商標弁理士Nの業務外ブログ

横浜市にある商標専門の特許事務所で商標弁理士をやっているNの業務外ブログです。弁理士業務とはあまり関係のない日常のことについて、商標に関する話題をたまに絡めつつまったり綴ります。

2017年07月

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

今日も引き続き、「買った本&読んだ本」の紹介です。


学校で知っておきたい著作権
②運動会の旗に漫画キャラを描いてもいいの?」
(汐文社)
小寺信良 著
上沼柴野 一般社団法人インターネットユーザー協会 監修
book_photo_201707251

<コメント>
②は、①からさらに内容を広げたものになっています。
著作者人格権や、著作隣接権についても触れられています。

また、学校活動におけるイラスト・マンガ・写真の著作権のQ&Aが掲載されています。

「クリエイティブ・コモンズ」についても、4ページにわたって解説がされています。
「クリエイティブ・コモンズ」は、わかってるようで意外とわかっていなかったりします。
法律によるものではないので、「実は知らない」という弁護士や弁理士の方も少なくないかもしれません。私も若干、「しったかぶり」感がありました。
個人的には、この解説がわかりやすくて良かったですね。

おまけ:著作権初心者の方へのアドバイス
アドバイスというとおこがましいですが、今回は記事の分量が少ないのでオマケで笑。

自分の経験から言うと、著作権の勉強を始めるときは、ごっつい法律書にいきなり挑むより、こういった概要本や、Q&A形式の書籍を始めに読むのが良いかと思います。特にQ&A本はオススメです。

ただ、「Q&A形式」でも、様々なレベル・分量の書籍がありますので、最初は見開き2ページくらいで1つのQ&Aが解説されているものが良いと思います。

とりあえず、1冊目を熟読したら、もう1冊別のQ&A形式の書籍を買いましょう。
2冊目は、「Qの部分を読む」→「Aを自分で考えてみる」→「Qの解説を読む(考え方の答え合わせ)」という読み方をすると、スラスラ楽しく読み進むことができますし、頭にも残ります。

こうして基本的な思考ができるようになったら、法律書や教科書的な本を読むと良いでしょう。条文とかコンメンタールとか論文集はその後です。

順番を間違えると、おそらく勉強が長続きしません。
著作権法だけではありませんが、知財はいかに早く全体像を捉えられるかという点と、いかに楽しく勉強できるかという点がポイントではないかと思います。

本記事でのコメントは、あくまでも商標弁理士Nの個人的な感想や見解です。本記事を読んで、何らかの行動をされた結果に対しては一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

今回も、前回に引き続き「買った本&読んだ本」を紹介します。

学校で知っておきたい著作権
①本の一部をコピーして授業で配ってもいいの?」
(汐文社)
小寺信良 著
上沼柴野 一般社団法人インターネットユーザー協会 監修

book_photo_201707252

<コメント>
前回は「③ネットの写真はSNSで使ってもいいの?」をご紹介しました。
今回はその①です。
結局、あの後、本屋さんに行って①と②も買ってきました。笑
①&②も、それぞれ40ページで2500円します。

さて、最初の巻ということもあり、①では著作権の基本中の基本が解説されています

ただ、経験した方はわかると思いますが、著作権の基本中の基本を説明することは、意外と難しかったりします。広範囲にわたる著作権法の内容について、大事なところを絞り込むのは、実は大変なのです。

本書では、そのあたりのまとめ方が秀逸だと思います。
初めて著作権法を勉強する前に読んでおくと、理解の方向性を間違えずにすみそうです。
(ちなみに、時々明らかに根本的な考え方を間違っている弁理士を見かけます・・・。)

また、タイトルに「学校で知っておきたい」とあるように、①では「学校や教育機関における著作物の利用」の場合の権利制限について、多くのページを割いています。

ちなみに、コラムにある「マンガ図書館Z」というのは、私は知りませんでした!!

全体的にイラストも多く、③と同様に良書だと思いました。

本記事でのコメントは、あくまでも商標弁理士Nの個人的な感想や見解です。本記事を読んで、何らかの行動をされた結果に対しては一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

さて、今回の記事から早速、「買った本&読んだ本」の紹介をしたいと思います。

「学校で知っておきたい著作権
③ネットの写真はSNSで使ってもいいの?」
(汐文社)

小寺信良 著
上沼柴野 一般社団法人インターネットユーザー協会 監修
book_photo_20170713c

<コメント>
ヤングな年齢層向けの、著作権に関するガイドブック的な本です。
私も、地元の本屋さんの児童書コーナーでたまたま見付けました。
一般的な本屋さんでは、知財の専門書コーナーには置かれていないかもしれません。

ただ、全40ページで2500円(税別)するので、なかなか学生の方が自分で買うのは苦しいと思います。大人から若い層へのプレゼントにちょうどいいかもしれませんね。

30分~1時間もあれば、全部読めるのではないかと思います。

内容は、非常に良くまとまっていて、できるだけ法律用語や条文を出さずに、わかりやすく著作権の基本ルールを知ってほしいという著者の工夫を感じました。

また、できるだけ身近にある具体例を出して、「こういう時は、こういうことをしてもいいの?」という疑問に、わかりやすく答えています。学者の書いた本にありがちな、あまり想定できないケースの話ではなく、主に最新技術や流行に基づいた具体例を出しているのが、良いですね。

特に、「音楽の私的複製は減っている」という点については、「なるほど!」と思いました。

低年齢層を対象とした本だとは思いますが、むしろ著作権を手っ取り早く知りたい大人とか、「最近著作権あまり詳しくなくてさー」という年配の弁理士の方にも、有用なのではないかと思います。

こちらは③ということで、シリーズ3冊目のようですね。
機会があれば、①と②も読んでみたいです♪

ちなみに、「学校で知っておきたい」とありますが、③では学校関係の話は出てきません。

本記事でのコメントは、あくまでも商標弁理士Nの個人的な感想や見解です。本記事を読んで、何らかの行動をされた結果に対しては一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

さて、本ブログは、「業務外ブログ」ということで、基本的には私の日常とか、人となりを、たまに商標ネタを絡めつつ知っていただくことを目的としています。

ただ、冷静になって考えてみると、「そんなブログ読みたい人いるの?」という気が最近しています(今更)。
みなさん、商標弁理士Nにそんなに興味ないやろ、と笑。
おまえがキンケシ集めてるのなんて知るかよ、と笑。
そもそも、おまえのアイコンなんでお好み焼きなんだよイミフだよ、と。

まぁ、ブログ村のランキングをたまに見てみると、そこそこの順位(※上位ではない)にいることもあるので、大変ありがたいことに、こんなブログでも読んでくださっている方もいらっしゃるみたいですが。

というわけで、読んでくださる方々にとって、何か役に立つ記事は書けないものかと考えてみました。

他の弁理士さんのブログと差別化を図るのであれば、もっとも無難なのは、商標弁理士だからこそ知っている商標実務に関するあれこれをネタにすることなのでしょう。ただ、さすがにこのネタですと、記事を書くのがそれなりにしんどそうなので、末永く継続できる自信がありません笑。

だからといって、「今日はこんな仕事をしたぞー」とか、そういうネタを書いても、たぶん読む人の9割くらいは「うわ、さむっ!」って感じるかと思いますので、これもやりたくありません。

じゃあ、フツーの人より私がやってそうなことって何だろう?と考えた結果、一つだけ思いつきました。

それは、

本屋さんにしょっちゅう行って、
本を買ってること


です。

とにかく、所有している本が多いのです(笑)。
もちろん、全部読めているわけではありません。積んでいる本も大量にあります。
別に文学少年でも文学部出身でもありませんが、ただ本が好きなのです。

というわけで、
読んだ本&買った本を、
簡単な感想やレビューをつけてご紹介
しようと思います

このネタなら、読んでいただける方にも役に立つかと思いますし、備忘録的に自分のためにもなりますからね。

ちなみに、紹介した本については、リアルの知り合いの方でも、「貸して、見せて、触らせて」というリクエストには一切お応えできませんので、すいませんがご了承ください。(いちいち管理ができないので・・・。)

あ、今までのどーでもいいネタ系の記事が好きな方もいらっしゃるかもしれませんので、そのへんは今まで通り、たまに書きたいと思います。

というわけで、これからも本ブログを何卒よろしくお願いいたします!!

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。
※今回の記事も、商標ネタは出てきません。あしからず・・・。

さて、「キン肉マン キンケシ01」のガチャガチャのリベンジをしてきました!笑

で、10連した結果がこちら!!

kinkeshi2

1.バッファローマン(肌色)
2.バッファローマン(赤色)
3.バッファローマン(赤色)
4.ネメシス&ロビンマスク(※ワザケシ)(肌色)
5.ネメシス&ロビンマスク(※ワザケシ)(青色)
6.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(青色)
7.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(赤色)
8.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(赤色)
9.キン肉マン(赤色)
10.ペインマン(肌色)

10回中、5回もワザケシを引き当てるという強運でした!

ていうか、ワザケシだと1カプセルに2体入っているのですが、1体だけ出てくる場合のキンケシと、1体ごとのサイズは同じでした!

つまり、ワザケシが当たると、1体分オトクということになります。

ていうか、通常のカプセルとワザケシが入ってるカプセルのサイズが違うんですよ!
ワザケシだと2体入っているので、カプセルがそのぶん大きいのです。

なので、ガチャガチャの自動販売機の中には、小カプセルと大カプセルが混在していることになります。
1回ごとに違うサイズのカプセルがちゃんと出てくる構造って結構すごいと思うのですが、もしかして特許とか実用新案が絡んでいたりするんでしょうか・・・。

とりあえず、モンゴルマン以外はそろったので、まぁ良かったです。
バッファローマンが出過ぎなのと、肌色のケシがホントに出ないなぁというのが感想です。

それでは皆様、今週もお疲れ様でした!!

おわり


こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。
最初に言っておきます。今回は商標ネタは出てきません(笑)。

さて、先日、街を歩いていた時のことです。
あるお店の前で、ガチャガチャがたくさん並んでいる中、ふと目を引くものが。

なんと!!

キン肉マン キンケシ01

というガチャガチャがあったのです!!

「キンケシ(キン消し)」とは、今のヤングは知らないかもしれませんが、私世代は知らない人はいない・・・というか多分集めなかった人はいないであろう、大人気漫画・アニメ「キン肉マン」のキャラクター消しゴムのことです。

もう30年近く前になるでしょうか。
当時、幼児だった私も、集めに集めました。

近所のスーパーや酒屋に、母親の買い物に付いて行っては買ってもらっていたという感じです(笑)。
あとは、おもちゃ屋さんで箱に30体くらい入ったセットverも売ってましたよね。
こっちは誕生日プレゼントとかに、ねだっていた気がします。
各方面から集めて、全部でダンボール2箱分くらい、大量に持っていた記憶があります。

で、そのキン消しが、「キンケシ01」というネーミングで復活したと!!

パケ写(?)には、「全種新規造形で復活!!」なんて書いてありますしアツい。

そして、今回は以下の超人のラインナップで全18種類(6種類×3色)とのこと。

1.キン肉マン(肌色・赤色・青色)
2.モンゴルマン(肌色・赤色・青色)
3.バッファローマン(肌色・赤色・青色)
4.ペインマン(肌色・赤色・青色)
5.ネメシス&ロビンマスク(※ワザケシ)(肌色・赤色・青色)
6.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(肌色・赤色・青色)


なんでここでペインマン?笑

という気がしますが、あきらかにワザケシが当たりですよね。

ちなみに、昔からキン消しに馴染みのある人はこっちの情報の方が驚くと思いますが。

1カプセル1体 200円

です。

ワザケシは、1カプセルに2体が入っているそうです。

昔はたしか、1カプセル3体で100円だった気が・・・。
これも時代の変化でしょうか。

まぁ、そのへんはファンとしてはどうでもよくて。
私はもちろん、ガチャガチャを回すわけです。

ネメシスかアシュラマン出すで~~~!!

オラァァァァァァァ!

と、意気込んで3回ほど回した結果・・・


kinkeshi1


全部バッファローマンやんけwww

待って、3連続とか普通ある!?!?
いやいや、嬉しいけども・・・。

もちろん、この後、「くそったれえええええ!!(ベジータ風に)」となり、大人の財力でガチャ無双しようかと思ったのですが、残念ながら100円玉の手持ちがなく、近くに両替機もなくてあきらめました。。。

次の休日、リベンジしたいと思います。

おわり









↑このページのトップヘ