特に高齢の方や視力障がいの方にとって、ホームを通過する特急電車は危険極まりないですね。今から思えば、あんな高速で走る電車が目の前を通過することがよく普通に受け入れていたなと思いますね。ホームが混んでるときは、わずか1m先を60-80Kmで走りぬけていくのだから、ほんとに危ないよね。

そこで近年設置されているのが、転落防止柵ですが5年ほど前からロープ式が実用化されているんですね。ロープ式は昇降します。世界初だそうです。
一番最初に大阪駅で見かけたときは、「このロープをどうやって巻き取るんだろう」「ロープの端はどうやって把持するんだろう」と考え込んでいたんですね。するとそのうち電車が入って来て、なんとロープが上昇し始めた!しかも本体部分からさらに筐体がロープと一緒に上昇?
ありえない!予想を裏切られた気持ちでした。
IMG_2326IMG_2333
左の状態からにょきっと上昇して右の写真のようになる。
IMG_2330IMG_2334
しかも省スペースのために、上死点ではロープ間のピッチも短くなっているではないか。(下のロープから順に上に詰まっていく)

省スペース、省電力、しかも挟まれるリスクゼロ!
いいものを考えてくれましたね。JRさん!