(848) 茅野横河(長野県茅野市)

6時半起床 体は重いけど心は軽めの私
彼が入れた朝食のコーヒーは美味しかった

上諏訪駅7時40分発隣り駅・茅野駅7時46分着
バス停へ(昨日!彼がバスを確認済)往きの切符を購入460円

茅野駅7時55分発8時10分下車・・・・
(数日前!乗車予定のバス便が消滅 次の便は10時20分発
バス停近くにJAの店(8時オープン)
渋柿(干し柿用)新米それぞれ5キロ重いので諦めた

小学校の体育館は9時開場ひなたぼっこで待機
我ら高齢者はスターートまで徒歩25分若者たちは地図を手に5キロ以上

11時前二人で出発目の前に現れた長く続く山々は紅葉
正に!色取り取り彼は心地よさそうに鼻歌
けど!途中からずーっと登り 息切れ
25分以上!かかってやっと着いた

W60A 1,6キロ アップ100m 7個 M70A 2,1キロ アップ140m 12個
(二人ともに7500分の1) 

11時半過ぎ私がスタート
スタートフラッグまで延々と続く登り1番は更に登る
大きなミスなく・・・・トロトロと進む私
5番では進むべき小径が見つからずウロウロ! ミスタイム 3分
(あと!ちょっと)コンパスを見ずに沢を下った私
あったのはちゃう番号 
北上せなっ!あかんのに東へ進んだことに気づいた
尾根を必死で登ると特徴的な尾根地図で現在地判明遂に6番
7番へは尾根の小径を下り途中から北へ100m直進足場が悪い
狭い!テープ誘導路 50分を切ってフィニッシュ

会場まで下りで徒歩15分
体育館に彼の姿なし・・・・・私より10分ほど後にスタートした彼
(今日も暴走)と予見した私

今日の彼は大きなミスはなかったけどミスを連発
タイムは50分超え

地図返却など待ち時間・・・・・
午後3時18分発バスオリエンティアで満員
午後3時40分下車整理券の発券が遅れた
当然彼は交渉460円

茅野駅16時20分発あずさ26号指定席
ビールとコーヒーで乾杯?
新宿駅18時34分着・・・・・

今日のテレインも標高1000m以上
酸素濃度は9割弱 今日も行き帰りは遠かった
私は二日続けて時間内完走 暗ーいトンネルから脱出
反対に最近!絶好調の彼は暴走で悔いが残った二日間

(847) 茅野市千駄刈の森2018(長野県)〜2回目〜

初回は2012年7月14日 WBに参加
今回はW60A 目下!山オリエン連続5回 time over
なんとしても「負の連鎖」を断ち切りたい

秋の信州はハイキングなど人出が多い
それで先月末に指定席を取った彼

5時半起床
新宿駅7時発スーパーあずさ1号指定席茅野駅9時8分着
駅で荷物と待機の私・・・9時半軽のレンタカーが彼がやって来た
彼曰く「レンタカーの会員になったのは茅野店
(新車の軽は12時間2400円 カーナビ標準装備で+540円
茅野駅は標高約800m!更に車はどんどん!山を登る
目的地近くは霧会場は八ヶ岳ロープウエイそばのレストハウス(スキー場の食堂)
やがて霧は晴れて快晴

二人のスタート時間は約30分離れてる
先に彼が出て行った 正午前に私もスタートへ
スタートまで徒歩40分 10分も歩くと山登り
空気が薄い しかも!足元には苔むした石がゴロゴロ
頑張って!40分歩いた私

W60A 2,0キロ アップ65m 9個 (M70A 2,2キロ アップ65m 11個)
2番→3番 直進に失敗 小さな池を見て修正
ミスタイム 3分(本日最大のミス

小径を多用する私のルートチョイス走力もない私のタイムはそれなり
5番では違和感を感じながら追走
あったのはちゃう番号 修正に尾根を100mも登る

6番→7番 直進を避けて四辺形の三辺ルート
それは無駄にダウンアップ
(下りでもたつく私登りは息も絶え絶え
それでもラストフィニッシュ頑張って1時間を切った
競技時間 90分をクリア 万歳の気分

喜びもつかの間 フィニッシュから会場まで遠かった
地図を片手に アップダウン多し
地図には徒歩約30分 疲れた私は35分

会場には彼 1番で超大ツボ ミスタイム 約20分
1番は私の1番と同じ彼はいきなり直進結果は失敗
修正に走り回った彼

午後2時45分会場を出発
午後3時20分茅野駅着・・・・彼は車を返却に!
電車を待つ間に二人で駅そば
茅野駅16時8分発隣り駅の上諏訪駅16時14分着
コンビニで軽めの夕食を買って 駅近のホテルへ

今日の楽しみは7階最上階の展望温泉
二人で温泉へ温泉は硫黄臭
どちらも温泉に先客なし 極楽極楽

標高1800mのテレインの酸素は地上の80%
酸欠彼は暴走悔いの残る結果
(私の7個は彼と同じでよー似たコース)

マップのサブタイトルRock*n *Roll
苔むした石の上で何度か!こけた私
斜面では頭が上になり起き上がるのに難儀した

 駅⇔会場
私らはレンタカー軽利用(片道約35分)込みでも約3300円
路線バス 片道1250円 往復割で2200円(片道50分)
彼が検討した結果レンタカー利用
(因みに!翌日乗車した路線バスは同じ路線

(10) 悪医

久しぶりにフリーな週末 それは先週から始まっていた!
3日10年ぶりに神田古本市へ
ホンマはすずらん通りの古本市が目当て・・・・けど、先週末に終了
目に入る本はいずれも読んだ本
(中には読んだかどうか不明な本も)
明らかに読んでない本がこれ(彼の本は何冊か読んでる)

「悪医」 久坂部羊著 1700円+税 古本 500円

早速翌日から読み始めた
読み始めてショック内容があまりにも深刻
作家が医者 よって!凄く!リアルに感じた心はブルーに
主人公は医者と患者
医者の言い分も分かったような気がするけど
私の本音を代弁するかのような患者の発言
私の心は千々に乱れ とても続けて読めへん
一日で読めたけど でけるだけ冷静に3日かけて読んだ

結末は予想外
それにしても暗ーい気持ちになってしまった私

(846) 板小屋林道(静岡県富士市)

2時間のオリエン疲れは当然!回復せず共に重ーい

7時起床食堂で顔見知りにあいさつ
8時彼はレンタカーショップへ徒歩2キロ以上
(部屋で待機してた私は彼の荷物を持ってチェックアウト
8時40分過ぎ出発今日はカーナビなし揉めて遠回り(距離 18キロ)
9時半過ぎ「富士山こどもの国」駐車場着

青空会場は広大な芝生エリア快晴で日差しが強い
11時前私は一人でスタートへ予定より早く!15分足らずで到着

全日本ミドル大会
私 2.5キロ アップ95m 12個  彼 2,3キロ アップ55m 12個
競技時間 70分
彼より長い距離・アップも多い
どない考えても時間内完走は無理

4番まではマイペースでそれなりテープ誘導で道路を渡った
ここで私は魔界に突入
5番はオーバーランしかも現在地確認を失敗更に彷徨う私
6番は近くでウロウロこれまた!地図読みの甘さが原因
7番地図読みが完全にちごた
8番・・・・アタックポイントが分からへんまま彷徨う私

9番以降はマイペース 青空会場にフィニッシュ 2時間を僅かにオーバー
予想どおりにタイムオーバーでDISQ

既に着替えていた彼優勝設定タイムとほぼ同じ約30分
手元には表彰状と賞品と「こどもの国入場券」2枚

午後2時半会場を出発
午後3時新富士駅で荷物と私は下車
彼はレンタカーを返却へ 幸い!帰りは新富士駅まで送迎

暑かったのでホームでビールを飲んだ私ほろ苦かった
新富士駅15時36分発こだま685号東京駅16時40分着
夕食で彼の優勝を祝った

彼のコースを見てビックリ
ロングレッグはなくて!スプリントのようなコース
しかも私にとって魔界になったエリアは含まれず
彼のコースはW70M80と同じ
私のコースはW50と同じ
二人のコースが逆なら私も楽しめたのに
これで山オリエンは連続5回タイムオーバー

(845) 村山・日沢(静岡県富士宮市・富士市)〜2回目〜

初回は2013年9月23日
東京駅8時26分発こだま639号新富士駅9時34分着
駅前のレンタカーショップへ軽を予約が!相手の都合で普通車
9時50分出発カーナビ標準装備そやのに!彼は自分の信念を貫き!
2度カーナビに従わず(ナビの補助役の私のナビも無視
10時半駐車場着(走行 18キロ?)

曇天何とか!雨は降らず
今日は参加クラスが少なくて・・・・
私 WB 2,7キロ アップ110m  10個
彼のMBと同じコース 
(掲示板スタートフラッグまでの300mが含まれてない!)

スタートまで徒歩10分ほど
正午過ぎ彼がスタート
12時半過ぎスタートの私
スタートフラッグの変則?交差点で進むべきなんでか小径が決まらへん ミスタイム4分

2番→3番 遠回りした挙句深い渓谷!を面前に・・・・・渡れる場所を探す  ミスタイム 15分

5番 植生界 近くでウロウロ オーバーラン 痛恨のミスタイム 20分以上

その後も小さなミス2個 詰めの甘さ(地図読みの甘さ)を痛感
フィニッシュ タイムはかろうじて!2時間を切ったタイム
(競技時間 90分 今日もタイムオーバー
会場まで二つも山越え 徒歩30分
しかも会場近くでツボった 先行の香港の男性に英語で話しかけられても英単語が浮かべへん

駐車場の車に彼の姿なししかもドアはロック
長ーい階段を上って計センへ

やがて戻って来た彼は表彰状を手に!
タイムは1時間ちょっと 賞品は静岡県内の焼肉店の商品券

午後3時40分会場を出発
富士市内の大型スーパーで買い物
富士駅前のホテルに午後5時前チェックイン!
彼は新富士駅前のレンタカーショップへ返却 30分歩いてホテルへ戻って来た

午後7時過ぎには寝てしもた私
二日間大会の初日に2時間 もうグッタリの私
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ