買いの材料なのに相場は下がる・・・

売りだと思っていたら、あれよあれよと相場は急落したものの参加は出来ず・・・

みたいなことありませんか?

相場の世界は常に資金が先行して動きます

材料分析では、優等生並みの答えを9割の方が同じように導き出しますが、結局は値頃だったり単なる逆張りで引っ掛かり、ただ価格が戻るのを当限まで保有して待っていませんか?

相場が難しいのは分析などでは無く、その分析・取り巻く環境に対して足の速い資金が逆方向に行き始めた時、分析に対する逆の手・ポジションを保有するかどうかの判断が難しい訳です。

世界中に流れてる材料の分析などしたところで、所詮、答えは皆同じなんですから・・・