5月15日(火)の深夜、AV業界に激震が走った。

 

その日、僕がお世話になっているエレキコミックのやついいちろうさんがMCを務めているnottvの深夜トーク番組「エんダン」のゲストに写真家の照沼ファリーザが来たのである。


 1106114675


AVファンなら知っていると思いますが「照沼ファリーザ」はAV女優「晶エリー」のもう一つの顔である。この日は写真家として出演しており最初は自分が撮った写真集の撮影秘話(民宿に泊まり勝手にそこの犬小屋で裸で撮影してしたら民宿のおじいちゃんに見つかったので何事もなかったように立ち去った話など)をしていたのだがAVに関してはノータッチであった。

 

しかし突然にファリーザが「私、先週AVを引退したんです。」とカミングアウトしたのだ!そして髪の毛を掴むとスポッと髪の毛が外れたのである。そう、カツラだったのだ。「引退作品で丸坊主にしたんです」と笑顔で言うファリーザ。

0c7baa13


「すごい頭の形がいいですね!手塚治虫先生の火の鳥に出てくる子だ!」となぜか頭の形にテンションが上がるMCのやついさん……しかしAVファンの僕としては照沼ファリーザもとい晶エリーの突然のAV引退宣言に頭が真っ白になったのであった。

 

晶エリーと言えばAVでのNGが一切なく、SM、スカトロ、大量ごっくん、レズ、露出、ホームレスとSEX…などほぼ全てのジャンルのプレイをなんでもこなしてきたオールラウンドプレイヤーである。そんな彼女のことを僕は敬意を込めて「AV界のグラップラー刃牙」と呼んでいたのだ。

 

2005年にKUKIから「大沢佑香」の名前で美少女系としてデビューしてから7年間ずっとAV界で伝説を作り続けてきた彼女がついに引退してしまったのだ。

 

晶エリーの引退発言を聞いた日からもう僕の頭は晶エリーのことで一杯になってしまい仕事も手に付かないので家にある晶エリーの作品を片っ端から観直すことにしました。

 


そして久しぶりに観てやはりスゴイと思ったのが今回紹介する大沢佑香時代にDogmaで星月まゆらと共演した作品「ゲロ浣腸エクスタシーX」である。


avgl130pl

 

この作品は200811月に発売されAVGPAVグランプリ)2009に出展された作品なのですが、今から4年も前から既にこんなに可愛い子が超ハードな事をやっていたんだなぁと改めて彼女の偉大さに気づかされました。

 

こんなに可愛い2人が


avgl130jp-09
 

これですからね。


 avgl130jp-10


もう何がなにやら分かりません。

そして2人でレズをするのですがお互いゲロを吐き合いながらレズります。そうです、この作品は全編ゲロまみれです。


avgl130jp-01
 

この写真の星月まゆらの口元を良く見ると毛がついているのですが、これはまゆらが2年間かけて生やした腋毛(わき毛)をエリーが剃ってその毛をまゆらの口の中に無理やり押し込んでゲロを吐かせているシーンなのです。
しかも腋毛を剃る時にエリーのゲロをクリームの代わりにして剃るという徹底ぶりです。

 

まゆらもやられるだけでなくエリーが穿いていたパンティーを無理やりエリーの口の中に押し込んでゲロを吐かせるなどの反撃に出ます。そしてさらにはエリーがゴムチューブを胃カメラのように胃袋に差し込みまゆらがゲロを吸い出して直飲みする『ゴムチューブ胃袋ゲロ直飲み』などといった過激なシーンもありますがそれはあまりにも過激ですので気になる方は作品を買ってチェックしてみてくださいね。

 

 

そしていよいよタイトルにもなっている大量に吐いたゲロを集めてお尻の穴に浣腸する『ゲロ浣腸』です!

浣腸されたゲロを相手に向かってレーザービーム!


avgl130jp-02
 

美少女の顔に当たり飛び散る浣腸ゲロ……本当にこんなことをさせていいのか!?

ちなみにエリーが浣腸をされているときに気分が悪くなり吐いてしまうのですが、口からはゲロが出ているのにお尻から腸にゲロを浣腸されている姿は圧巻です。

そしてこの浣腸して出したゲロをボールに溜めて飲むのですが、明らかにウ○コも混じってます。しかしそれも一緒にゴックン……まさにグラップラーです。

 

そして最後は加藤鷹とのゲロまみれ3Pです。

前戯でもゲロ、


 avgl130jp-03


イラマチオでゲロ

 

avgl130jp-04

人がイラマチオをしている上からゲロ

 

avgl130jp-07


まさにゲロ好きのゲロ好きによるゲロ好きの為の作品です。

 

そして最後は仲良く3人でハメまくりです。

avgl130jp-08


晶エリーと星月まゆらと3P……ゲロさえなかったらとても羨ましいシチュエーションなんですけどね。


この作品の特典映像で撮影の舞台裏をかなり長時間収録しているのですが、ゲロの吐きかたについて真剣に話し合ったり、撮影後にゲロを吐きすぎて動けなくなっている姿をみると晶エリーというAV女優がどれだけプロ意識を持ってAVに挑んでいたかが分かります。

 

ちなみにこの作品はAVGP2009の配信売上賞で最優秀賞を取りました。そりゃあ美少女2人がこんな過激なことをやっていたら怖いもの見たさで見ちゃいますよね。しかも「配信売上げ1位」と言う所が良いですよね。さすがにこのジャケット写真では店で買いづらいです。

 

晶エリーの引退は寂しいですが、ずっとこんなにハードな作品に出続けた晶エリーはもう休ませてあげないと駄目ですね。これからは写真家「照沼ファリーザ」として頑張っていただきたいです。

 

P.S. 昨日(19日)のTBSラジオ「エレ片のコント太郎」で僕の話が出たそうです。「愛媛のI君が晶エリーが引退してショックを受けている」と言った内容だったらしいので、どこかで聴けるチャンスがあればぜひ聴いてみてください。