商標弁理士Nの業務外ブログ

横浜市で主に活動している商標弁理士Nの業務外ブログです。弁理士業務とはあまり関係のない日常のことについて、商標に関する話題をたまに絡めつつまったり綴ります。

カテゴリ: 買った本&読んだ本

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

急に涼しくなってきましたね。
季節の変わり目は風邪を引きやすいので、どうか皆さんお気をつけて

さて、今日は「買った本&読んだ本」のご紹介です。
今回は、先月出版された、著作権に関する書籍です。

「これだけは知っておきたい「著作権」の基本と常識」(フォレスト出版)
弁護士 宮本 督 監修

20170905

<コメント>
著作権に関する入門書・手引書的な書籍です。

前半40ページ程度で著作権制度の概要を解説し、残りのページはおもに「○○の場合は著作権的にOKかNGか」といった状況別事例集のようになっています。

見開きで、左ページで解説、右ページで図解となっており、読みやすいです。
著作権法の知識がある人であれば、ゆっくり読んでも2時間あれば読破できると思います。

取り上げられている事例も、一般の人たちが知りたいであろうケースを想定しているようで、実務家以外の人たちがサっと見て、パっと確認できるのに便利でしょう。
もちろん、実務家にも十分に有用だと思います。

個人的には、「動画を作ったり、アップロードする場合」のさまざまな著作権に関する注意点が、勉強になりました。このあたりは純粋な著作権法の書籍では取り上げられているのを見かけませんし、最新トレンドとも言えますので、「最近、著作権法はご無沙汰で・・・」という弁理士の方にも役に立つのではないかと思います。

著作権法のとっかかりの入門書として、弁理士受験生の方にも良いかもしれません。

ちなみに、「プリクラ写真は著作物ではない」と言い切っている箇所があるのですが、最近のプリクラは自撮り感覚で写る側がいろいろとデコれる機能が充実しているようですので、完成したプリクラに創作性(=著作権)が認められる余地もあるように個人的には思います。おそらく「機械で自動的に撮影したものは著作物になりませんよ」という趣旨の一例として挙げたものとは思うのですが、人によっては「プリクラには絶対著作権がない」と理解してしまう可能性があるかもなぁと思った次第です。

本記事でのコメントは、あくまでも商標弁理士Nの個人的な感想や見解です。本記事を読んで、何らかの行動をされた結果に対しては一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

今日は朝から日本中に緊張が走りましたね・・・。
ここのところ、個人的にも体調があまり良くないので、
このモヤモヤした感じはツライです。

が、暑い8月ももう終わりですし、毎日元気でいきたいものです!

さて、今日は「買った本&読んだ本」のご紹介です。
先日、古本屋さんで見付けてジャケ買い(?)した本をご紹介します。

「戦国武将の語録」(徳間書店)
神子 侃

20170829

戦国時代から徳川初期の時代の武将55人の言葉を、口語訳と解説付きで掲載しています。
最初から読み進めるタイプの本でもないと思いますので、全部は読んでいません。
あしからず

さて、「士業」である我々弁理士も、「サムライ」でなければならない、と私は思っています。
すなわち、たとえ弁理士業が事業であるとしても、「武士道精神」をもって、正直・誠実に、この仕事を全うしていかなくてはならない。そんな風に考えています。

依頼人を欺いたり、同業・競業者に迷惑をかけるような仕事のしかたをしないのはもちろんですが、「義」よりも目先の短期的な利に惑わされるようなことがないよう、特に気を付けています

競争が激しく、不景気が続く世の中ですから、正直、いろいろとしんどい士業の先生も少なくないと思います。
甘い誘惑に乗せられそうになったり、何かを投げ出したりしたくなることもあるでしょう。
無茶を言ってくる人に、キレたくなることもあるはずです・・・。
独立されている先生であれば、こっそり一人でシクシク泣きたい時もあるかと思います。
勤務されている先生であれば、「このハ〇ーーーー!違うだろッー!」と叫びたい時もあるかと思います。

そんな中で、みんな毎日頑張っている。

傍から見れば「いつも元気」な先生でも、きっと毎日気力を奮い立たせているのではないでしょうか。
たまに自分に負けて魔道に堕ちる先生もいるようですが、たとえどのような状況になっても、「武士は食わねど高楊枝」の姿勢で、自分の信念は曲げずにいたいものですね。

本書にあるようなリアルサムライたちの言葉は、そんな疲れた(?)私たちに勇気や活力をくれます
慌ただしい毎日の中で、ふとした時に読むと、少し冷静になれる。そんな本だと思いました。

私は特に、藤堂高虎の言葉が好きですね。

たとえば、

「寝所を出るより、その日の死番と心得べく、かやうに覚悟して寝る故に、物に動ずることなし」

【ざっくりした意味】
朝起きたら、「今日死ぬかもしれない」と覚悟せよ、
そのように毎日寝れば、何が起こっても動揺することはない。

この言葉など、実にサムライらしいと思いますし、「1日1日を大切にしなきゃなぁ」という気持ちになります。

他では、

「小事は大事、大事は小事と心得べし」

という言葉。
今の世の中で、特に響くような気がします。

本記事でのコメントは、あくまでも商標弁理士Nの個人的な感想や見解です。本記事を読んで、何らかの行動をされた結果に対しては一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おわり



こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

お久しぶりの更新となってしまいました
最近、雨ばかりでホントに気が滅入ってしまいますね・・・。
太陽カモン!!

さて、今日は、「買った本&読んだ本」のご紹介です。
最近出版された、営業に関する書籍をご紹介します。

「トップセールスが絶対言わない営業の言葉」(日本実業出版社)
渡瀬 謙

20170821

<コメント>
「サイレントセールストレーナー」という肩書で、内向型な性格の営業マンの育成をサポートされている渡瀬謙氏による新刊です。

著者の渡瀬氏は、「しゃべらない営業スタイルでも売れる」ことを、ご自身の経験から記した書籍を数多く出版されており、その方法やポイントについて解説されています。これらの著書は、全国の内向的な多くの営業マンの心の支えとなっているのではないかと思います。

私もどちらかといえば内向的な性格で、「売り込む」ことが得意ではありません。
営業電話とか、飛び込み営業は、相手のことを考えない迷惑行為でしかないと考えているような人間です。
ですから、渡瀬氏の著書にはとても共感します。
これまでにも、ちょっと弱気になったときなど、何度も勇気を与えてもらいました。

本書は「しゃべらない営業」に関するものではありませんが、営業で人と接する際に、気を付けたい言葉、注意したい言葉などが、38のトピックで、その理由とともに丁寧に説明されています。

最後まで読んでみて、どれも「なるほど~」と感心するものでしたが、結局のところ、その根底にあるポイントは、「相手の立場で、相手の気持ちになって」という点だと思いました。その意味では、本書で述べられていることは、営業分野だけでなく、普段の人と人とのコミュニケーションをより良くするという点でも、十分に役に立つと思います。

弁理士などの士業でも、経営・勤務の形態にかかわらず、営業スキルは必須です。

むしろ、弁理士業では、「形のないサービスを売る+絶対に必要でもないサービス+職業倫理による宣伝広告の縛り」といった特徴もあって、一般的な商品を売るよりも、高い営業スキルを求められるかもしれません。

ですが、正直なところ、営業が得意な弁理士はあまり多くないと思います。
独立したはいいけど、思っていたよりうまくいかないなぁ~、自分のやり方は間違っているのかなぁ~と感じている方も少なくないのではないでしょうか。(私もです!。)

そんな自分のやり方を一度見つめ直すという点でも、本書は有用だと思います。
個人的に、とてもオススメな1冊です。

本記事でのコメントは、あくまでも商標弁理士Nの個人的な感想や見解です。本記事を読んで、何らかの行動をされた結果に対しては一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おわり



こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

今日は、「買った本&読んだ本」のご紹介です。
最近出版された、商標法の書籍をご紹介します。

「わかって使える商標法」(太田出版)
虎ノ門綜合法律事務所[商標本執筆チーム]
20170803

<コメント>
弁理士ではなく、弁護士の先生方による商標法の解説書です。

やはり弁護士の先生方によるためか、出願や権利取得に関する話よりも、紛争や侵害訴訟に関する話が充実しているように思います。

キャッチーなタイトルですが、内容はそんなに簡単ではない気がしました。
完全な商標法初学者が、1冊目として読むには難しすぎるかもしれません。
一通り商標法を学んだ後で読むと、さらに商標法の理解がグンと深まる、そういう本だと思います。

ちなみに、後半部分ですが、いくつか誤記が見受けられました。
商標に詳しい人であれば、特に気にせずスルーする誤記ではありますが、
気付かない読者もいるかもしれませんので、私の気付いた範囲で記しておきます。

(P200)2行目
・①商品の構造・販売と・・・ → 商品の製造・販売と・・・

(P204)6行目ほか
・第1類「薬剤」 → 第5類「薬剤」

(P226~227)リスト
・4条2項〇号 → 4条1項〇号

(P253)5行目
平成11年(1909年) → 平成11年(1999年)

↑パラ読みじゃなくて、全部きっちり読みました、という証拠ということで笑

本記事でのコメントは、あくまでも商標弁理士Nの個人的な感想や見解です。本記事を読んで、何らかの行動をされた結果に対しては一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

今日も引き続き、「買った本&読んだ本」の紹介です。


学校で知っておきたい著作権
②運動会の旗に漫画キャラを描いてもいいの?」
(汐文社)
小寺信良 著
上沼柴野 一般社団法人インターネットユーザー協会 監修
book_photo_201707251

<コメント>
②は、①からさらに内容を広げたものになっています。
著作者人格権や、著作隣接権についても触れられています。

また、学校活動におけるイラスト・マンガ・写真の著作権のQ&Aが掲載されています。

「クリエイティブ・コモンズ」についても、4ページにわたって解説がされています。
「クリエイティブ・コモンズ」は、わかってるようで意外とわかっていなかったりします。
法律によるものではないので、「実は知らない」という弁護士や弁理士の方も少なくないかもしれません。私も若干、「しったかぶり」感がありました。
個人的には、この解説がわかりやすくて良かったですね。

おまけ:著作権初心者の方へのアドバイス
アドバイスというとおこがましいですが、今回は記事の分量が少ないのでオマケで笑。

自分の経験から言うと、著作権の勉強を始めるときは、ごっつい法律書にいきなり挑むより、こういった概要本や、Q&A形式の書籍を始めに読むのが良いかと思います。特にQ&A本はオススメです。

ただ、「Q&A形式」でも、様々なレベル・分量の書籍がありますので、最初は見開き2ページくらいで1つのQ&Aが解説されているものが良いと思います。

とりあえず、1冊目を熟読したら、もう1冊別のQ&A形式の書籍を買いましょう。
2冊目は、「Qの部分を読む」→「Aを自分で考えてみる」→「Qの解説を読む(考え方の答え合わせ)」という読み方をすると、スラスラ楽しく読み進むことができますし、頭にも残ります。

こうして基本的な思考ができるようになったら、法律書や教科書的な本を読むと良いでしょう。条文とかコンメンタールとか論文集はその後です。

順番を間違えると、おそらく勉強が長続きしません。
著作権法だけではありませんが、知財はいかに早く全体像を捉えられるかという点と、いかに楽しく勉強できるかという点がポイントではないかと思います。

本記事でのコメントは、あくまでも商標弁理士Nの個人的な感想や見解です。本記事を読んで、何らかの行動をされた結果に対しては一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

今回も、前回に引き続き「買った本&読んだ本」を紹介します。

学校で知っておきたい著作権
①本の一部をコピーして授業で配ってもいいの?」
(汐文社)
小寺信良 著
上沼柴野 一般社団法人インターネットユーザー協会 監修

book_photo_201707252

<コメント>
前回は「③ネットの写真はSNSで使ってもいいの?」をご紹介しました。
今回はその①です。
結局、あの後、本屋さんに行って①と②も買ってきました。笑
①&②も、それぞれ40ページで2500円します。

さて、最初の巻ということもあり、①では著作権の基本中の基本が解説されています

ただ、経験した方はわかると思いますが、著作権の基本中の基本を説明することは、意外と難しかったりします。広範囲にわたる著作権法の内容について、大事なところを絞り込むのは、実は大変なのです。

本書では、そのあたりのまとめ方が秀逸だと思います。
初めて著作権法を勉強する前に読んでおくと、理解の方向性を間違えずにすみそうです。
(ちなみに、時々明らかに根本的な考え方を間違っている弁理士を見かけます・・・。)

また、タイトルに「学校で知っておきたい」とあるように、①では「学校や教育機関における著作物の利用」の場合の権利制限について、多くのページを割いています。

ちなみに、コラムにある「マンガ図書館Z」というのは、私は知りませんでした!!

全体的にイラストも多く、③と同様に良書だと思いました。

本記事でのコメントは、あくまでも商標弁理士Nの個人的な感想や見解です。本記事を読んで、何らかの行動をされた結果に対しては一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

さて、今回の記事から早速、「買った本&読んだ本」の紹介をしたいと思います。

「学校で知っておきたい著作権
③ネットの写真はSNSで使ってもいいの?」
(汐文社)

小寺信良 著
上沼柴野 一般社団法人インターネットユーザー協会 監修
book_photo_20170713c

<コメント>
ヤングな年齢層向けの、著作権に関するガイドブック的な本です。
私も、地元の本屋さんの児童書コーナーでたまたま見付けました。
一般的な本屋さんでは、知財の専門書コーナーには置かれていないかもしれません。

ただ、全40ページで2500円(税別)するので、なかなか学生の方が自分で買うのは苦しいと思います。大人から若い層へのプレゼントにちょうどいいかもしれませんね。

30分~1時間もあれば、全部読めるのではないかと思います。

内容は、非常に良くまとまっていて、できるだけ法律用語や条文を出さずに、わかりやすく著作権の基本ルールを知ってほしいという著者の工夫を感じました。

また、できるだけ身近にある具体例を出して、「こういう時は、こういうことをしてもいいの?」という疑問に、わかりやすく答えています。学者の書いた本にありがちな、あまり想定できないケースの話ではなく、主に最新技術や流行に基づいた具体例を出しているのが、良いですね。

特に、「音楽の私的複製は減っている」という点については、「なるほど!」と思いました。

低年齢層を対象とした本だとは思いますが、むしろ著作権を手っ取り早く知りたい大人とか、「最近著作権あまり詳しくなくてさー」という年配の弁理士の方にも、有用なのではないかと思います。

こちらは③ということで、シリーズ3冊目のようですね。
機会があれば、①と②も読んでみたいです♪

ちなみに、「学校で知っておきたい」とありますが、③では学校関係の話は出てきません。

本記事でのコメントは、あくまでも商標弁理士Nの個人的な感想や見解です。本記事を読んで、何らかの行動をされた結果に対しては一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

さて、本ブログは、「業務外ブログ」ということで、基本的には私の日常とか、人となりを、たまに商標ネタを絡めつつ知っていただくことを目的としています。

ただ、冷静になって考えてみると、「そんなブログ読みたい人いるの?」という気が最近しています(今更)。
みなさん、商標弁理士Nにそんなに興味ないやろ、と笑。
おまえがキンケシ集めてるのなんて知るかよ、と笑。
そもそも、おまえのアイコンなんでお好み焼きなんだよイミフだよ、と。

まぁ、ブログ村のランキングをたまに見てみると、そこそこの順位(※上位ではない)にいることもあるので、大変ありがたいことに、こんなブログでも読んでくださっている方もいらっしゃるみたいですが。

というわけで、読んでくださる方々にとって、何か役に立つ記事は書けないものかと考えてみました。

他の弁理士さんのブログと差別化を図るのであれば、もっとも無難なのは、商標弁理士だからこそ知っている商標実務に関するあれこれをネタにすることなのでしょう。ただ、さすがにこのネタですと、記事を書くのがそれなりにしんどそうなので、末永く継続できる自信がありません笑。

だからといって、「今日はこんな仕事をしたぞー」とか、そういうネタを書いても、たぶん読む人の9割くらいは「うわ、さむっ!」って感じるかと思いますので、これもやりたくありません。

じゃあ、フツーの人より私がやってそうなことって何だろう?と考えた結果、一つだけ思いつきました。

それは、

本屋さんにしょっちゅう行って、
本を買ってること


です。

とにかく、所有している本が多いのです(笑)。
もちろん、全部読めているわけではありません。積んでいる本も大量にあります。
別に文学少年でも文学部出身でもありませんが、ただ本が好きなのです。

というわけで、
読んだ本&買った本を、
簡単な感想やレビューをつけてご紹介
しようと思います

このネタなら、読んでいただける方にも役に立つかと思いますし、備忘録的に自分のためにもなりますからね。

ちなみに、紹介した本については、リアルの知り合いの方でも、「貸して、見せて、触らせて」というリクエストには一切お応えできませんので、すいませんがご了承ください。(いちいち管理ができないので・・・。)

あ、今までのどーでもいいネタ系の記事が好きな方もいらっしゃるかもしれませんので、そのへんは今まで通り、たまに書きたいと思います。

というわけで、これからも本ブログを何卒よろしくお願いいたします!!

おわり

↑このページのトップヘ