昨夜のNYプラチナは930ドル割れ場面で買い拾われており、需要が喚起されていることは感じられるものの、ただ、950ドル台から上の価格ではまだ買いは続かず・・・

国内は大幅な円安進行で採算価格がアップして買い優勢


期末を迎えて投機家の手仕舞い売りも警戒されており、目先は950ドル台での売り物をこなし、国内は4050円台を維持できるかどうか?に注目。


今夜はパウエル議長の議会証言も控えており、株式、ドル、金市場の見極めも必要に・・・

スクリーンショット 2022-06-22 090445
一方の金市場では、引け後に発表されたSPDRゴールドの現物保有高は前日比1.74トン減の1073.80トンとなり、中期資金は流出気味・・・


米金利上昇の環境下、現金比率を高めておきたいと考える投資家は多いようで、パウエル議長の講演内容次第ではドル高に傾くことも警戒され、投資家は金の買い玉維持には慎重ムードか・・・

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

先物でいこう