2007年02月

2月20日(火)

入院22日目

朝の回診で嫌がりながらも口を開けて診察が出来た。やはり大きな口内炎があり、痛みや炎症をおさえるうがい薬(EAガーグル)を使ってみようかという話が出た。

朝食はチョコスティックパンとカップうどんを食べた。

食べた後眠くなってしまったから、朝分の薬が飲めず…
寝ている間に買い物に行って、帰って来るとシーツ交換の為に廊下に出ていた。寒かったようで、バスタオルを肩からかけてもらい、椅子に座っていた。シーツ交換の後もダルくてまた寝てしまった。

12時前に、

『おでこが痛い』

って言って、アイスノンを欲しがった。熱を計ると37.7度だった。

少しして起きて、

『何か食べたい』

ってチョコビ1箱を前歯でサクサク(口内炎で痛いから)食べて、

『お腹空いちゃった』

ってカップラーメンを1/3食べて、DSでムシキングをやり始めた。ゲームをやる気力が出て来たようでホッとした。

朝から昼までダルくて起き上がれなくて、オムツにオシッコをしていたから、漏れてしまって、着替えついでに体拭きもした。

また少し寝て、20分位マリオ対戦して、ゴロゴロしていた。その表情は何だかとっても不安そうだった。髪の毛が抜け始めたのが気になり始めたのかな…




2月19日(月)

入院21日目

白血球 100
赤血球 2240000
ヘモグロビン 6.5
血小板 30000
LDH 137
AST 12
ALT 104
γ-GTP 25
CRP 0.4

気分は相変わらず…

今日枕に髪の毛が抜け落ちているのを見つけた。

医師の話。白血球はグランを使ってはいるが、骨髄移植をしているので、立ち上がりに時間がかかるかもしれない。
ビタミン不足が心配なので、栄養の点滴をする。気分のむらはデキサートの影響が大きい。デキサートは今日で終わるけど、薬の効きが長い為に、明日くらいまで続くかもしれない。引き続き感染症に注意。デキサートでCRPが抑えられている可能性があるので、熱の動きに注意。

夕食一時間前にお腹が空いて、口が痛くてお菓子が食べられないから、ポケモンヌードル食べたいって、麺だけ全部食べた。その後は少しゲームして横になった。

夜中は久し振りに一時間おきにオシッコで起きた。数日便通がないので、ラキソベロンを使ってみようという話になったが、薬の到着が遅れて眠ってしまった。オシッコで起きた時に飲まそうと思って、本人も

『嫌だけど飲む』

って言ったから用意したら

『飲まない』

と泣かれ、結局飲めず…



2月18日(日)

入院20日目

朝、7:30頃に起きたけど、

『ゲキレンジャーも電王も見たくないから、違うのにして!!』

って言うし、何か嫌な事があると、すぐメソメソ…

食前にPINO3粒、朝食はカップ麺。薬の話をすると、アロシトールだけがいいと泣き、

『かんごくさんいないで!!先生もいない方がいい!!』

と泣き叫んで、朝の回診も拒否…食後にまたアイス食べたいって言うから、

『さっき食べたからダメ』

って言うと、手がつけられない程大泣きしていたから、私が病室を出て少しほっといたら、諦めて落ち着いたようで、病室に戻ると、私の姿を見てまた騒ぎ出した。

『じゃあ、お薬飲めたら、ご褒美でアイス食べる?』

って言ったら、何とか納得した。

薬の前に抱っこしてたら、

『いっぱい治療頑張ったら、いっぱいギュウしてくれる?』

って言うから、

『いっぱい治療した後じゃなくても、いっぱいギュウしてあげるよ!!hideちゃんは何も心配しなくていいからね!みんながついてるから。』

って言ったら、少し落ち着いた。

約束通りグリベックとアロシトールを飲んで、アイスを1/3食べて、少し笑顔が出たけど、その後また眠った。午前中は何もしないで、ずっと寝ていた。

今日は東京マラソンの影響で、各所で通行規制があり、パパ達の到着が遅くなりそうだと連絡があったので、私はhideが寝ている間、hideが使っている薬の副作用等をプリントアウトしたものを読み返していた。

そこで、ここ数日のhideの不安定な精神状態の理由が分かった。

数日使っているデキサートというステロイドの薬は、精神変調、うつ状態等の副作用がある事を思い出した。デキサートは前回使っておらず、身体的な副作用に注意が向いていて、精神的な副作用の事をすっかり忘れてしまっていた。

薬の副作用だろうと思ったら、少し気持ちが楽になり、しっかり受け止めてあげようと改めて思った。家族にもその事を伝えて、これは一時的なものだと思うから、と言うと、家族も少しホッとしたようだった。

パパが到着しても、

『パパあっち行って!!』

と冷たく言い放ち、パパを病室から追い出していた。

早く落ち着くと良いな…




2月17日(土)

入院19日目

朝7時前に起きて、オシッコ漏れてるからズボン交換して欲しいって言われたけど、下着まで濡れていたから全部お着替えした。

ビスケット食べたいって開けたものの、想像していたものと違ったようで、

『やっぱり違った…』

って食べるのをやめて、トマトベーコンパンを一口食べては

『おいしい!でもお口痛い…』

を数回繰り返す。口内炎が痛むようだ。

それでも、

『アイス食べたい』

ってPINOを4粒食べた。
朝食は食べず。

『ぼく、また入院になっちゃったよ…早くお家に帰りたいよ…』

って抱っこしてしがみつきながら言った。
しばらく抱っこしていると、

『眠くなっちゃった』

ってベッドに横になった。

朝分の薬を飲みたくないと大泣き&大暴れして、看護師が何を言ってもダメで、ひとまず保留に。

ボランティアが来たけど、ずっと寝てた。

午後も相変わらず機嫌が悪くて…

白血病が少ないものの、気分転換に数分ならとkazuのところに行く事を許可され、5分だけ一緒にいた。

kazuと一緒にいる時は笑顔も出て、いつものhideなんだけど、病室に戻るとテンションは一気に下がってしまう…

夕飯はスパ王のミートソースが食べたいって言っていたけど、たらこしかなくて、コンビニに探しに行っても、スパ王はなく、別のミートソースを買っていくと、

『これじゃない!!』

って泣くから、結局カップうどんを食べる事で落ち着いた。

昼分アロシトールを18:30に、夜分アロシトールを20:40に飲んで寝た。

夜目を覚まし、

『おかあさんと寝たい』

って泣き叫ぶから、側に行ってトントンすると、突然

『おかあさんと一緒に寝たくない!!あっち行って!!』

と暴れ、殴る蹴るされてしまった…

寝言も泣き叫んでいたし、不安定なhideの精神状態を実感させられた夜だった。



2月16日(金)

入院18日目

白血球 100
赤血球 2570000
ヘモグロビン 7.7
血小板 24000
PT 11.7
PTコントロール 9.9
PT活性 76.9
PT-INR 1.17
APTT 47.2
APTTコントロール 27.3
フィブリノーゲン 408
フィブリン分解産物 2.8
Dダイマー 0.65
総蛋白 6.1
アルブミン 3.9
尿素窒素 9
クレアチン 0.21
尿酸 1.4
ナトリウム 138
カリウム 4.1
クロール 104
カルシウム 8.9
LDH 222
AST 66
ALT 268
γ-GTP 25
総ビリルビン 1.0
CRP 1.4

朝、お腹が痛いと言って、顔も青ざめていたので、母親が心配していたのに、後で

『お腹痛いのは嘘』

と言い出し、先生達に嘘はつかないでねと言われたらしい…

しかし、夕方頃から時々お腹が痛いと顔を歪めながら言っていた。波があるようで、激痛数秒の後、落ち着くを数回繰り返していた。

今日の主治医の話は、CRPが1.4に上がっているのが少し気になり、ステロイドを使っていると、発熱しない場合もあるので注意して見ていく。腸内は菌がゼロにはなかなか出来ないので、白血球も少ないし、オンコビンもグリベックも使っているので、何らかの影響が出ている可能性も考えられるが、今腸はゴロゴロしているところと、そうでないところがあるから、敏感に反応して痛みを感じる事もある。必要に応じて痛み止めの薬を使う事も考えましょう、と。

17:30頃また痛がり、ウンチするって言っておまるにまたがると、コロコロが出た後は、ユルユルがたくさん出た。
それ以降は強い痛みが落ち着いて一安心。

夕飯はポケモンヌードルを2/3食べて、薬はなかなか飲みたがらず、20時頃にやっと飲んだ。

20:40、『一緒に寝よう』って言うから、トントンしてあげたら、『おかあさん、泊まってくれてありがとう。』って言って寝た。

夕方から血小板輸血。



プロフィール

astro1103

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ