こんにちは、横浜の商標弁理士Nです。

さて、一昨日になりますが、弁理士会の研修会に出席した帰りに、神保町へ行きました。

目的は、新しい「類似商品・役務審査基準(2017年版)」を買いに行くことだったのですが、フラっと寄った古書店でこちらを発見して購入しました。

「サイマル出版会 実学・著作権(上下) 鈴木敏夫著」

furuhon2

上下巻セットで、それぞれ単行本サイズです。「サイマル出版会」って、初めて聞きましたね。いずれも1976年刊行のようです(私はまだ生まれてない・・・)。

パラパラとめくると、なかなか面白いトピックが多いように感じました。中でも上巻の「一見著作物風の非著作物」の部分は、ページ数も多く割いており興味深いです。私のある意味専門の「キャラクター」の著作物性についても検討されています。というか、現代の(お堅い)著作権法の書籍では、「一見著作物風の非著作物」なんて表現の見出しを付けることなんてないでしょうから(笑)、そこがむしろすごくセンスが良いなと感じましたね。やはり、古い時代の書籍ならではでしょうか。

ちなみに、上下巻セットで100円でした笑

これは儲けた!!

まぁ、これらを買ったために、年々重量感の増す「類似商品・役務審査基準」と合わせて、腕がちぎれそうな思いで満員電車に乗って帰路につくことになったわけですが・・・

それにしても今回の「類似商品・役務審査基準」・・・。あんまり商標実務をやらない弁理士や知財担当者には便利な増量な気がしますが、主に商標しかやらないような私みたいな人たちにとっては、むしろ邪魔な(?)増量のような気がしなくもないですが、まぁ、そのうち慣れると信じましょう!!

というわけで、皆様今日もお疲れ様でした!!

おわり