約3ヶ月ぶりの更新です.自粛明け,E-M1 MarkIIIの慣らし運転と前日に入手したばかりのSIGMAの56mmの試用を目的に訪れたのは梅宮大社.ちょうどアジサイが見頃になっていました.

自粛期間前に散々迷いながらもメイン機材を6年振りに新調.MarkIIIになっても自分にとってはそれほど新鮮味のない性能に加え,オリンパスがカメラ事業を...というニュースが飛び込んできた今,SかFに鞍替えしておくべきだったかな,と思うこともありますが,ボディを含めシステムのコンパクトさはマイクロフォーサーズの強みで,それこそが当時フルサイズと決別した理由でした.

レンズ次第で弱点のボケもある程度克服できることを,この日の撮影でも再確認できました.今回掲載した写真は2枚を除き全て56mmで撮影したもの.開放でもピント面はシャープな写りで,口径食の影響が少ないのも好印象です.

今後のオリンパスの動向が気になるところですが,今の機材で撮影を楽しみたいと思っています.

P6080272

P6080274

P6080286

P6080289

P6080298

P6080383

P6080395

P6080398

P6080408

P6080447

P6080456

P6080468

P6080472

P6080504

P6077715

P6080566

P6080632

P6080740

P6077737A

撮影日: 2020.6.7
撮影場所: 梅宮大社 (京都府京都市)
撮影機材: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
SIGMA 56mm F1.4 DC DN
現像SW: ISL SILKYPIX Developer Studio 9