こんにちは、横浜市の商標弁理士Nです。

たまには、商標についての話をしたいと思います。笑

中国の今年上半期の商標登録出願数は、227万6000件と言われています。
年間にすると、500万件に達する勢いのようです

一方で、日本の昨年(2016年度)の商標登録出願数は、約16万件
おそらく、U氏やBL社の出願件数も含まれているので、実質的には14~15万件くらいでしょうか。

約30倍くらいの違いがありますね

もちろん、人口の違いもありますけど。

日本でも、もうちょっと多くても良いと思うのです。

保険には入るのに、なぜ多くの事業者は商標登録をしないのでしょうか

最近は、メディアでたびたび「他人の商標の先取り出願」が大きく話題になるにもかかわらず、です。

心配になって商標登録に関心を持った経営者の方々も少なくはないでしょうが、多くの方は「自分が巻き込まれることはないだろう」で済ましているような気もします

たしかに、商標登録は義務ではありませんし、お金もかかります。
こんなご時世ですので、予算をかけられないのも痛いほどわかります。

でも、商標登録をすれば、安心・安全に商標を使えるというだけでも、私のような心配性経営者にはとてもありがたいメリットです。お金だって、一見高いようですが、10年分と考えればそうでもありません。特許事務所に依頼した場合の手数料を含めても、1日分にすれば缶ジュース1本分にも満たない金額ではないでしょうか。


経営者の皆様、ぜひもっと商標登録に注目してください!!


とはいえ、事業者に商標登録の重要性や有効性を呼びかけるのも、我々弁理士の使命・・・。
それが世の中であまり認識されていないのなら、むしろ我々の頑張りが足りないのかもしれません。

そのへんも、頑張っていきたいところですね

おわり