ここ数日は東京へ出張に行っておりブログを更新していなくてすいませんでした。

ちなみに今回の東京出張は「ギャグ漫画家 VS ダイナマイト関西(吉本芸人)」の取材だったので全くアダルトではなかったのだ。

しかしせっかく東京に行ったのなら何かアダルトな体験をしたい!・・・と思って行ったのがAV女優専門キャバクラ「レッドドラゴン」(http://www.r-dragon.jp/index2.php)である! 

ここはRioや成瀬心美などの超S級AV女優が所属している大手事務所「ティーパワーズ」が経営しておりAVファンなら一度は訪れたい聖地なのだ。

実は一度この店の取材依頼が来たのだが結局その仕事がお流れになり、また取材の話が来るかなぁと思っていたのだがいくら待っても取材の話が来ないのでガッカリしていたのであった。
しかしどうしてもこの聖地「レッドドラゴン」に一度は行きたかったので「だったら自分でプラベートで行ってやろうじゃないか!」と腹を決めて今回行ったのである。

ヤル気満々で開店の午後8時半から入店したのだが、最初に黒服の方に「こちらが今日のキャストです」と名簿を見せてもらったらそこには有名AV女優の名前がズラリ!

「本当にこの有名女優たちと話せるのか!」と興奮しながら数名指名して待っていると最初に来てくれた2人が


5月にデビューしたばかりの浜崎翔子と人気お姉さま女優横山みれいであった。

urad081pl

gmhp001pl

特に横山みれいさんの作品には日頃お世話になっているので

「うわっ!本物の横山みれいちゃんだ!」と興奮する私に

「知ってるんですか?私はそんなに有名じゃないですよ」と謙遜するのであった。

「いえいえ、俺からすると超有名人ですよ! デビュー作のメーカー百花美人ですよね!」と聞くと

「よく知ってますね!もうあのメーカー無くなっちゃいましたけど。若くも無く、熟女でもない中途半端な女優がデビューできるメーカーだったんですけどねw」

など本物の横山みれいさんとお酒を飲みながらAVの裏話をあれこれできる夢の国であった。(ちなみに一緒に行った友人は全くAVを観ないので誰が誰だかさっぱりだったらしい)

次はデビュー仕立ての浜崎翔子ちゃんにデビュー作の話を聞くと

「私はカルマっていうメーカーからデビューしたんですけど、どんなメーカーか全然知らなくて他の女優さんと話した時に『いきなりカルマなんだ』って言われました。ちなみにデビュー作からぶっかけでしたよ。」

と、スゴく可愛くてまだ若い女の子が笑顔で平然とエロトークをやってのけるのだッ! そこにシビれる!あこがれるゥ!



そして次に入れ替わりで来てくれたのが

芽衣奈

5pms113pl


その日のスペシャルキャストのティア

ebod206pl


ティアちゃんは6月にE-BODYからデビューした大型新人でいまDVDの売り上げも上位になっている超人気の女優。プロポーションがハンパじゃないくらい良いのであった。

しかし本当は新人ではなくて元「浅間アリス(黒川メイサ)」

alkd002pl


なので、そのことをさりげなく聞いてみると

「大人の事情ですよ~」

と笑顔で答えるのであった。「大人の事情」と言われたことに対してはそれ以上聞かないのが「大人のルール」である。色々と戦略があるのであろう。

友人はティアちゃんが気に入った(もちろん作品は観たこと無い)ようだったので私は芽衣奈ちゃんと話すことにしたのだが、芽衣奈ちゃんはとにかく胸が大きくて91cmのGカップ、今のAV界のロリ顔巨乳の代表格である。

とにかく話をしていても目線が勝手に胸に行ってしまうのだ。

「作品で観るよりも実物で見たらさらにおっぱいデカいですね!」

と言ったら

「えっ私の作品観たことあるんですか?かなりマニアですね」

と喜んでくれたのだった。あまりお店にはAVマニアの人は来ないらしくAVをあまり観ていない私の友人のような客が多いそうだ。

ちなみに芽衣奈ちゃんは無修正作品にも出ているのでアソコの形もばっちり知っており、実物の芽衣奈ちゃんを観る度に脳内に無修正で観たアソコの映像が浮かび一人で興奮してしまうのであった。


次々にやって来てくれるAV女優さんに緊張している私であったが、一番緊張したのがこの方である。

それは、

鈴木杏里様!

tyod003pl


私はデビュー作から杏里様の大ファンなのだ。最初のご指名でもまず名前を見つけて迷わず選んだのが杏里様であった。おそらく今までの人生で杏里様のお世話になった回数は3桁は行くであろう。

いつもお世話になっている杏里様(実物)が横に座ってお酒をついでくれるなんてまさに夢の世界! もし浦島太郎の竜宮城が実在するならまさに今、私がその竜宮城のド真ん中にいるような気分である。

しかも杏里様がこの店で働き出してまだ2日目とのことであった。これはAVの神様が私と杏里様を結びつけたと言わずにおられまい!


私は常に彼女のブログやツイッターもチェックしていて彼女の趣味が旅行や写真ということを知っていたのだが、あいにく私は旅行や写真に興味が無いのだ。
下世話な私と杏里様の共通の話題なんて一つも無いと思っていたのだが、実は先日一つだけ私と彼女の共通点を見つけていたのである。


実は彼女は「ギャグ漫画が好き」なのだ!


杏里様がツイッターで誰をフォローしているのか気になって見ていると何人かギャグ漫画家をフォローしていて、その中に私のお世話になっている和田ラヂヲ先生がいたのだ。

ラヂヲ先生に「鈴木杏里さんが先生をフォローしているので先生も杏里さんをフォローした方が良いですよ」と言うとラヂヲ先生も「じゃあとりあえずフォローしとく」と杏里様をフォローさせることに成功したことがあったのだ。(ちなみにラヂヲ先生は鈴木杏里のことを鈴木杏だと思っていたらしい)

そのことを杏里様に話すと、

「えっ?ラヂヲ先生がフォローし返してくれてたんですか?(ラヂヲ先生は)面白いことをつぶやくから好きなんです」

と笑顔になってくれたのだ。ドSお姉さま役が多い杏里様が私のためだけに笑ってくれるなんて、もうそれだけで全て満足である。

ちなみにどんなギャグ漫画を読むのか聞いてみたら、なんと「おぼっちゃまくん」は全巻持っているとのことであった。

三十路の私はコロコロコミックで掲載していた「おぼっちゃまくん」をリアルタイムで読んでいた世代なのでそこから話はおぼっちゃまくんトーク!まさか大好きな杏里様とおぼっちゃまくんの好物「いたらき」は実在するとか、給食のおばちゃんの芋の煮っ転がしの話が泣けるとかマニアックな話が出来るとは夢にも思わなかったのであった。

しかしおぼっちゃまくんの話も良かったのだが、せっかくなのでアダルトな話も聞いておこうと思いAVデビュー時の心境を聞いてみたら

「実はデビュー作の時は経験人数が2人しかなくて、しかも合計経験回数も4回くらいしか無かった」

とレアなことを教えてくれたのだ。

midd050pl
(ちなみにこちらがデビュー作で2005年に着エロからAVに転進してきた)

顔もキレイでスタイルもバツグンなのでさぞかし多くの男を経験してAV入りしたのかと思っていたのだが、人は見た目で判断してはいけないのだ。

しかも初体験の男は女友達に童貞を紹介してもらってとりあえず済ませたような感じだったようだ。その男とはその一度きりだったらしいが、その男が怨みたくなるほど羨ましいと思ってしまったのであった。

そしてAVのデビュー作では相手が巨根の黒田将稔さんで「初体験よりも遥かに痛かったけど必死で我慢したんですよ」と教えてくれたのだ。

彼女は現在AVを引退しているのだが元々あまり男性には興味がなく、引退して2年ほど経つが引退後は全くSEXをしていないらしいとのことだ。なんともったいないことであろうか。

あとは色々なAV裏話も聞かせてくれて(夢が壊れる話もあるのでここではその内容は割愛させていただきます)、なぜか「脚気(かっけ)」の話になってお互いの膝を叩きあったり、ツイッターでもフォローしてくれてとても楽しい時間であった。

ついつい楽しすぎて何度も延長を繰り返し、ついには日付も変わっていたのでそろそろ帰ろうかと思ったときにテーブルにやって来てくれたのがあのレジェンド女優「鈴木麻奈美」様である!

1sdmt615pl

彼女は90年代後半を代表する伝説のAV女優で、以前にこのブログでも作品を紹介させていただいたのだ。

昔と変わらぬ美貌に興奮して身体が震えてしまい

「あ、あの、大ファンで作品もかなり観ております!CDも買いました!」

と言うと、麻奈美様は

「えっ!CDも持ってるんですか?私の忘れたい過去なのにぃ」

と困った顔をしたのだが、その顔がとてつもなく可愛いのであった。

色々と話をしたのだが緊張のあまり何を話したのか覚えてないくらいで、気がつけば時間もだいぶ経ちラストになっていたのである。結局オープンからラストまで6時間ほどいたのであった。

そして気になるお会計は2人で行って6時間ほどで約20万円! 一人10万円ちょっとくらいである。

滞在時間や注文にもよるが大体それぐらいだと思っていただきたい。

もちろん高額ではあるがAVファンなら女の子全員が有名人なので値段以上の価値はあると思う。無理してでも死ぬ前に一度は行っておきたい場所であろう。


「最高だったなぁ」と余韻に浸りながらエレベーターで降っている時に別の階からセクシーなお姉さんが2人乗り込んできたのだが、顔を良く見るとなんと90年代を代表するAV女優「本城小百合」「桜井風花」だったのである!

私は思わず

「チェリーボンバーズだ!」

5121KE5pG4L
(一番左が桜井風花で一番右が本城小百合)

と言うと二人ともビックリして

「えっ?私達のこと知ってるの?」

と言ったので「大ファンでしたよ!」と言うと喜んでくれて色々お話をしてくれて一緒に写真まで撮ってくれたのである。

DSC02162

実は私が学生時代にお笑いをやっていた時に「チェリーボンバーズ」というトリオを組んでレツゴー三匹の「三波春夫でございます!」を真似て「本城小百合でございます!」と言って両方から頬をドツかれるというボケをやっていたのだが、まさかそれから13年経ち本物のチェリーボンバーズに挟まれて写真を撮れるとは誰が予想出来たであろうか!

日頃からAVについて真摯に取り組んでいればAVの神様はご褒美をくれるのだな、と身を持って体感した一日であった。



ー追記ー

レッドドラゴンで働いているAV女優さんには名刺があるのですが、

普通の名刺は

DSC02195

といった感じなのですが、90年代のレジェンド女優さんになると

DSC02196

このようにトレーディングカードのようなレベルになります。

皆さんもぜひ大人のトレカ集めをしてみましょう!