商標弁理士Nの業務外ブログ

横浜市にある商標専門の特許事務所で商標弁理士をやっているNの業務外ブログです。弁理士業務とはあまり関係のない日常のことについて、商標に関する話題をたまに絡めつつまったり綴ります。

カテゴリ: 日常

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

最近、昆虫ネタが多いのですが、今日も昆虫ネタです


先日、巨大なカマキリに遭遇しました。

201709222

写真だとわかりにくいのですが、結構でかくて「うおっ!?」ってなりました。
私のスマホと同じくらいのサイズ感でしたね。

これは特に巨大ですが、普通サイズのカマキリも最近よく見かける気がします。

私が小さい頃は、カマキリってなかなか見つからないレアな昆虫だったのですが、ここ数十年で生態系が変わってきたのでしょうか。

昔は、バッタがアホみたいに草むらにいて、その中でレアな昆虫としてたまに見かけるのがカマキリって感じだった記憶があるのですが・・・。最近はむしろ、バッタを見かけることがなくなりました。オンブバッタとか、10年以上は見ていない気がします。

地域の違いもあるのかもしれませんが、なんだか不思議な感覚ですね。

そういえば、最近、巨大な蝶にもよく遭遇するんです。
たぶん、「クロアゲハ」ってやつです。
今度、写真が間に合ったら撮ってブログに載せたいと思います!!


おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

先週、金曜日のことです。
私は、週末でクタクタ&特に今週は立て込んでいてクタクタということもあり、帰宅後すぐにベッドに横になりました。


「明日も6時起きだし、もう寝るか・・・


と思い、目を瞑ったところ、


チッ、チッ、チッ、チッ、チッ♪


という虫の鳴き声が、やたら近くから聞こえてきました。
もう秋も近いので、旬の虫が外に出てきたのかなぁ、などと思っているとまた。


チッ、チッ、チッ、チッ、チッ♪


「ん?」


外にしては音がでかくね?


そう、その音がやたら大きいのです。
普通に目覚まし時計のアラームのような大きさなのです。


「まぁ、いいや。眠いし早く寝ようフアァァ・・・


しかし、その5分後くらいに、また。



チッ、チッ、チッ、チッ、チッ♪



うるせえええ!(怒)
しかも、音がもっと室内寄りに移動してる!!」


これは、間違いなく虫が室内に侵入したパターンと確信しました。


とりあえず起き上がり、「チッチッチッ 虫」でググって、
出てきた虫の名前を、さらにYoutubeで検索して鳴き声を確認したところ、


カネタタキ


という虫だということが判明しました。
夏の終わりから秋にかけて発生する虫なんだとか。


鐘を叩いたようなデカイ音で鳴くからってのが、由来なんだと思います。
これ、外で遠くで鳴いている分には風情があっていいのですが、室内の狭いところで鳴かれると、マジでうるさいのです。

しかも、そのカネタタキ。
・見た目はコオロギに似ていて、体も小さい。
・鳴くときは、葉っぱの下や隙間など、見つかりにくい場所で鳴く。
・周囲の気配がなくなってから、リラックス状態で鳴く。

といった特徴があるらしく、

鳴き声がしても、姿が見当たらないし、
私が眠りについたら鳴き始める


のです。

つまり、私寝る→カネタタキ鳴く→私起きる→カネタタキ黙るの無限ループ


ちくしょおおおおおおお!!
眠れねーじゃねぇかあああ!!
くそったれぇぇぇぇぇぇ!!



カネタ
「チッ、チッ、チッ、チッ、チッ♪(笑)」



という感じで、一晩中翻弄され、結局2時間睡眠くらいで起床。
正直、翌日の土曜日はフラフラでした


このクソったれがぁぁぁぁあ!!
(ベジータ風に)



いや、冗談抜きで叫びたくなりましたよ。


その後ですが、土曜日の夜も寝室にステイしていたらしく同じ目に遭ったのですが、日曜日の昼間にベッドに寝っころがってドラクエ11をやっていたら、いきなり姿を見せてきたので、無事捕獲することができました。

いやほんとに、風情があるし悪い虫ではないとは思うのですが。

部屋の中に入ってくると本当にうるさいです。

なんか、トラウマのように今でもあの音が鳴っている錯覚に陥る時があります。

チッ、チッ、チッ、チッ、チッ♪

みなさんも、侵入されないように注意してくださいね!!



おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

さて、いまさら気付いてしまったのですが

よくよく考えてみたら、「商標弁理士N」って名前、どうなんでしょう笑

商標弁理士のくせに、あまりに安直なネーミングですよね笑。

はっきり言って、「識別力がないか、きわめて弱い」ですよね

ブログ村のランキングを見てみると、他にも「商標弁理士」さんが何人かいらっしゃいますし、更新情報などが上下に並ぶと、お互い紛らわしいような感じがしなくもありません。。。まさに、需要者が何人の(略)。

かろうじてイラストで識別力を発揮してくれてるみたいな


いやね、ブログを始めた時は、本当に軽いノリで、1年以上も続くと思っていなかったんですよ。

「名前?テキトーでいいや」みたいな。
「業務外ブログ」ですしね。
だから、最初は単純に「N」にしようかなとも思ってたんです。

ただ、せっかくなら「商標弁理士」のキーワードでSEO的に役立てばお得だなぁという期待も少しあって、「商標弁理士N」という名前にしてみた・・・といった感じです。
※ちなみに、内容がブレッブレのブログなので、現時点で全然効果はありません。

そう考えてみると、昔とてもお世話になった「所長H」先生は、同じような構成の名前なのに3条2項適用のごとくオンリーワンで認識されていますし、さすがだなぁと思います。

「商標弁理士N」には、残念ながら簡単には3条2項は適用されない気がします・・・。


というわけで、


そのうち改名しようと思います!


と、今日はそんな宣言をするだけの記事でした。

いつの間にか名前が変わっていても、引き続き当ブログをよろしくお願いいたします!

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。
今日は、先日遭遇した出来事について書きたいと思います。


さて、先日、某レコードショップに行ったときのことです。
4~5歳くらいの女の子と、そのお父さん(20代後半くらい)との会話。


女の子「パパー、プリ〇ュアのDVD買ってー!」


父「えーっ?ダメだよ~。高いから~。」


女の子「なんでよ~?パパだって買ってるじゃん!」

(父親は、これから買うと思われるCDアルバムを手に持っていた。)


父「パパはいいんだよ~。」


女の子「なんでよー?パパだけズルいよー。ズルいっ!!」


父「今度、買ってあげるから。ガマンしなさい。」


女の子「ズルい!ズルい!なんで?パパだけなんでいいのよー?」


父「パパは働いてるからいいんだよ。」


女の子「そんなのズルいよ!パパなんて嫌い!!(号泣)」


いやいやいやいや
最後はさすがに、「ええっ!?」ってなりましたよ。


「パパは働いてるからいいんだよ。」


いや、たしかにそうでしょうし、それは正論でしょう。
けれど、子どもからしたら、理不尽な理由すぎないでしょうか。
子どもは、働きたくても働けないのですから。

人にはガマンしろと言いながら、自分はしっかり買う。
そして、それを可能とするのは、理不尽な理由です。
子どもにとっては、打開策のない無理ゲー状態です。


あの女の子は納得できないと思いますが、受け入れざるを得ないでしょう。
そして、きっとモヤモヤしながら、これから成長していくでしょう。
同じようなことが繰り返しあれば、「世の中はそういうもの」と決めつけるかもしれません。


そんな考え方が、あの子の中で当たり前になったら、とても怖いと思います。
父親と同じく、自己中心的な、思いやりのない生き方をするかもしれません。
あの子が「ズルい」と感じた、まっとうな感性を失ってしまうかもしれません。
こんな些細なことから、あの子の将来の可能性を台無しにするのではと心配になりました。


もちろん、子どものしつけも大事です。
欲しいものを我慢させるのも必要だと思います。
でも、それでも筋は通すべきだと思います。


今回の場面では、


父「そうだよね、パパだけ買うのはたしかにズルいよね。じゃあ、パパもガマンするから、今日はガマンしようね?」(と、とりあえず買わないフリをして、後でこっそり買いに行く)


というのが、望ましかったのではないかなぁと思いました。
若いお父さんではありましたが、親としての資質がちょっと足りていない気がしました。
賛否両論あるかもしれませんが


以上、モヤモヤを感じた、ある休日の出来事でした。


おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

今朝の新聞に、東京五輪の開会式がある2020年7月24日を祝日にするため、10月の「体育の日」を「スポーツの日」と改称し、2020年に限ってこれを7月24日に移す案があるといったことが報じられていました。

その理由としては、開会式当日は多くの観光客で交通機関などが混雑することが予想されることから、これを緩和するため、というのが大きいようです

要は、東京五輪に合わせて2020年に限って祝日を移動させる・・・ということですが、最初にこの記事を見た時、私には違和感しかありませんでした。


「なんで東京五輪の都合に、日本人全体が左右されなきゃならないの?」


と思ったのは、私だけでしょうか?
もちろん、東京五輪は楽しみですし、日本での開催は誇らしいとは思いますが。

交通機関の混雑緩和という目的については、まぁ納得はできます。
ただでさえ厳しい通勤・通学時の満員電車に、さらに大量の外国人観光客が流れ込んでくるとか、想像しただけでカオスで発狂しそうです。事件・事故も多発しそうです。

でも、はっきり言って、関係があるのは東京など一部の地域の人たちだけであって、全国規模で考えれば、関係ない人がほとんどではないでしょうか。そのような人たちまで巻き込んで、安易に祝日を移動させるまでするのはどうかと思うのです。

祝日を移動させる影響を考えると、
もともと夏休み中の学生さん達にとっては、そもそも意味がありません。10月の休みが減るだけです。
サラリーマンにとっては、10月の唯一の祝日がなくなります。
毎年、体育の日にイベントや旅行を予定して楽しみにしている個人・団体は、あきらめるしかありません。

こうして見ると、東京五輪に興味や関係のない人たちにとっては、迷惑でしかない気がするのですが・・・。
時差出勤や時差勤務で何とかならないほどの問題なのでしょうか。
こんな風に考える私の感覚の方がむしろ変で、心が狭いだけなのでしょうか。

この件に限らず、最近の日本では、東京五輪のために日本人が振り回されるケースが多発しているように個人的に感じます。たとえるなら、最近の日本は、自分には本来手におえない仕事を引き受けてしまって、ああだこうだと周囲を悪い意味で巻き込み、あちこちに迷惑をかける困った社員あるあるを見ているような印象です・・・。全体的に、「木を見て森を見ず」と言いますか・・・

まぁ、私はそんなに偉そうに語れる立場にもないんですけどね


東京五輪の経済効果が日本にとってプラスになるのはわかりますし、日本国民が成功に向けて一致団結・協力をすべきなのもわかるのですが、何か本末転倒というか、違和感があることがこの1年でよくあるなぁと思いましたので、今日はちょっと記事にしてみました。

「おもてなし」も大事ですが、まずは自国民の快適な生活の実現を願います。


おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。


昨日の夕方の話なのですが。



私、目撃してしまいました・・・。



本当に偶然だったんです・・・。



見るつもりなんかなかったんです。


たまたま、その時間帯にそこに奇跡的に居たからなんです。



こんなの滅多にお目にかかれるものではないと思います。



ホント、見た瞬間、ギョっとせずにはいられませんでした。



実は、こっそり写真に撮ったので、載せますね。。。
食事中の方とか、気分がすぐれない方は見ないでくださいね。














20170731


セミが脱皮して、羽化する最中でした(笑)。

こんなの初めて見ましたwww
まだ外も明るかったので、スマホで写真に収めることに成功!!
けっこう、貴重な写真なのではないでしょうか?

ピクピク脈打つように動く本体は、なんとも言えない気持ち悪さ。奇妙さ。
でも、羽は透き通ってて神秘的な綺麗さがあるんですよね。

もう、このまま大きくなって、セルとかデスピサロになるんじゃないかと。笑

ネットで調べると、一般的にセミは夜間に脱皮・羽化するらしいんですが。
このセミくんは、何をどう間違えたのか、早まってしまったのでしょうか・・・。

それにしても、いきなりでビビりました。笑
結構でかいんですよ、これ!!


おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

さて、本ブログは、「業務外ブログ」ということで、基本的には私の日常とか、人となりを、たまに商標ネタを絡めつつ知っていただくことを目的としています。

ただ、冷静になって考えてみると、「そんなブログ読みたい人いるの?」という気が最近しています(今更)。
みなさん、商標弁理士Nにそんなに興味ないやろ、と笑。
おまえがキンケシ集めてるのなんて知るかよ、と笑。
そもそも、おまえのアイコンなんでお好み焼きなんだよイミフだよ、と。

まぁ、ブログ村のランキングをたまに見てみると、そこそこの順位(※上位ではない)にいることもあるので、大変ありがたいことに、こんなブログでも読んでくださっている方もいらっしゃるみたいですが。

というわけで、読んでくださる方々にとって、何か役に立つ記事は書けないものかと考えてみました。

他の弁理士さんのブログと差別化を図るのであれば、もっとも無難なのは、商標弁理士だからこそ知っている商標実務に関するあれこれをネタにすることなのでしょう。ただ、さすがにこのネタですと、記事を書くのがそれなりにしんどそうなので、末永く継続できる自信がありません笑。

だからといって、「今日はこんな仕事をしたぞー」とか、そういうネタを書いても、たぶん読む人の9割くらいは「うわ、さむっ!」って感じるかと思いますので、これもやりたくありません。

じゃあ、フツーの人より私がやってそうなことって何だろう?と考えた結果、一つだけ思いつきました。

それは、

本屋さんにしょっちゅう行って、
本を買ってること


です。

とにかく、所有している本が多いのです(笑)。
もちろん、全部読めているわけではありません。積んでいる本も大量にあります。
別に文学少年でも文学部出身でもありませんが、ただ本が好きなのです。

というわけで、
読んだ本&買った本を、
簡単な感想やレビューをつけてご紹介
しようと思います

このネタなら、読んでいただける方にも役に立つかと思いますし、備忘録的に自分のためにもなりますからね。

ちなみに、紹介した本については、リアルの知り合いの方でも、「貸して、見せて、触らせて」というリクエストには一切お応えできませんので、すいませんがご了承ください。(いちいち管理ができないので・・・。)

あ、今までのどーでもいいネタ系の記事が好きな方もいらっしゃるかもしれませんので、そのへんは今まで通り、たまに書きたいと思います。

というわけで、これからも本ブログを何卒よろしくお願いいたします!!

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。
※今回の記事も、商標ネタは出てきません。あしからず・・・。

さて、「キン肉マン キンケシ01」のガチャガチャのリベンジをしてきました!笑

で、10連した結果がこちら!!

kinkeshi2

1.バッファローマン(肌色)
2.バッファローマン(赤色)
3.バッファローマン(赤色)
4.ネメシス&ロビンマスク(※ワザケシ)(肌色)
5.ネメシス&ロビンマスク(※ワザケシ)(青色)
6.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(青色)
7.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(赤色)
8.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(赤色)
9.キン肉マン(赤色)
10.ペインマン(肌色)

10回中、5回もワザケシを引き当てるという強運でした!

ていうか、ワザケシだと1カプセルに2体入っているのですが、1体だけ出てくる場合のキンケシと、1体ごとのサイズは同じでした!

つまり、ワザケシが当たると、1体分オトクということになります。

ていうか、通常のカプセルとワザケシが入ってるカプセルのサイズが違うんですよ!
ワザケシだと2体入っているので、カプセルがそのぶん大きいのです。

なので、ガチャガチャの自動販売機の中には、小カプセルと大カプセルが混在していることになります。
1回ごとに違うサイズのカプセルがちゃんと出てくる構造って結構すごいと思うのですが、もしかして特許とか実用新案が絡んでいたりするんでしょうか・・・。

とりあえず、モンゴルマン以外はそろったので、まぁ良かったです。
バッファローマンが出過ぎなのと、肌色のケシがホントに出ないなぁというのが感想です。

それでは皆様、今週もお疲れ様でした!!

おわり


こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。
最初に言っておきます。今回は商標ネタは出てきません(笑)。

さて、先日、街を歩いていた時のことです。
あるお店の前で、ガチャガチャがたくさん並んでいる中、ふと目を引くものが。

なんと!!

キン肉マン キンケシ01

というガチャガチャがあったのです!!

「キンケシ(キン消し)」とは、今のヤングは知らないかもしれませんが、私世代は知らない人はいない・・・というか多分集めなかった人はいないであろう、大人気漫画・アニメ「キン肉マン」のキャラクター消しゴムのことです。

もう30年近く前になるでしょうか。
当時、幼児だった私も、集めに集めました。

近所のスーパーや酒屋に、母親の買い物に付いて行っては買ってもらっていたという感じです(笑)。
あとは、おもちゃ屋さんで箱に30体くらい入ったセットverも売ってましたよね。
こっちは誕生日プレゼントとかに、ねだっていた気がします。
各方面から集めて、全部でダンボール2箱分くらい、大量に持っていた記憶があります。

で、そのキン消しが、「キンケシ01」というネーミングで復活したと!!

パケ写(?)には、「全種新規造形で復活!!」なんて書いてありますしアツい。

そして、今回は以下の超人のラインナップで全18種類(6種類×3色)とのこと。

1.キン肉マン(肌色・赤色・青色)
2.モンゴルマン(肌色・赤色・青色)
3.バッファローマン(肌色・赤色・青色)
4.ペインマン(肌色・赤色・青色)
5.ネメシス&ロビンマスク(※ワザケシ)(肌色・赤色・青色)
6.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(肌色・赤色・青色)


なんでここでペインマン?笑

という気がしますが、あきらかにワザケシが当たりですよね。

ちなみに、昔からキン消しに馴染みのある人はこっちの情報の方が驚くと思いますが。

1カプセル1体 200円

です。

ワザケシは、1カプセルに2体が入っているそうです。

昔はたしか、1カプセル3体で100円だった気が・・・。
これも時代の変化でしょうか。

まぁ、そのへんはファンとしてはどうでもよくて。
私はもちろん、ガチャガチャを回すわけです。

ネメシスかアシュラマン出すで~~~!!

オラァァァァァァァ!

と、意気込んで3回ほど回した結果・・・


kinkeshi1


全部バッファローマンやんけwww

待って、3連続とか普通ある!?!?
いやいや、嬉しいけども・・・。

もちろん、この後、「くそったれえええええ!!(ベジータ風に)」となり、大人の財力でガチャ無双しようかと思ったのですが、残念ながら100円玉の手持ちがなく、近くに両替機もなくてあきらめました。。。

次の休日、リベンジしたいと思います。

おわり









こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

さて、昨日になりますが、現在東京ビッグサイトで開催されている「コンテンツ東京2017」と「AI・人工知能EXPO」の展示会に行ってきました!

昨日の夜にはテレビのニュース番組でも取り上げられていたので、ご存知の方も多いかもしれません。いろいろと興味深いものも多く、とても有意義でした。めちゃくちゃ人が多くて疲れましたが・・・

詳しい感想などは、事務所ホームページのコラムの方に書きましたので、よろしければ読んでやってくださいませ。

ちなみに、明日30日(金)の17:00までやっています。
今からでも、Webで招待券引換証を入手すれば、実質的に無料です。

たまには、ゆりかもめにのんびり揺られるのも気分転換になりますよ。
人工知能やAIマーケティングに興味のある方は、ぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか?

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

突然ですが、急に小さい頃の出来事を思い出しました。

あれは、たしか私が小学4~5年生くらいでした。

当時、私は某学習塾に通っていたのですが、算数のクラスに、なんちゃら君という男子がいました(顔は思い出せるけど、名前が思い出せないごめん笑)。まぁ、違う学校の子だったので、覚えてなくても仕方ないんですけど。

で、彼はちょっと出っ歯で、普段から滑舌があまりよろしくなかったんですね。

あるとき、先生が彼に、たしか三角形の角度の問題を解かせたんです。
そして、次のような受け答えがされました。

「〇〇(名前)~、これは何度になる?」

ハパバーバ。

「ん?なんだ???」

ハパバーバ!!

「ハパバーバ?なんだそれは? ん? 80度?」

「はい」

「おお、そうだな。正解!!」


お気づきの通り、「ハチジュウド」が「ハパバーバ」に聞こえたという話です。

いや、ネタでもなんでもなくて、当時の私にもたしかにそう聞こえました笑
彼、滑舌悪いと言っても、いつもはそこまでじゃないんですよ。普通に会話してましたし。
きっと、彼的に言いにくい音節(?)が奇跡的に重なってしまったのだと思われます。

小学生というのは残酷なもので、それ以来、彼のあだ名は「ハパバーバ」になりました。
(念のため言っておきますが、付けたのは私じゃありませんからね・・・。)
バーバパパみたいなあだ名とか、イヤすぎますね・・・。

そういえば、商標の類否判断で称呼を比較するときには、こういう主体自身の特徴とか属性は考慮されませんよね。滑舌の悪い人が称呼すると似るとか、どこどこ訛りのある人が称呼すると似るとかっていう話は、でてきません。

称呼の類似は、だいたい2000年以後は比較的緩くなり、最近ではよほど似てなければ非類似というケースが多いですが、この「ハパバーバ」の件を思い出して、なんだか「こんなに緩い判断で本当に良いのかな?」とふと思いました。

ていうか、ハパバーバ君元気にしてるかな・・・。
すごく良い奴だった記憶があります。
いま何してはるんやろ。

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

先日、新聞を読んでいたら、広告欄に某週刊誌が掲載されており、

グラビア 小倉優香

のような記載を発見しました。

ムム?小倉優香???
ゆうこりん(小倉優子)じゃなくて???
見間違えた?

と思って、ググったところ、やはり「小倉優香」で間違いないようでした。
最近人気のモデルさんだとか。

さてここで、商標実務病患者は、例によって考えるわけです笑

そう、小倉優子 と 小倉優香 の類否判断を!笑

人名ではなくて、商標であることを想定しての話ですが。

いやまぁ、たしかに称呼の違いが語尾の1文字だけ(しかも共にカ行)ですし、
外観的にも3文字が同じ漢字ですので、基本的には類似の方向なんだとは思いますよ?

でも、「優しい子」と「優しい香り」じゃ大きく意味合いは異なってきますし、
「小倉」の部分の識別力の強弱はどうなの?という話もあると思うのです。
ここでは考慮しませんが、取引の実情があれば重視される可能性だってあります。

そう考えると、基本的には類似とされそうだけど、拒絶査定不服審判まで粘れば、
非類似と判断される可能性もあるんじゃなかろうか、と思うわけですよ。
(ちなみに、ただの「優子」と「優香」だけなら、非類似でしょう。)

まぁ、漢字のケースですし、商品やサービスの前提もないので予測が難しいところですね・・・。
とりあえず、(そんなことありえませんが)依頼人がどちらかを商標として採用しようとしたら、絶対やめさせます笑 

なお、最近のアルファベットの例としては、「Perfect」と「PERFECTO」が第9類で非類似とされた例があります(不服2016-13360)。

商標オタクの皆さんは、どうお考えになりますか?

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

さて、桜のシーズンですね!!
私の大好きな季節です。

東京では先週が満開だったようですが、こちら(神奈川県横浜市)というか、うちの近所では今が一番綺麗に咲いています。

昨日の朝、通勤途中の公園にて撮影。

sakura

前日かなりの雨だったので心配していましたが、ノーダメージといった感じでした
いや~植物ってたくましいですね。

お花見ができるのも、今週末くらいまででしょうか。

それにしても、1年経つのが本当に早い!!

おわり

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

さて、今日は2回目のプレミアムフライデーですが・・・。

正直、「なんぞそれ?」って感じの人がほとんどだと思います

月末の週末になんて、普通に考えたら早帰りなんてできません笑。

朝のワイドショー番組がとったアンケートでは、先月のプレミアムフライデーに早く帰れた人は数%くらいしかいなかったらしいです。まぁ、そりゃそうだ。

そもそも、「早く帰る=消費が促進される」という考え方が、まず正しいのか検証しなければいけないのではないでしょうか。早く帰って寝る人とか、録りためたTV番組を見る人とか、じっくりゲームをする人とか、そういう人も少なくない気がします・・・

家族揃ったから外食・・・というよりは、テーブルを囲んで家でゆっくり団らんという方が、多いような。

でも、こんなことフツーに物事を考えられる人なら、かんたんにわかりそうなものです。まして、推奨している経済産業省とかの賢い人たちが気付かないわけないと思うのです。

そこで考えてみたのですが、あえて月末にしたのは、むしろ人間の心理を突いた作戦なのではないかという気がしてきました。

つまり、

①あえて月末にプレミアムフライデーを設定。

②ほとんどの人が早く帰れない。

③早く帰れない人たちは、

くそったれええぇぇぇぇぇ!!
(ベジータ風に)


となる。

④帰れない人たち、
「むしゃくしゃするから、飲みに行くか」とか
「むしゃくしゃするから、美味いもの食べるか」とか、
「むしゃくしゃするから、我慢してた物を買うか」という流れになる。

⑤結果、消費が促進される。

プレミアムフライデーの目的達成!!

という作戦なのでは?と。
むしろ、帰れない人たちこそがターゲットなのでは?と思うのです笑。

もし、本当にこれが狙いだとしたら・・・。
プレミアムフライデー恐るべし!!ですね。

というわけで、早く帰れた方も帰れなかった方も、今週もおつかれさまでした!!

おわり

こんにちは、横浜の商標弁理士Nです。

半年くらい前に、通勤途中で通る道沿いにあった建物が解体され、更地になりました。その後、再利用されることもなく、みごとに「荒れ地」化してしまっているのですが、先日ふとこちらを発見しました。

hana

お花。

なんの花かはよくわかりません笑

いったいどこから生えてきたんだ?感が満点でした。
だって、ケンシロウとか悟空がバトルしてそうな荒れ地ですよ?笑

おそらく、飛んできた鳥が種子を落としていったのだと思いますが、こんな環境の悪い中で、こんなにキレイに咲くなんて、自然の力とは偉大だと思い知らされました。

力強く咲いている姿は、なんだか勇気をくれますね

お花でもこんなに頑張っているのだから、人間に生まれた私たちは、ちょっとやそっとのことでへこたれるわけにはいきませんよね!!

厳しい世の中ですし、毎日何かとうまくいかないことがある方も少なくないと思います。私もそうです。弁理士受験生の方や、就活中の方は、特にしんどい季節だと思います。

でも、どんなに厳しい環境でも、どんなに状況が悪くても、この花のように、困難に耐えた結果いつかは立派に開花できることを信じて、毎日を大切に生きていきたいですね。

おわり

↑このページのトップヘ