COMMODITY HEADLINE

コモディティ ヘッドライン

すでに会員サイトでは恒例の内部要因分析を更新しています。確かにこれだけの確認でポジションを保有、戦っておられる方もいる様ですが、最近の相場はそれだけではチョット・・・相場は売り方がいて買い方がいる、それはわかりきったことですが、その本質を理解している方は ...

昨夜の欧米市場は休場で変化無し唯一の為替市場もさほど大きな・・・一時はドル安ユーロ高や、南アランド急伸などの動きもありましたが、朝方にはその動きも修正されて往って来い週明け日中の動きも、夕方のユーロ市場が休場の為、NY本市場再開までは様子見気分が漂う可能性 ...

プラチナは夜間取引で3238円まで上昇も、日中取引では手じまい売りから失速引けにかけては3210円割れとなりましたが夜間は反発へNYはドイツの景気減速懸念を受けて金が下げ一服となったことや、パラジウム堅調が支援要因米小売売上高が好調な内容となり、ドル高が圧 ...

今週の貴金属、週末にかけて安値を切り下げる動きとなりましたが、それほど大きな変動幅とはなりませんでした。金60分足今週に入り日中取引の平均変動幅は 約15円に対して、夜間取引の変動幅は25円。世界の中心市場は日本ではなくアメリカです。アメリカの本取引と重なる日 ...

夜間取引では急激なドル高に急激なユーロ安ドル建て金価格は急伸と、通常の説明が出来ない動きランド・ポンド・トルコ等の通貨は対ドルで下落東京市場は貴金属がプラス推移、原油・コーンが下落と、欧米市場が週末に控えた連休前に最後の動きとなりそうです・・・現状、東京 ...

↑このページのトップヘ