ水道橋が遠く、
コラボTシャツ、コラボ唐辛子を
お求めの方はこちらでお買い求めください。

新潟万歳。

新潟唐辛子工房 からし屋大祐

asshi_elvis at 12:28|Permalinkグッズ 

2016年12月28日

ASSHI-PROJECTお知らせ お問い合わせ(6月4日更新)

〒273−0003
千葉県船橋市宮本8−41−10−1F

047−422−9696


asshi-project@ymail.plala.or.jp


6月5日(日曜)リョウペガサスの試合の為
6月11日(土曜日)
6月12日(日曜)アマチュア大会セコンドの為
6月19日(日曜)ゴールドジムチャリティイベントの為

ジムをお休みします。続きを読む

asshi_elvis at 12:28|PermalinkASSHI−PROJECTお問い合わせ 

2016年06月26日

糞走り

9時に船橋駅で待ち合わせして、走りました。

ええ、遊びです。
遊びですが、一生懸命やります。
条件は減量着を着用、のみです。
じっくりじっくり走って汗を沢山かきます。
少しでも沢山飯を食う為に出来るだけ汗をかくよう
走ります。
僕ら減量のある競技者等は、ただリミットに近づける
為に体重を落とすのではなく、より動ける様、より食べられる様に
落とします。
落としたら食べれて、また動けます。
それを上手に繰り返し繰り返し。
常に新しい発見と工夫を求めて試行錯誤します。


道中、みんなでコンビニに立ち寄り炭酸水を買って
頭から被ります。
あぁー、思わず声が漏れ出ます。
糞気持ちいいのです。
頭皮も顔も、ちくちくして気持ちいいのです。
みんなが驚く量の汗を3回絞りました。
代謝、好調です。
小休止の際、飲むのはホットコーヒーです。
汗の出に追い打ちをかけてくれます。
体脂肪率云云は知らなかったので、理由にはしません。
後付けの知識を然も以前から知っていたかのような
素振りは恰好悪いですものね。
走る前にホットコーヒーを飲んだり、走っている最中に
ホットコーヒーを飲むと、汗が追い打ちをかけて
出てきます。
呼吸も楽になるのです。
色色勉強出来ることに経験出来ることに感謝します。

アスファルトも柔らかくなってきて、膝も足首にも
負担はかからなくなってきました。
アスファルトなんて最初から硬いですが、でも、
冬と夏のそれは違います。
2回車に撥ねられていますが、6月のそれと12月の
それとは全然違いました。
余計な例えですが。
今日は暑い分、アスファルトが柔らかく楽でした。


帰宅して、水被って少しだけ横になって、
ジムに向かいました。
いい天気だったので、減量着の上にパーカーを着て
もう一度走りました。

頭から被る炭酸水がたまりません。
試合が近いからあまり長距離は走りませんが、
試合が終わったらまた息子や選手らと東へ西へ走りながら
勉強したいと思います。



asshi_elvis at 20:28|Permalink日記 

2016年06月25日

会話

「今、何が食べたい?」

「ラーメンかな」

「ラーメン以外で」

「ラーメンかな」

「ラーメン以外で」

「今年、まだ一度しか食べてないから
ラーメンかな。でも、そんなにラーメン食べたいかって
いうと、意外とそうでもないかな」

「なら、何が食べたい?」

「3分考えてもいい?」

「3分も考えないと出てこないなら、
それはそんなに食べたい訳ではないんだよ」

「そうかもしれないね」

「西瓜は一年中食いたいね」

「西瓜は好きだものね」

「タイにいた時、毎日一個食べてた」

「他には?」

「ペヤングかな」

「ちゃんとしたもので」

「どれも、ちゃんとしてるじゃない」

「そういうことではなくて、料理名とか
そういうの」

「長いことやってるから、処理出来ちゃうの。
そういう些細な欲求なんかの感情は」

「・・・」

「どうせ、そんなに欲しい訳ではなくて、ただ
今が減量中で余計なものが食べられないから
食べたいという衝動に駆られているだけなんだろ?
実際は、喉だってそんなに渇いてないだろ?」

「・・・」

毎日毎日、懲りもせずそんな会話を頭の中で
繰り返し繰り返し。
30年近く。

色色自覚はしています。
馬鹿なのです。

asshi_elvis at 12:28|Permalink日記 

2016年06月24日

日日

自問自答を繰り返し、自問自答を
繰り返す。

ずっとそんな毎日です。
おそらく、ずっとそんな毎日です。

asshi_elvis at 22:30|Permalink一言二言 | 日記

日本5年3組

標的を常に探して徘徊して、当事者でもない人間が、
でも、8割はさほど興味も関心もない癖に、
一斉に叩いて、正義の味方にでもなった気分でいる。

いい返そうものなら、全員威勢よくそいつの
揚げ足とって晒し者にする。

「なんか迷惑かけられたの?」
訊ねたら、
「別になんとも思っていないよ」

そんな日本5年3組。

asshi_elvis at 15:28|Permalink日記 

思うこと色色と

今年1月、延藤直樹氏と参加者を募って食事会を
行いました。
20年前に応援に足を運んでくれた、会場には
見えなかったけれど、応援してくれた方達と
当時を振り返りながら楽しく飲み食いしました。
僕だけの都合ではないので安易にはいえませんが、
秋頃にまた出来たらなと思っています。
前回来れた人も来れなかった人も、気が向いたら
来てください。

今年、キックボクシング生誕50周年になります。
その記念の年にまだ頑張れていることを嬉しく
思います。
僕も息子もまだまだですが、頑張りたいと思います。

今年だけでなく毎年のことなのですが、でも、
今年は自分にとって大きな意味を持つ年でもあるので
出来る限り頑張りたいと思います。




asshi_elvis at 00:22|Permalink日記 

2016年06月22日

矢吹くん

「今日のサンドウィッチ好きだな」
昨夜、晩飯の支度前に息子が云いました。
「矢吹くん好きだったでしょ?」
始めは何のことか気づかなかった息子でしたが
そう時間はかかりませんでした。
我が家はキックボクシングですが、あしたのジョー2の
映像は息子が保育園児の頃からビデオテープが
切れるまで観てました。

そんな訳で本日の朝飯もトマトのサンドウィッチです。
朝飯といいながらも夜に作ってラップして
冷蔵庫に入れておいたものですが。

弁当も他所様のお母さんの足元に及ばないけれど、
僕なりに遊びます。
ウィンナーに海苔で鉢巻を巻いて、爪楊枝で刀を
持たせて腹筋を作って立嶋篤史にしたり、
主食のご飯の中に何かを隠したり、せいぜい
そんなことくらいですが、折角の学校でのみんなとの
飯時が少しでも楽しくなればな、そう思って
やっています。

冷やかされたって自虐したって折角の飯が楽しければ
それでいいと思います。
暖かくなってきたので、ざるうどんやお茶漬けも
持たせたりします。
暑いのにお茶漬け、そう思う方もいるかもしれませんが、
寒い時よりも少少お茶が温くても気にならないと
思ったので熱いお茶をボトルに入れて持たせたりします。

凝ったものや上手な料理なんて一切出来ません。
ええ、キックボクサーですから。
凍らしたペットボトルをトートバッグに隠して
持たせたりします。
学校にも自販機はあるけれど、凍っていたら
それはそれで面白いかなと思いまして。

凍った水のペットボトルを持たせたりする時は、
そうめんなどの時の解き水用です。
それと、麺汁の薄め用です。
あとは自由、飲んじまって構いません。

手抜き満載の親父の台所ですが、せめて楽しく
やっています。
試合直前までと試合直後からが親父業務時間です。

好きで父親になりました。
なんなら、僕の思い出も食わせます。
弁当のご飯の中段に刻んだ沢庵散りばめたりとか。
これは父の幼少時代の思い出に付け加えたものです。
今日は沢庵ではありませんが。
そんな遊びもあと半分ちょっとです。
だから、命一杯楽しみたいと思うのです。
苦痛に思ったこと一度もありません。



asshi_elvis at 08:04|Permalink日記 

2016年06月20日

褒美

遊びながら走ります。

あそこまで息を止めて走るとか、あそこまで
スピードを命一杯上げるだとか、あそこまで
フードを脱がないだとか、あそこまで我慢して
走ったら裾を膝まで上げるとか。
あそこまで何分で走れたら水を頭から
被っていいとか、あそこまで距離を伸ばして
走ったら何を食べてもいいとか、
あそこまで走れたら、そう約束事を作って
達成出来たら自分に褒美をあげます。

そうやって此れ迄やってきました。
走ることも練習も。
僕なんて単純です。
それが他のものには変えることの出来ない
堪らない至福の時なのです。



asshi_elvis at 22:28|Permalink日記 

ゴールドジム

昨日、ゴールドジムのチャリティイベントで
大森にいました。
会員が出場したのでセコンドが目的です。

会員の試合後にマイクで場内アナウンスにあった通り、
来月の試合後に本八幡のゴールドジムでキックボクシング
体験会を行います。
詳細は決まり次第お知らせします。

帰り際、黄色グローブのドライTシャツと超鬼殺しとの
コラボ商品などを置いてある6階を覗いて、
新宿西口の思い出横丁入り口にある吉田商店にTシャツを納品して、
フィットネスショップ水道橋さんで追加補充して
家路につきました。

疲れたので無性に辛いものが食べたくて、堪らなく
食べたかったので、帰宅間際に辛いものを食べました。
帰宅して頭から水被って弁当を作ってすぐ、
眠りに落ちました。

asshi_elvis at 15:28|Permalink日記 

2016年06月18日

ガリガリ君日和

子供曜日を終えて、子供らに買っておいた
ガリガリ君をあげました。
今日みたいな糞暑い日にはうってつけです。
冷たいしさっぱりしているし、でも、僕は
夏であろうと冬季限定で発売されていた弟ソフト君が
是非、もう一度食べたいのです。
復刻してくれないでしょうか。

ガリガリ君といえばグレープフルーツが好きでした。
復刻してくれないでしょうか。
梨も西瓜もアイスコーヒーも感心する程美味しい
ですが、グレープフルーツが好きだったので
また食べたいと思うのですが、見かけません。
お取り寄せ出来るならしたいと思います。
記しながらAmazonで調べたら見つけたので
近く買おうと思います。

グレープフルーツといえばみぞれバーです。
そして、みぞれバーといえばアプリコット。
両方また、食べたいですが、これも僕がいくコンビニや
スーパーで置いてないので、もしあるのなら
お取り寄せしたいと思います。

それは見つかりませんでした。
数年前に復刻した際は購入したのですが、
次回を楽しみにするとします。
ガリガリ君にもみぞれバーにも小学生時代の思い出が
沢山詰まっています。


子供らが食べ終えて帰った後にジムを出ました。
10km先の子供の頃に住んでいた辺りを目指します。
時折炭酸水被って、飲んで、走ります。
「や」
ブラックの缶コーヒーを一緒に飲んで、
「じゃ、また」
手を振って別れてまた走りました。

頭がふらつく見事な糞暑さです。
梅雨の隙間喜んで。
ジムに戻って食べたガリガリ君の糞旨さ、その前に
冷蔵庫から取り出して外で被った冷水の糞気持ちよさ、
両方堪りません。


asshi_elvis at 16:28|Permalink日記 

2016年06月17日

高揚

暑いとこう、気持ちが高揚します。
何故でしょう、昔からそうなのです。

空が青ければ気持ちが疼いて、外に出ます。
あそこまであそこまで、我慢して我慢して、
散散我慢して炭酸水を頭から被ります。

顔を顰めて、溜息とは違うけど、似た類いの声が
漏れ出てしまいます。
神経と血管に旨さと気持ちよさが全身に響き
渡るのを体感します。

勉強出来ることに、経験出来ることに感謝します。
目的地に辿り着いて、アイスコーヒーを啜って、
ホットのそれではないことで罪悪感に苛まれながらも、
でも、その旨さに素直に敗けます。

着替えて水被って、これまた糞気持ちよく、
成田に向かいました。

本日、唯一の敗北は息子が学校に僕のランニングシューズを
履いていってしまったことです。
紐を結ばないで走っても痛くて痺れたまま我慢して
走りました。
横幅があるので、大き目のそれでないと合わない
のです。

明日も暑いらしいです。
空が青いと笑っちゃう。


asshi_elvis at 22:28|Permalink日記 

2016年06月16日

意気込み

「10月くらいにいくか?」
5月の試合を終えてから再起を目指して練習を始めた
悠作に云いました。
10月にやらなくてはいけない訳ではありません。
やる、つもりが大切なのです。
結果出来なかったことのことは考えなくてよいのです。
先延ばしにしていたらいつまで経っても近づくことは
ありません。

9月いきたいと気持ちよく返ってきました。
急いで焦って飛ばし過ぎないよう抑えるのも
僕の仕事です。
8月末、9月頭に藤倉と長井、を出せたらなと
思っています。


僕はまずは7月です。


asshi_elvis at 22:28|Permalink日記 

復元




↑書きかけの文章があります。復元しますか?
はい、をタップしたら出てきました。
何を記したかったのか、僕にもわかりません。

asshi_elvis at 14:06|Permalink一言二言 

2016年06月15日

身の丈

少しずつ身の丈で、その範囲で頑張れたらなと
思います。

今朝は起こさなくてよいので、弁当も昨夜作らなくて
よかったので楽でした。
ええ、本日は千葉県人御用達、年に一度のパラダイス。
そう県民の日で休みなのです。
昼前に起きた息子に昼飯を作って、スタジオALOHAに
向かってキックボクササイズを行いました。
「旨い飯、食ってください」
帰り際、先に云われてしまいました。
ちょっと悔しかったりするのもご愛嬌。

毎週水曜日の昼に始めたキックボクササイズ、
第三回ゆりの木整骨院キックボクシング体験会の
日程を院長の藤原さんと次を考えています。
自分に出来ることを頑張らないと罰が当たります。
頑張れることに感謝して、頑張っていこうと
思います。
7月31日日曜日に第四回妙高高原キックボクシング体験会を
行いたく思います。
院長の中島さんと、どの様な流れでやるか検討中です。
欲しがっていた爪切りを買ったのかどうか気になる
ところではありますが。

やりたいこと、出来ること、日日考えます。
頭の中は自由です。
考えないことには何も始まらないですしね。
所詮、僕の考えることなんて高が知れていますが。
食べることとか、やっぱり食べることとか。

一日二食の僕は、食べるということが三度の飯より
好きなのです。


asshi_elvis at 22:28|Permalink日記 

2016年06月14日

乾燥肌

幼少の頃から乾燥肌が酷いもので、よく、
ニベアを身体中に塗りたくっていました。
意図はありません。
自宅にあったのがそれだったので、愛用していた
だけのことです。
顔、耳たぶ、腕、太股、等等。
顔のかさつき、耳たぶは切れるため、腕や太股は
粉吹きの防止に。
大人になってなくなりましたが、子供の頃は
冬になると、太股かピンク色に変色して粉が吹き出しました。
セーター、痒くなるので着たことがありません。

時を経て、色色な薬やクリームが発売されるように
なりました。
僕は相変わらずニベアです。
ええ、顔にも。

遺伝というのは凄いですね。
息子も乾燥肌です。
ハンドクリームを顔に塗りたくない。
少少拒んでいた時期もありました。
その成分が優れていると分かってから、彼も
今ではニベアです。
僕は、身体を洗うのは未だ石鹸です。
ボディソープは使いません。
石鹸には殺菌作用があるらしいので敢えてボディソープは
使いません。
男の香水は石鹸の香りという意見は中学生時代から
変わりません。
シャンプーがなければ石鹸で洗います。

しかし、石鹸すらなくなった時は猫さん用のシャンプーで
頭も身体を洗います。
そんな時は野性味溢れる男になった気がします。

asshi_elvis at 23:28|Permalink日記 

2016年06月13日

瞼裏側の景色

驚くほどの高過ぎる丘から海を見渡します。
足が竦みます。
膝が小刻みに揺れます。
高い所が駄目なのです。

足元から下、何もありません。
こんなに高い所、実在するのかという程の高さ
なのです。
真下は見れないので遠くを見渡します。
視界一杯一杯までの海岸線が一望出来ます。
綺麗な景色なのだけど、もっとよく観たい。
なので、瞼を開きます。

しかし、視界には天井が映し出されてそれをはっきりと
観たい訳ではないので、再度、眼を閉じます。
震える程の高さです。
でも、一望出来る海岸線がもっとはっきりと観たいので、
再度眼を開きます。
でも、やっぱり天井しか見えません。
そんなことの繰り返しをよくやってます。

肉眼で観たいなと思うのですが、方法はありません。
瞼裏の景色ともいえる眼を閉じた時に映し出される
映像を撮影出来る機能が僕にはついていません。
絵心があればなと思うのですが、どうしようも
ありません。


asshi_elvis at 23:28|Permalink日記 

怠さ加減満載

なんでしょう、こう、上手く説明できませんが、
毎度のことながら重たく怠いのです。
ええ、セコンドの話です。
試合をしたことがあるものなら、セコンドにも
ついたことがあるものならばわかってもらえると
思います。

楽ということはありませんが、試合よりも
セコンドの方が疲れたりするのです。
気疲れですかね、背中がとても痛くなります。
試合を終えて、応援にきてくれた会員らと
飯を食いに出ました。
昨日は終わった途端、肩が堪らなく痛くて、
ずっと抑えていました。
食べながら食べ物の話に華を咲かせて、でも、
そこはご愛嬌。
シャアは自衛隊で言うところの、だなんて
くだらない話を、いや、決してくだらなくはないのです。
そういう面白い話で盛り上がりました。
自分の話でも盛り上がってくれたのですが、
そこは恥ずかしいので割愛します。
超目玉焼きについて、結構長い時間語りました。

明け方、目を覚まして、トイレに立ちたくて、
でも、仰向けから起き上がれなくて一度うつ伏せに
なってから起き上がりました。





asshi_elvis at 14:50|Permalink日記 

2016年06月10日

邪な日常

時間が空いた時に思ったこと記して予約設定して保存します。
記し途中のそれや記したけれどやっぱり更新しないものも
あります。
所詮、高がキックボクサーのブログです。
意図あって更新するつもりのないものがつい、更新されて
しまうこともよくあります。
その際、恥ずかしいので消す場合、前述した通り
所詮云云の理由でそれでよしとする場合、等等。
そんなこと、別に記すこともないのですが、恥ずかしいので
なんとなく。
失敗しちゃったんだよ、と、わざわざ知らせることによって
少し前の失敗した自分の気持ちを和らげるつもりが、それを
わざわざ知らせたことによって、そんな小さなことで、と、
新たな恥が生じます。
書いた恥の数だけ成長出来るとも思っているので、
それでよしとします。




asshi_elvis at 13:44|Permalink日記 

モハメド・アリ

少し前、モハメド・アリが亡くなってしまいました。

僕はボクサーではなくキックボクサーですが、
彼の偉大さは勿論、僕なりに理解しているつもりです。
「クレイ」
子供の頃、大人が改名する前のその名であえて呼ぶのをよく
耳にしました。
父もそうでした。
あえて昔の名前で呼称するなんてオヤジ臭いとさえ
思っていました。

時を経て、その感情を少し理解するようになりました。
その歳の自分の寸法で、ですが。
「アリ」ではなく「クレイ」の時代から自分は知っているんだ、
以前の名前で呼称することによって、自分らをそう誇って
いるのだと解釈しました。
昔の商品名で呼称したり、他の何かでも似たような
ことを経験して、なんとなくわかった顔していました。

中学生の頃、ジョージ・フォアマンがカムバックして、
よく気にして記事を探していました。
40歳手前だというのにリングに上がるその気持ちを
想像したり、過去の試合が気になったり。
ネットもなければ映像すら簡単に手に入る時代では
なかったので、モノクロの記事や色褪せたカラーの
写真や記事から想像すること多多でした。
安部譲二著「殴り殴られ」、本の読まない僕の
ボクシングマガジン、ワールドボクシングに次ぐ愛読書でした。
何回も何回も読みました。
受験に失敗したのはそんなことが原因ではなかったでしょうが、
高校受験当日、試験中に読んでいて教師は受験番号を
確認して教室の外に出て行きました。


タイソンの全盛期の序章、87年、タイに渡りました。
「ホリフィールドはタイソンに勝てるかな?」
「フォアマンはもう一度世界チャンピオンに
なれるかな?」
片言の覚えたてのタイ語でよくそんな会話をしました。
「マイダイ」
決まって、「出来ない」という回答が返ってきました。
当時、ホリフィールドは下の階級のチャンピオンでしたし、
フォアマンはカムバックしてまだこれという
相手とやった訳ではなかった時代です。
僕に先見の目があるという訳ではないです。
勘ですね、なんとなくいつか対戦して勝つような
気がしたのです。
フォアマンのそれも。

帰国して、デビューして、二回目の高校生、二度目の二年生に
なった頃、手頃な値段のビデオテープを書店で
見つけました。
確か3980円、その値段からあまり期待しないで、だけど、
今一な内容でも後悔しない値段だったので購入しました。
当時、映画でも他の何かでもVHSは1万円台後半でしたので。

「チャンピオン伝説」
スポーツ紙numberから発売されたそのビデオのパッケージには
モハメド・アリ、ジョージ・フォアマン、ジョー・フレージャー、
ケン・ノートン、ラリー・ホームズらのタキシードを着た
集合写真が使われていました
とても満足のいく内容でした。
その当時の5人が時系列で当時を振り返り、
その当時のインタビューなどの映像や時代背景、試合の
ダイジェストが流れるのです。
時折5人の座談会を編集に交えながら。
何回も何回も観ました。
練習前のモチベーションを上げるため、減量中の
苦しさを紛らわす為、気持ちを高める為、毎日
眺めていました。

随分前にVHSからHDDにダビングして、焼かないで消さないで
連日よく観ています。
先日、訃報を耳にしてアリと同い年の父に電話しました。
最近の画像、ネットで見つけて当たり前のことなのに
驚いたりして。
一番老けていても20年前、そしてそれよりも若い頃の
映像ばかり観ていたのでそりゃ当然なのですが。
好きなシーン、好きな語彙、沢山あります。

息子が産まれる前、映画「アリ」が公開されました。
話は逸れますが、チャップリンを題材にした
ロバート・ダウニーJr主演の「チャーリー」が
大好きです。
アイアンマンやシャーロック・ホームズなどを
観ている息子に「チャーリー」を勧めてはいるのですが
まだ観てくれません。
時間を要するものもありますが、僕が勧めるもの、
彼は何でも大抵はまります。
「アリ」も同様にウイル・スミスがなりきっています。

その「アリ」公開される前に何故か僕に一報が入りました。
公開に伴って来日する予定のモハメド・アリとの
対談の話でした。
恐れ多いのでお断りしました。
辰吉丈一郎とモハメド・アリの対談を脇で見学
させて欲しいという提案をしました。
僕の中で丈さんはモハメド・アリと被るので
是非近くで見てみたかったのです。
話は通りましたが、体調が伴わず来日されなかったので
実現には至りませんでした。

ボクシングだけではなく、全てのスポーツ選手の
お手本のような方だったと思います。
黒人がスポーツで稼げるようになったのは
この方がいたからだと解釈しています。
目に見えないものも含め色色なものと戦った人だとも
思います。
競技だけではなく、競技の外に出るということを、
僕なりにですが、色色勉強させてもらいました。
自分の魅せ方やあり方なども。

アトランタオリンピックで聖火をつける際、
病で震えの止まらないアリを思い出す方も
多いと思います。
パーキンソン病で手の震えが止まらない彼ですが、
ファイティングポーズを取る時だけその震えが
止まるのです。


モハメド・アリ氏のご冥福をお祈りします。





asshi_elvis at 12:28|Permalink日記