2010年04月06日

先日、総務省が携帯電話のSIMロック解除をすすめる提言を出しました。法令ではなく、推奨らしいですが・・・。

今の携帯電話ってdocomoの携帯をSoftBankで使えないようになっています。簡単に言ってこれがSIMロックです。本来はW-CDMAという同じ方式を使っている2社であれば同じ機種が使えるようになってもおなしくないにもかかわらず、こうしたロック機能を付けているのはなぜでしょう?

実は、海外ではちょっと前はロックフリーが当たり前でした。

例えば電話機は「NOKIA」を買って、サービスはどこかで契約と行った感じです。日本は電話機もサービスも同じキャリアが提供していて「垂直型」といわれています。

なので、docomoなどの機種は製造・製造はいろんな会社でやってても機種のメーカーはあくまでdocomoなどのキャリアさんなのです。

なぜSIMロック機能を付けているのかは理由があります。

ひとつは日本のビジネスモデルが端末を安く売って通信費で稼ぐという形だったからです。端末0円みたいなやつですね。そのおかげで高性能な機種が安く買えるわけです。

もうひとつが、キャリ独自のサービスにカスタマイズされた機能がついているということです。docomoならiモード、ソフトバンクならYahoo!ケータイといったかんじです。
ハードのボタンもそうですし、中身のソフトウェアもこうした様々なサービスに最適に利用出来るようにチューニングされています。

総務省はたぶんiPhoneのようなかたちをイメージしているのでしょうが、あれは特別です。appleだからできたことで、ほかではなかなか実現するのはむずかしいでしょうね。(できないとは言いませんが・・・)

なんか、SIMロックが解除されると端末が安くなって利用者にメリットが有るようなことがかかれてましたが、基本それはないと思います。おそらく端末の価格は上がりますし、機能も標準的なものしか使えないといったように制約がかなりでてくるのではないでしょうか?

前回の割賦制度の導入きっかけになった時の提言もそうですけど、確実に官製不況になるとおもいます。現場のこともう少し調べた方がいいような気がしますが、いかがでしょう?

個人的にはiPadみたいにメーカーが判断してやればいいんじゃないかなと思います。キャリアが手をだすことではないような・・・・。

assistnn at 01:41コメント(0)トラックバック(0)ニュース関連 

2009年09月19日

携帯電話の利用率が高まるにつれて、固定電話から携帯電話への料金が鷹かうなってきている企業が少なくありません。で、ふとした疑問が、固定電話から携帯電話への料金は高いのかという話になります。

 

そもそも論として、NTTの固定電話から携帯電話への料金っていくらかご存知ですか?実はこの料金はNTTが徴収しているんですが、本当は携帯電話会社が決めています。ですから、NTTの電話帳見ても料金って載ってません。NTTって単に代行収集しているだけなんですね。

 

でもって、料金ですが、電話会社によって異なっていて以下のようになっています。

 

ドコモ:26秒/10円、au:20秒/10円、ソフトバンク:15秒/10

 

って感じです。してましたか?実はこの料金は携帯電話会社側のカタログにしか載ってないんで以外に知らないんですよね。でコレを見るとドコモが安くてソフトバンクが高いことに気が付きます。会社でドコモからソフトバンクに変えるとここの料金が一気に跳ね上がったという話を聞きますが、それはこういうわけなんです。当然社員がソフトバンクに変わると携帯にかける比率が変わりますからね。

 

結論でいくとこの料金は安くないですし、削減する方法はいくつかあります。スペースの関係で割愛しますが、詳しくは私の無料レポートにも書いてありますので参考になさってください。

 

ひとつだけ言うと、そう入ってもわざわざ携帯電話を事務所などに置いて携帯電話へかける人もいますがそれは反対に高くなることが多いので慎重にしてください。なにしろ、携帯電話は使わなくても基本料金がかかりますからね。



assistnn at 09:58コメント(0)トラックバック(0)よくある噂のホントノとこ 

2009年08月19日

前回、最近よく耳にする噂が「ソフトバンクが安い」というテーマを料金の例からお話しました。念のためですが、私はソフトバンクがだめだとか言うつもりではありません。あくまで使い方や企業によって最適なサービスが違うというのは事実です。なので反対にイメージで決めて欲しくないからこそ、あえてこのテーマでお話しているんです。

 

料金以外の違いがでるケースとは、その他のサービスの比較についてです。このテーマはあまり言われることがないのであえて買いますが、一つ目はオプション、二つ目はポイントサービス、三つ目は保証サービスです。毎月の支払いやプランなどについてはいろいろなところで言われているのですが、この3つポイントが実は大きな差になります。

 

例えば、ポイントサービスで見てみましょう。ポイントサービスとは毎月の支払額に応じて付与されて、機種代金などに当てられる、言い換えればお金の代わりに使えるものです。当然たくさんあれば費用の節約になるのは言うまでもありません。

実はソフトバンクは100円について2ポイント、つまり2%分のポイントが付与されます。ところが、ドコモは2・3年以内の標準的な使い方ならだいたい3%〜4%のポイントが付与されます。auは同程度であれば平均で5〜6%付与されます。

しかも、ドコモとauは請求単位でポイントが使えるため、企業によってはかなり大きなポイントになります。ですが、ソフトバンクにいたっては溜まった回線単位でしか使うことはできません。はっきり言ってあまり使っていない回線ではほとんどポイントが期待できないということになります。

 

細かいようにも聞こえるかもしれませんが、このポイントで会社が支払う金額で言うとじつは、3〜5%の差が出る可能性すらあります。毎月の請求額が20万円程度の企業なら年間で8万〜12万円以上支払い金額に差が出る可能性があります。

 

確かに料金のことを考えるのは重要ですがそれ以外のポイントもしっかり押さえた上で各社のサービスを比較することが大切なんですよ。



assistnn at 10:00コメント(0)トラックバック(0)よくある噂のホントノとこ 
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ