商標弁理士Nの業務外ブログ

横浜市にある商標専門の特許事務所で商標弁理士をやっているNの業務外ブログです。弁理士業務とはあまり関係のない日常のことについて、商標に関する話題をたまに絡めつつまったり綴ります。

カテゴリ: キャラクター関連

こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。
※今回の記事も、商標ネタは出てきません。あしからず・・・。

さて、「キン肉マン キンケシ01」のガチャガチャのリベンジをしてきました!笑

で、10連した結果がこちら!!

kinkeshi2

1.バッファローマン(肌色)
2.バッファローマン(赤色)
3.バッファローマン(赤色)
4.ネメシス&ロビンマスク(※ワザケシ)(肌色)
5.ネメシス&ロビンマスク(※ワザケシ)(青色)
6.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(青色)
7.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(赤色)
8.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(赤色)
9.キン肉マン(赤色)
10.ペインマン(肌色)

10回中、5回もワザケシを引き当てるという強運でした!

ていうか、ワザケシだと1カプセルに2体入っているのですが、1体だけ出てくる場合のキンケシと、1体ごとのサイズは同じでした!

つまり、ワザケシが当たると、1体分オトクということになります。

ていうか、通常のカプセルとワザケシが入ってるカプセルのサイズが違うんですよ!
ワザケシだと2体入っているので、カプセルがそのぶん大きいのです。

なので、ガチャガチャの自動販売機の中には、小カプセルと大カプセルが混在していることになります。
1回ごとに違うサイズのカプセルがちゃんと出てくる構造って結構すごいと思うのですが、もしかして特許とか実用新案が絡んでいたりするんでしょうか・・・。

とりあえず、モンゴルマン以外はそろったので、まぁ良かったです。
バッファローマンが出過ぎなのと、肌色のケシがホントに出ないなぁというのが感想です。

それでは皆様、今週もお疲れ様でした!!

おわり


こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。
最初に言っておきます。今回は商標ネタは出てきません(笑)。

さて、先日、街を歩いていた時のことです。
あるお店の前で、ガチャガチャがたくさん並んでいる中、ふと目を引くものが。

なんと!!

キン肉マン キンケシ01

というガチャガチャがあったのです!!

「キンケシ(キン消し)」とは、今のヤングは知らないかもしれませんが、私世代は知らない人はいない・・・というか多分集めなかった人はいないであろう、大人気漫画・アニメ「キン肉マン」のキャラクター消しゴムのことです。

もう30年近く前になるでしょうか。
当時、幼児だった私も、集めに集めました。

近所のスーパーや酒屋に、母親の買い物に付いて行っては買ってもらっていたという感じです(笑)。
あとは、おもちゃ屋さんで箱に30体くらい入ったセットverも売ってましたよね。
こっちは誕生日プレゼントとかに、ねだっていた気がします。
各方面から集めて、全部でダンボール2箱分くらい、大量に持っていた記憶があります。

で、そのキン消しが、「キンケシ01」というネーミングで復活したと!!

パケ写(?)には、「全種新規造形で復活!!」なんて書いてありますしアツい。

そして、今回は以下の超人のラインナップで全18種類(6種類×3色)とのこと。

1.キン肉マン(肌色・赤色・青色)
2.モンゴルマン(肌色・赤色・青色)
3.バッファローマン(肌色・赤色・青色)
4.ペインマン(肌色・赤色・青色)
5.ネメシス&ロビンマスク(※ワザケシ)(肌色・赤色・青色)
6.アシュラマン&テリーマン(※ワザケシ)(肌色・赤色・青色)


なんでここでペインマン?笑

という気がしますが、あきらかにワザケシが当たりですよね。

ちなみに、昔からキン消しに馴染みのある人はこっちの情報の方が驚くと思いますが。

1カプセル1体 200円

です。

ワザケシは、1カプセルに2体が入っているそうです。

昔はたしか、1カプセル3体で100円だった気が・・・。
これも時代の変化でしょうか。

まぁ、そのへんはファンとしてはどうでもよくて。
私はもちろん、ガチャガチャを回すわけです。

ネメシスかアシュラマン出すで~~~!!

オラァァァァァァァ!

と、意気込んで3回ほど回した結果・・・


kinkeshi1


全部バッファローマンやんけwww

待って、3連続とか普通ある!?!?
いやいや、嬉しいけども・・・。

もちろん、この後、「くそったれえええええ!!(ベジータ風に)」となり、大人の財力でガチャ無双しようかと思ったのですが、残念ながら100円玉の手持ちがなく、近くに両替機もなくてあきらめました。。。

次の休日、リベンジしたいと思います。

おわり









こんにちは。横浜の商標弁理士Nです。


先週の土曜日、東京駅一番街地下1階のキャラクターストリートで開催されている「ぐでたまつり」に行ってきました!!

gudetamatsuri


「ぐでたまつり」ってなんぞ?という方でも、「ぐでたま」という人気キャラクターはご存じかと思います。要は、この「ぐでたま」の期間限定特設ショップのようなものですね。「ぐでたま」と「まつり」の語を結合させて造語ネーミングにしているというわけです。


さて、お店に行ってみると、とにかく人(お客さん)が多かったです(笑)
結構、朝早かったんですけどね、やっぱり人気があるんですね~。

実際、店内にはたくさんのキャラクターグッズが販売されていて、そりゃお客さんもたくさん訪れるわ~と納得しました。


私は付き添いで行ったつもりが、グッズを見ているうちに「これ良いじゃん!!」とか「これ可愛い!!」みたいな高テンションになってしまい、気が付けば包装袋がいっぱいになるくらいのグッズを購入していました(笑)。それだけ威力があるイベントですね。


ぐでたまつりは、明日15日(木)までのようです。
ぐでたま好きの方は、東京駅付近に出かけた際に立ち寄ってみてはいかがでしょう。


<参考情報>
会場:東京駅一番街 B1F 東京キャラクターストリート内イベントスペース「いちばんプラザ」
 期間:2016年12月1日(木)〜2016年12月15(木)
 時間:10:00〜20:30(※最終日は18:00まで)


キャラクターといえば、人気スナック菓子「ベビースターラーメン」の男の子と女の子のマスコットキャラクターが年内に引退するといったニュースが出ていましたね。


私も小さい頃から親しんできたキャラクターですし、このキャラクターのイラストを一見するだけで「ベビースター」という商品だと認識・判別できるほどの商標的機能も持ち合わせていたと思いますので、個人的にはとても残念ですね。


最近、昔から親しんできた場所とか物とか、どんどんなくなっていくような気がします。
時代の流れで、ある程度はしかたないとは思いますが、寂しい限りです。


おわり

こんにちは。
(※本日の記事は、昨日書きためたもののペーストです。)


さて、今年もご当地キャラクターの総選挙、「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が開催されており、結果が発表となりました。

ゆるキャラRグランプリ2016 結果発表!

グランプリは、高知県須崎市所属の「しんじょう君」でした

昨年4位からアップのグランプリですね!
昨年と比べると、ベスト10も大幅に入れ替わっているようです。

で、我らが日本弁理士会が擁するキャラクター「はっぴょん」ですが。

・総合450位(1,421体中)
・企業・その他178位(579体中)


という結果でした。

ちなみに昨年は、

・総合377位(1,727体中)
・企業・その他126位(635体中)


でしたので、ちょっとランクダウンしてしまいましたね・・・

でも、全体数からすれば、かなり健闘した方だと思います。

弁理士という職業、弁理士という仕事を一般の方にもより知っていただけるよう、はっぴょんの活躍には今後とも期待しています

皆様も、どうぞ「はっぴょん」をよろしくお願いします!!

おわり

こんにちは。


さて、私も毎週楽しみにしている「ドラゴンボール超」のTVアニメですが、
現在、「未来トランクス編」が絶賛OAされています。

あ、ご存じない方のために一応言っておくと、この「トランクス」というのは、
パンツの種類のことではなくて、登場人物のキャラクター名のことです。

ゴクウブラックなる謎の強者に苦戦しているトランクスでありますが、
実は商標登録でも苦戦していたようです(笑)。

というわけで、商標には全く関係ないネタと見せかけつつ、
今回はある審決例(不服2015-1686)をご紹介します。

審決の内容の前に。
事件の概要は、以下の通りです。

①「トランクス」という商標が、第25類の商品を指定して、平成26年4月4日に登録出願された。

②3条1項3号、4条1項16号を理由に、拒絶理由通知が出された。

③指定商品が、第25類「洋服,コート,セーター類,ワイシャツ類,寝巻き類,水泳着,水泳帽,
キャミソール,ティーシャツ,エプロン,靴下,手袋,ネクタイ,バンダナ,マフラー,耳覆い,
ナイトキャップ,帽子,バンド,ベルト,ガーター,靴下止め,ズボンつり,履物,靴類,仮装用衣服,
運動用特殊靴」に補正された。意見書も合わせて提出された。

④意見書の内容が認められず、拒絶査定となった。
拒絶査定の理由は、以下の通り。
******************************************************************************************
本願商標は,「トランクス」の片仮名を標準文字で表してなるところ,「トランクス」は,
「運動競技で用いるパンツ」及び「男子用の下着」の普通名称して広く認識され,
使用されているもの
である。

本願商標の補正後の指定商品は,いずれも,日常的に消費されるものであって,
その主たる需要者は一般的な消費者であり,これらの商品には比較的安価なものも存する
ことからすると、これらの商品の選択,購入の際に払われる需要者の注意力は,
必ずしも常に高いとはいい得ない取引の実情があるといえる。

そうすると,需要者は,商品の細部を検討した上で,商品を選択するとはいえず,
「運動競技で用いるパンツ」や「男子用の下着」の普通名称である「トランクス」の文字から,
本願商標を付した補正後の指定商品を「運動競技で用いるパンツ」や「男子用の下着」として
認識するおそれがあることは否定できない。

したがって,本願商標は,これをその補正後の指定商品に使用するときは,
商品の品質の誤認を生じさせるおそれがあるというべきであるから,
商標法4第条第1項第16号該当する。
******************************************************************************************

・・・・・・・。

ドラゴンボールを知らない人がこの事件を見ると、「なんでこんな商標を出願したの???」
と思うのが普通だと思いますが、要はキャラクター名として保護すべく、出願されたものでしょう。

「未来トランクス編」が始まるので、人気が出て大規模なグッズ展開もあり得るから・・・、
というのが出願理由かはわかりません。ただ、出願日を考えると、この時点ではまだ
「未来トランクス編」の構想はなかったのではないかと個人的には思います。

で、この「トランクス」。

出願人としてはキャラクター名を意図してるのに、パンツの普通名称と同じだったために、
「パンツ以外の指定商品に使用すると、需要者がパンツだと品質を誤認する」という理由で、
4条1項16号を理由に登録を拒絶されてしまったわけです。
事情を知っているとちょっと笑えますが(スミマセン)、気の毒な拒絶査定だと思います。

そこで、出願人は、拒絶査定不服審判を請求しました。

審決では、「Tiara」事件(知財高裁平成27年(行ケ)第10162号同年12月25日判決)
を引用し、これを本事件に当てはめた結果、4条1項16号には該当しないとして、
「トランクス」の商標登録が認められました

******************************************************************************************
商標法第4条第1項第16号が「商品の品質の誤認を生ずるおそれがある商標」について
商標登録を受けることができないと規定しているのは,商標を構成する文字,図形等が
直接的に特定の商品の特性を表示したものであるため,当該商標が特定の商品以外の
商品に使用された場合に,取引者,需要者が商品の品質を誤認して,商品を購入することが
ないように取引者,需要者の保護を図ることにあるものと解される。

そうすると,本願商標が商標法第4条第1項第16号に該当するというためには,
取引者又は需要者において,本願商標の構成から将来を含め一般に認識される特性を有する
特定の商品と指定商品とが関連し,かつ,本願商標が表示している特定の商品の特性と
指定商品が有する特性が異なるため,本願商標を指定商品に使用した場合に,
本願商標が使用された「商品の品質の誤認を生ずるおそれ」があることを要する
ものと解される(知財高裁平成27年(行ケ)第10162号同年12月25日判決)。

イ そこで,本願商標の構成から一般に認識される「男子用の短いパンツ(下着)」ないし
「(ボクシングや水泳等の)スポーツ用の短いパンツ」の商品である「トランクス」と
当審指定商品との関連性について,以下検討する。

(ア)本願商標の構成から一般に認識される「男子用の短いパンツ(下着)」ないし
「(ボクシングや水泳等の)スポーツ用の短いパンツ」の商品である「トランクス」は,
汗等をとり汚れを防ぐためのもの(下着)又はスポーツ用のものであり,下着類製造業者又は
スポーツ用衣服製造業者によって製造され,主として下着専門店若しくはその売場又は
スポーツ用品店若しくはその売場において販売されるものである。

(イ)他方,当審指定商品中の「洋服,コート,セーター類,ワイシャツ類」は,
日常生活において表着として用いられるものであり,衣服製造業者によって製造され,
主として紳士服・婦人服・子供服を取り扱う衣料品店若しくはその売場で販売されるものであるから,
「トランクス」とは,具体的用途,生産部門,販売部門において相違する。

(ウ)当審指定商品中の「エプロン,靴下,手袋,ネクタイ,バンダナ,マフラー,耳覆い,ナイトキャップ,
帽子」は,日常生活において,衣服の汚れを防ぎ(エプロン),身体の一部に着用することで
寒さ等を防ぎ(靴下,手袋,マフラー,耳覆い,ナイトキャップ,帽子),衣服を装飾するためのもの
(ネクタイ,バンダナ)であり,各商品の製造業者によって製造され,主として衣料品店若しくは
その売場又は日用品店若しくはその売場で販売されるものであるから,「トランクス」とは,
具体的用途,生産部門,販売部門において相違する。

(エ)当審指定商品中の「バンド,ベルト,ガーター,靴下止め,ズボンつり」は,主として
身体を装うことによって,ズボンや靴下がずり落ちないように保持するためのものであり,
衣類製造業者や皮革製品製造業者によって製造され,主として衣料品店若しくはその売場又は
日用品店若しくはその売場で販売されるものであるから,「トランクス」とは,具体的用途,生産部門,
販売部門において相違する。

(オ)当審指定商品中の「仮装用衣服」は,仮装用のものであり,注文服製造業者によって製造され,
主としてイベント用品店若しくはその売場又はおもちゃ店若しくはその売場において
販売されるものであるから,「トランクス」とは,具体的用途,生産部門,販売部門において相違する。

(カ)当審指定商品中の「履物,靴類,運動用特殊靴」と「トランクス」とは,商品の具体的用途,
生産部門及び販売部門において,明らかに相違する。

そうすると,「トランクス」と当審指定商品とは,いずれも,用途,生産者,販売場所が異なる等,
両者が互いに関連する商品とはいえないことから
,本願商標を当審指定商品に使用しても,
商品の品質の誤認を生ずるおそれはないというべきである。
******************************************************************************************

ひとまず、登録になってヨカッタですね(笑)。

実は、代理人となる我々弁理士にとっても、本事件の論理展開の仕方は、
4条1項16号対策として非常に勉強になるものだと思います。

ありがとうトランクス、アニメ本編でも頑張って!!


おわり

こんにちは。

最近、日曜日の朝9時に、「ドラゴンボール超」というTVアニメが
放送されているのをご存知でしょうか。ちなみに「超」と書いて、「スーパー」と読みます。

「ドラゴンボール」という人気漫画やアニメの存在は、
おそらく日本人であればほとんどの人が知っているのではないかと思います。

で、働き盛りの男性は、世代的に「ガンダム世代」、「ドラゴンボール世代」、
「ワンピース世代」に分かれるそうですが、私は「ドラゴンボール世代」ド真ん中の人間です。
小さい頃から大好きな作品です。

「ドラゴンボール超」は、完全オリジナルとしては(劇場版を除いて)、
実に20年近くぶりの新作ストーリー作品になろうかと思いますので、
私も毎週楽しみにして(録画して)見ています。

それで、おそらく誰もやらないであろう「ドラゴンボール」関連商標を検索してみました(笑)。
ざっと調査したものなので、検索漏れもあるかと思いますが、
検索の結果、以下のような商標が発見されました(商標調査報告書風に)。

【キャラクター名】
・「孫悟飯」(登録2683100)   cls. 9,28  株式会社集英社
・「孫悟飯」(登録5675636)   cl.25  株式会社集英社
・「ベジ-タ」(登録2683099)  cls.9,28  株式会社集英社
・「ベジータ」(登録5675635)  cl.25  株式会社集英社
・「ピッコロ大魔王」(登録2683098 ) cls.9,28  株式会社集英社
・「ピッコロ大魔王」 (登録5675634 )cls.25  株式会社集英社
・「トランクス」(登録2690944)     cls.9,28  株式会社集英社

【技名・用語】
・「界王拳\かめはめ波」(登録2647505)  cl.28  株式会社バンダイ
・「元気玉」(登録5440581)           cls.9,16,25,36,41,44  株式会社集英社
・「元気玉」(登録2683101)           cl.28  株式会社集英社 
・「ス-パ-サイヤ人」(登録2582481)    cls.9,28  株式会社バンダイ
・「天下一武道会」(登録3268339)      cl.28  株式会社バンダイ

・・・・・・。
人気キャラクターで造語性が高いものについては商標登録を受けた、
といったところでしょうか。

「界王拳\かめはめ波」は集英社ではなくバンダイが登録していますが、
これは区分から察するに、玩具の商品名ではないかと思います。
「ス-パ-サイヤ人」もバンダイが保有しているというのは、興味深いですね。

キャラクターの人気度でいえば、フリーザとかクリリンとかナッパについては
商標登録されていてもおかしくないかなと思いましたが、見当たりませんでした。

ちなみに、以下おまけの紹介です。

・「そんごくう\孫悟空」(登録0778677) cls.9,15,20,24,25,28 株式会社手塚プロダクシヨン など
・「くりりん\栗凛」(登録5499973)  cl.33  瑞鷹株式会社
・「やむちゃ」(登録0762123)      cls.29,30,31,32  株式会社銀座らん月
・「ラディッツ\RaDiTTS」(登録5388115 ) cls.5,40  田辺三菱製薬株式会社
・「NAPPA\ナッパ」(登録5339022) cls.9,42 株式会社南州電設
・「FREEZA\フリーザ」(登録5144310) cl.30 株式会社明治 など
・「セル」(登録1863616) cls.18,25 株式会社アシツクス など

商標「ナッパ」と「ナッパよけろ」は類似だと思いますか?非類似だと思いますか?


おわり

↑このページのトップヘ