こんにちは。横浜の商標弁理士Nです。

先週の土曜日、ひさしぶりに神保町に行ってきました

以前、有楽町の商標事務所に勤務していた頃は、よく帰りに寄っていたのですが、現在は横浜市で仕事をしていますので、あまり行く機会がありません・・。
弁理士会館で研修会とか定例部会があった帰りに、ダッシュで寄って帰るくらいですかね。

というわけで、のんびりと神保町の街を回れたのは久しぶりでした。

さて、話は変わりますが、私はインターネット上の情報は疑ってかかるタイプです。

自分の目で見るまでは信じない!!

特に、よくないことは。

で、先日「岩波ブックセンター」のニュースを取り上げましたが、実際に自分の目で確かめるべく、行ってきました。

iwanamibc


たしかに、「店主急逝により休業中」の張り紙があり、お店はやっていませんでした・・・

何度も行っているので、おそらく店主の方をお見かけしたこともあるかと思います。
今までありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします・・・。

あ、そうそう。

前の記事で、個人書店特有の「たこ焼きのパックみたいな本の包み方」と書きましたが、

honpackaging

こんな感じのことです。(※画像は「大雲堂書店」さんの包装)

包装袋ではなくて、包装紙を本に巻いて、輪ゴムでとめます。
多分、包装紙をそのままブックカバーにできるものと思われます(私はやったことないですが)。

ちなみに、上記写真。
本の一部の「あなたの家紋が」という文字が透けていますが、「家紋と苗字の研究」的な本です。
家紋から、自分の祖先がわかるという内容です。興味深くないですか

別にこれが欲しくてお店に行ったわけではありませんが、店頭のワゴン的なBOXにあるのをたまたま見つけて、パラ読みしてみたら興味深かったので、購入しました。

神保町は、このようにフラっと寄ってみたら面白い本を発見できるところが楽しいですね。
便利なAm●zonに依存していたら、一生出会うことはないでしょうから。

美味しいものも多く、楽しい街なので、行ったことがない方は神保町にぜひ!!

おわり