2018年01月16日


かなり更新が遅くなりましたが、、、
昨年夏に無事竣工した住宅のその後について

s-20171110-010屋根は本瓦と銅板
外壁は漆喰とタイル
木肌を生かした和風住宅ですが、
外断熱工法の採用により
高気密高断熱化を実現しています


s-20171110-046お庭には立派な春日灯篭があります
(敷地対角には雪見灯篭もありますが)
前々宅のお庭から移設したのですが、
ここまで立派な国産の灯篭は滅多にお目にかかれません



s-20170802-006木材の香りと肌触りで
癒される出迎えの場
造作材はナラ・ヒノキの無垢材、
床と下駄箱はクリの無垢材を使用しています



s-20170802-009床の間と書院には
前々宅から使われていた
ケヤキの前板と屋久杉の床天井板を
職人さんの技により見事に復活させました



随所に職人技が垣間見える住宅です。

                                             HOSHI


associatesjp at 18:36 

2017年03月27日

先日地鎮祭が行われました。

神職をお招きして 神様 にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、
最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事や家の繁栄を祈る地鎮祭。

地鎮祭は現場によって行う・行わないも含め様々ですが、

この度の現場では手水の儀もありました。

s-手水

 


 

写真は左から、手水桶・手水桶・折半紙が並んでおります。

手水役のお二人から水をいただき、半紙をもらいます。

神社へのお参りの時のように身を清めてから始まります。

心配されていた雨に降られることもなく、無事終えることができました。

記念すべき日に参加させていただき、ありがとうございます。

この度は、本当におめでとうございます。  


associatesjp at 18:31 

2017年03月06日

先月、岡山市にて木造の上棟が行われました。

s-丸太梁s-継手






丸太梁に継手 
伝統の職人技にお目にかかれました。
最近では金物による接合が多いですが、
日本の誇る伝統工法は海外の大工さんからも絶賛されております。

s-全景








天候にも恵まれ、棟が上がりました。
今まで主に図面で進めてきた計画もここから着々と形になっていきます。
完成が待ち遠しいですね。 

associatesjp at 11:07 
記事検索
Categories
  • ライブドアブログ