☆世界のトモダチ大作戦☆

新卒で挑むJICA青年海外協力隊として、中米グアテマラ共和国で小学校教育の発展に奮闘する2年間の記録とその任期を終えた後の生き方。

2016年09月

グアテにきて、641日目。

 

一年度が1月中旬から10月中旬までのグアテマラの小学校では、今年度の学校もあと2週間ちょっとで終わりになります。

先生たちは、10月いっぱいまでいるけど、子どもたちは来年の1月中旬まで休みに入ります。

 

同時に、今年いっぱいで任期を終えるぼくも、子どもたちと会えるのは残り2週間。

グアテマラの子どもたちの笑顔を頭にしっかり焼き付けたいと思います。

 

どーも、飛鳥です☆

 

 

先週末は2日間に渡り、ぼくの任地サンマルコス県で算数セミナーが開催されました!!
DSC_0014
 

といっても、ぼくの開催ではなく、ボランティア事業とは別にJICAUSAC(サンカルロス大学:グアテマラ唯一の国立大学)が協力して行っている算数プロジェクトとして開催されたものです。

DSC_0113
 

グアテマラの先生たちや先生を目指す学生を対象に、様々な視点から算数科教育の発展を図る目的ではじまったこのセミナー。

今回で3回目となるこのセミナーは、

もともとサンカルロス大学の中等教員養成校の教授であり、以前にJICAの協力のもと作成された算数科国定教科書グアテマティカのプロジェクトメンバーでもあり、またJICAの研修員として日本の教育現場を訪れたこともある方の発案によるものです。

 

こーやって、日本を訪れたことをきっかけに、自国の教育をより良いものにしようと立ち上がってくれることは本当に嬉しいことです。

 

 

そこで今回、声をかけて頂き、ぼくも講演者のひとりとして参加させて頂きました!

前回別の県でやったときもお声かけ頂いたのに、活動の関係で断ってしまったのですが、今回は自分の任地での開催ということでなんとか参加できて良かったです!!

 

当日は、土日にも関わらず、サンマルコス県各市から教員、また教員養成校の学生、その他教育関係者達、約350人が集まりました!

 

午前中は、参加者全体に対する講義がいくつかあり、午後は参加者が小グループに分かれていくつかのワークショップをまわっていくという構成になっていました!

 

講師は、サンカルロス大学の教授やグアテマラ教育省の技官、その他数学者などが受け持ちました!

 

なかなかの方々に混じって大変恐縮でしたが、ぼくともうひとりの隊員の2人も、それぞれ講義と模擬授業を1コマずつ担当させて頂きました!

 

1日目は、午前中にぼくの講義。

 DSC_0098

テーマは、

『算数授業の3大構成要素』

 

 

算数授業を行う上で欠かせない、

授業構成

−どのようなプロセスで一授業を進めていくか。

板書

−どのように黒板を活用するか。

子どもへの支援

−授業中、どのように子どもをサポートしていくか。

 

これら3つのことについてお話しさせて頂きました。

IMG_2537
 

でも、この3つのデーマ、昨年に任地のプロジェクトで先生たちには3ヶ月かけて伝えた内容

1時間半で全部話すのはなかなか無理がありました

 

だいぶパッパッと話してしまったけど、実際にぼくの任地の先生たちがやった素晴らしい授業の写真やビデオを見せたり、ぼく自身も実際に一つの学習テーマでどのように授業をつくるのか見せてみたりできたので、少しは理解してくれたのではないかなぁと思います。

 

 

昨年、任地の先生たちに研修会を行ったときは、まだなにももってなかったから、実際に先生たちに経験してもらうしかできなかったけど、今回は同じ内容であっても、任地の先生たちの様々な素晴らしい授業例を見せながらできたのは、よかったなぁと思います!

多分、これは1年9ヶ月経った今のぼくだからできた講義になったのではないかと


このセミナーの模様がテレビニュースで取り上げられたようです!
ぼくもインタビューされ登場しました!カミカミですが...笑
ニュース動画はこちらから☆

 

そして午後は、ぼくの任地のお隣の県、ケツァルテナンゴで活動する隊員による模擬授業の実演。

IMG_7342
かれは、現職参加できている隊員。

日本で何年も教員としての経験がある、つまりバリバリの教員の大大大先輩ということです!!!!

 

 

すごい!やっぱり落ち着いているし、授業の流れもすごく面白い。

さすがでした!!

 

先生たちは、この午前の講義と午後の模擬授業を通して、授業の3大構成要素についてだいぶ理解してくれたのではないかなぁと思いたい!いや、信じたいです!!笑

 

 

そして、2日目。

 

まずは午前中、昨日模擬授業をやってくれた隊員による講義。

 IMG_7380

 

テーマは、

『算数を学ぶ意味』

 

算数の必要性や楽しさ、算数の授業で育みたいことなど、すごく深いところの講義となりました。

IMG_7372
 

すごく難しいテーマだけど、楽しく、参加者たちをうまく巻き込みながらの講義で大盛況でした!

 

というか、このテーマ。

むしろ聞いていたぼくの方が勉強になりました!

 

ぼくでは決して話せなかったなぁと。

現場で多くの経験をしてきた彼だからこそ話せた内容だったなぁと思います!

 

ぼくの任地からも20人くらい参加していたので、この講義を聞いて頂けて本当に良かったです!!

この講義の際に、かれの提案でみんなでラジオ体操も紹介しました!スペイン語版もあるんです!
DSC_0206
(JICAのコーディネーターの方と3人で披露!そして意外に大好評!) 

 

 

そして、午後。

このセミナーの最後にぼくの模擬授業をやらせて頂きました!

DSC_0224
 (以前作成した算数科DVDの内容と同じ授業で実施しました!)

 

 

今回はあえて、子どもたちにではなく、先生たちに子ども役を体験して頂きました!

 

グアテマラの教育の問題点として、一つ教員の学力が大不足しているということがあるのですが、

今回は子ども役ということで、みな分からないながらにも一生懸命、子どものようにがんばって授業を受けてくれました!!

 

グアテマラの先生、子ども役はめちゃめちゃ上手です!笑

 

 

でも、最後に先生方に授業を受けてみての感想を聞いたのですが、

「最初はまったく分からなかったことが、授業の最後には分かるようになっていたし、分かったときは嬉しい気持ちになった」と言ってくれました。

 

まず、教員として小学校で教える基本内容が分からなかったというのが問題ですが、まぁこういう発見をしてくれたのならいいでしょう!笑

DSC_0205
日本人3人で!みんなヒゲ笑
DSC_0230
感謝状も頂きました! 

 

 

こんな感じで怒濤の2日間を終えたわけですが、

何がよかったかって、まずは任地のサンマルコス県各市の先生たちに、活動を共有できたことです!

 

実際に、すでにいくつもの学校から「うちの学校に来てほしい」との依頼も受けました。

 

こういうことをきっかけに県としてのうねりをあげられるといいですね!

 

だから、ぼくも残り短い任期ではありますが、少しでも多くの先生の心を動かせるようにもう少し幅を広げてラストスパートをかけてみようかなと思います!

 

また、今回他の隊員仲間とともに活動することができましたが、これってほんとうにすごいことだなぁと思います。

 

だって、教師として大大大先輩の方と、同等に話をさせてもらえる、話を聞いてもらえるって日本ではなかなかできないことだと思うんです。

 

年齢も経験もぼくよりはるかに上の方とこういう関係をつくれるってのは、協力隊ならではだろうし、それってすごい魅力だと思います。

 

例え大先輩であっても、同じ目線で話をしたり聞いたりできると、普段働いているだけでは気づかないその先輩のすごさに気づくことができる。

普段の当たり前の縦社会でいきていたら、気づかないことにもたくさん気づける。

より近くにいるからこそ、本当にたくさんのことを学ぶことができる。いろんなことを吸収させてもらえる。

 

 

協力隊って、年齢も経験も、職種も違えば、もちろん性格やそれぞれの想いも違います。

だけど、そんな方々が一同に小さなコミュニティの中で活動していくって、難しいことばっかりだろうけど、でもその分ほんとにこれまでにない発見をさせてもらえます。

 

おっと。

話が脱線してしまいましたが、今回もこのセミナーを通して、多くのことを学ばせて頂きました!

もっとがんばんねーと!って思わされました!!

 

 

なので、声をかけて頂いたJICA事務所の方やこのセミナーの運営者の方々には本当に感謝ですね! 

 

 IMG_7416

(最後に伝統舞踊を見せてくれたコミタンシージョ市の子どもたちと!)

 

飛鳥☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
応援の1日1クリックをお願い致します!

グアテに来て634日目。

 

どーも、飛鳥です☆

 

先日、9月15日は、グアテマラの独立記念日でした!

 

グアテマラを含む、中米5ヶ国(ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ)は、1821年9月15日、300年にわたるスペインの植民地支配より独立宣言を果たしました。

 

つまり、

195周年記念☆

 

日本では、今やサンフランシスコ平和条約が締結された4月28日が『主権回復の日』となってはいますが、

『独立記念日』ということには馴染みがないですよね〜。

 

 

しかし、ぼくたち青年海外協力隊が活動しているような途上国と呼ばれる国々の多くは、かつて植民地化されていたケースが多く、『独立』という言葉は、彼らにとってもの凄く特別なことなのだと思います。

 

ということで、グアテマラ全土で盛大に祝われました!

たぶん、他の中米諸国でも!

 

そして、もちろんぼくの任地でも!!

 

 

ちなみに、独立記念日イベントの主役となるのは子どもたち!

幼稚園生、小学生、中学生たちがメインとなって、多くのイベントが行われます!

 

 

そして、その独立記念イベントに向けて、各学校では約1ヶ月前から準備が始まりました!

 

大きい学校の子どもたちは、パレードのために、学校バンドというのが希望者で形成されます!主に、3〜6年生☆

 IMG_7196IMG_7224
(みんな一生懸命!いい顔してるぞ!!)

大太鼓、小太鼓などの打楽器をメインに、シンバルやカシャカシャやるやつ、学校によっては、トランペットなどの金管楽器で演奏します!

 

ほとんどの学校は、そういう業者から借りてるんだそうです!

 

にしても、なかなか器用に演奏する子どもたち。

 

でも、グアテマラの小学校には、「音楽」という授業はあるけれど、任地で全80校あるうち、音楽専門の先生は1人。これまで、一度たりとも音楽の授業を見たことがありません。

 

それなのに、子どもたちは本当に上手!短時間ですぐに覚えちゃう!

音楽的な力に優れてんのかなぁ?

 

いやー、あっぱれ!!

 

 

そして、独立記念日の1週間半前からは、毎年恒例、市内伝統舞踊、民謡、朗読コンテストが開催されました!!

 

 

各学校でそれぞれの分野の代表者を決めたら、市内80校を約11のセクションにわけ、まずはそこでコンテスト!そして、そこの優勝校が最後に市の中心部に集合し、最終コンテストという流れです!

 

ありがたいことに、今年はほとんどのセクションから招待していただいただけでなく、幼稚園の部や中学校の部にまで招待して頂きました!

 

ということで、今年は3つのセクションと最終コンテストにゲスト審査員として参戦してきました!!

(せっかく誘ってくれたけど、身体は一つなのであみだくじで決めさせてもらいました…笑)

 

 

☆伝統舞踊の部☆

 IMG_6438

IMG_6451

IMG_7079

IMG_7161
子どもたちは、基本的に男の子5人、女の子5人のフォーメーションです!

そして、グアテマラ各地の様々な民族衣装を身にまとい、その地域の伝統文化や生活を踊りで表現しています!
 

ちなみに、ぼくの任地サンペドロサカテペケス市の民族衣装ですが、女の子は、上がカラフルな花柄、下が黄色の布で、男の子は、上が白シャツに赤いスカーフ、下が紺のズボンにベルト部分に赤いストール、そしてハットです!!
IMG_7132
 

右足♪左足♪のリズムが基本!これが10分くらい続く、長丁場です。笑

 

でも意外になかなか痺れる恋愛ものもあれば、なかなか残酷なもの、超感動級なものまであって面白いです!!

 

ちなみに、優勝校☆

 IMG_7166

昨年に引き続き、王者の座を守りました!
おめでと〜う!! 

 

 

☆民謡の部☆

 IMG_6518
IMG_6742

IMG_6528
これは、学校代表個人戦!!

これも、子どもたちは各地の民族衣装をみにまとい、グアテマラ各地域の民謡を歌います!

楽曲の多くは、伝統舞踊のものと同じマリンバ(木琴のようなもの)というグアテマラのシンボル楽器の音色ですごく可愛らしい感じです!

 

なんか同じ曲を聞きすぎて、頭から離れません〜

助けて〜〜!

 

そして、優勝者!

 IMG_6731

この子は、昨年は惜しくも3位だったんですが、今年は見事優勝!

よくがんばりました!!

 

 

☆朗読の部☆

 IMG_6613

IMG_6648

IMG_6626
これは〜いっけん民謡の部となんら変わりがないように見えますが、

グアテマラについての詩を朗読しています!

内容は、すごく愛国心が伝わってくるものです!

でも、これだいたい一つあたり5分以上あって、子どもたちはこれを覚えるのも大変だっただろうなぁ〜と感心しました!

 

優勝者はよくわかんない感じです!笑

これは最終コンテストがなかったし、なんかセクションによっては開催してないところもあったし。なんでだろう

 

 

ちなみに、審査員をやっていると、こんなにたくさんのものを貰えます!笑

 IMG_7422

 

ということで、昨年に引き続き、審査員をやらせてもらった訳ですが、今年はもっといろんな学校や子どもたちのがんばってる姿を見れて幸せでした!

 

それに、いまは子どもたちみんな知ってるから、なんだか、緊張してる顔とか、嬉しそうな顔とか、悔しそうな顔とか、そーゆうの見てたらグッとくるものがありました。

普段、学校で見せてくれる顔とはまた別の顔。それもまた、いいもんです。

 

コンテストのハイライト動画は、こちらからご覧下さい☆ 

 


さぁそして、ついに前夜祭!!

案外、当日より前日の方が盛り上がりました!

 

ぼくは、ちょっとある学校でのイベントに招待され、そちらに参加していたのですが、午前中は中学校の部のパレード、式典。

 

そして、午後は国旗掲揚の式典。そして、夜はブラスバンドのパレード、再び式典、という流れ!

 

結局、11時まで続きました

しかも、久々の土砂降りに、前日の停電で充電できずケータイのバッテリー切れで写真もとれず。ついてませんでした。

 

 

でも、独立記念日当日!

 

この日は、天気にも恵まれ最高でした!!

朝から、小学校と幼稚園の部のパレード!

 

でもね、何が最悪かって、ぼくはパレードのときはいつも、教育長たちや市長さんたちと一番先頭で歩いていくので、肝心なパレードを見れないんです。苦笑
IMG_7440
(これくらい笑) 

 

たまに抜け出していっちゃうけど、今回はできず

 

まぁしょうがないとして、その後はもちろん式典!

夜、国旗降納まで続きました!

 IMG_7445IMG_7456

式典では、コンテスト入賞校の子どもたちの披露演目などもあります!

 IMG_7447

 

奇麗なミスのお姉さんたちともいっぱい会えたし、たくさんの花火も劇近で見れました!花火で服が焼けたくらい笑

 

 

それに、今年の独立記念日はぼくにとって感慨深いものとなりました。

 

今年で、グアテマラを去ることになるぼく。

市の方の配慮なのか、5000人以上が集まった式典で、日本を代表して挨拶させて頂きました。

市長をはじめ、いろんなところのお偉いさんが勢揃いの中で、ぼくのような外国の若僧にこのような場を与えて頂いたことに感謝です!

 

これまで、2年間の感謝を伝えたとともに、ぼくがいったこと

 

『一生、ここグアテマラであなたたちと過ごした日々を忘れない。あなたたちと分かち合ったここの文化を絶対に忘れたくない。』

 

この言葉に嘘はありません。

 

確かに、ここグアテマラに身を埋めるつもりもないし、なんなら早く日本に帰りたい!というのが正直な気持ち。

 

でも、ここで過ごした日々は、ほんとうにかけがえのないものだと思ってるし、ここがぼくをたくさん成長させてくれているとも思っています。

 

だから、ここで得た経験に一生しがみついていく気はないけど、ここで得た経験を土台にはしていきたいです!

 

 

ちょっと、話がズレてしまいましたが、独立記念日の話にもどすと、

 

この記念日に思ったことは、

ここの人々はほんとうにグアテマラが大好きなんだなぁってこと。

こういうことに掛ける想いが凄すぎる!

 

確かに、それのせいで学校ではかなりの授業時間が削られ、それはすごく問題だけど、

でも、こういうことに一生懸命になれるってすごいことだと思う!

 

だから、ぼくの感じでは、

日本の子どもたちより、自国のことをよーく知ってる。

 

自国の歴史や文化についてよく知ってるなぁと思います。

 

 

ここの人に、グアテマラのどこが好き?と尋ねると、

みんなすごく詳しく答えられる。

 

ぼくは、日本のこと大大好きだけど、いざ日本のどこが好き?と聞かれたら、なんとなく、としか答えられない気がする。

 

 

グアテマラの人々を見ていると、

ぼくも、もっと日本のこと知りたい!

そんな気持ちにさせられます。

 

 

自国を愛す。

 

素敵な文化の一つですね。

 

グアテマラのたくさんの魅力を味わえた、最高の独立記念週間でした!!

 

飛鳥☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
応援の1日1クリックをお願い致します!

グアテに来て630日目。

 

グアテマラ時間9月15日は、独立記念日であったため、ここ最近は、いろいろとバタバタしておりました!

今年の独立記念日は、すごく感慨深いものとなりました。

 

また、追って独立記念日についての記事は書かせて頂きます!!

 

 

どーも、飛鳥です☆
 

IMG_7328
(ある農村部で、昨年の卒業生集団に遭遇!ぼくはもう帰りのバスの中だったけど、覚えていてくれたようで、名前を呼んでくれました!こうゆーのって嬉しいよなー。にしてもみんな小さくて可愛かったのに、なんだかちょっとませたな。笑)
 

 

遂に!!

帰国まで残り100日間となりました!!

 

 

そう、カウントダウンが始まりました。

 

 

ぶっちゃけ、ここまではほんとに長かったです。

グアテに来て約1年9ヶ月。

 

なんだか、5年くらいいたような気がします..

 

それは言い過ぎかな?笑

 

 

でも、本当に長く感じました。

 

 

よく、協力隊あるあるのようなことで、

 

2年間なんてあっという間だ!

って聞くけど、

 

ぼくも実際にくる前まではそうなんだろうなーなんて思ってましたが、なんだかほんとに長かった。

 

 

よく、充実していると時間は短く感じる!

なんて聞くけど

 

ぼくは、活動や生活面では、すごく充実していたし、いまもすごくそう感じていますが、

 

でも、なんでだろう?

長く感じました。

 

 

学生の頃とかも、ほんとに毎日がほんと楽しくて、学生なりにすごく充実していたと思うけど、

その時は、やっぱりすごく早かった!

入学したと思ったら、あっという間にもう卒業。

 

 

でも、なんでだろうなーー

 

毎日まいにち気を張りつめてるけど、毎日違う景色が合って、新しいことに出会って、すごく新鮮。そして、自分の限界を超えたところをいつも目指してこれた。

 

なのに、なんでだろーー。

 

はじめての感覚だなぁ。

 

 

これまでと何が違うんだろう。

 

 

そして、残り100日をきり、

今は、日本で待っててくれている家族やトモダチにもうすぐ再会できることを楽しみに最後の締め作業に全力で取り組んでおります。

 

 

カウントダウンがはじまったら、

気持ちにどんな変化が現れるのかな。

 

 

これまでと同じように長く感じるのかな、

それとも短く感じるのかな。

 

 

でも、いずれにせよ、

ぼくがやるべきことに変わりはありません。

 

これまで同様、最後の最後まで全力で活動に取り組むだけです!!
IMG_7311
 

飛鳥☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
応援の1日1クリックをお願い致します!

グアテに来て625日目。

 

さてさて、ついにJICA事務所から正式な帰国の連絡がきました!

 

少しずつ、実感が湧いてきます。

 

最後まで、手を抜かず自分の任務、いやそれ以上のことをやり遂げるだけです!

 

どーも、飛鳥です☆

 

 

先日、ある2つの学校の子どもたちに体育の時間を使って、水泳の授業をやらせて頂きました!
IMG_6570
グアテマラで、初の経験!!

水泳は、小さい頃から習っていて、唯一得意と言えるスポーツです!

 

これらの学校の先生たちからは、はや1年くらい前から、ずーっと水泳授業を教えてくれ!と言われていたのですが、、、

ちょっと時間がとれず、ここまできちゃった訳ですが、

授業研究プロジェクトも終わり、少し時間がとれたところで、ようやく実行!ということです。

 

 

ぼくの任地には、小さいですがなかなかイケてる市民プールがあるんです!

っていっても、もとはある企業がつくってくれたもので、今でも全ての援助をしてくれて成り立っています!

 

このプールの近くには、歩いて20分圏内に2つの小学校があり、今回はそこの子どもたちに向けて授業をさせて頂きました!!

 

子どもたちは、ここへ遊びに来たことはあってもちゃんと水泳を学ぶというのは、はじめてという子がほとんど。

理由の一つとしては、ちゃんとした監視員や救助員が駐在していないため、かなり危険であるかららしいです。

現に、昨年は5名以上の方がここで亡くなっています。

 

 

ということで今回は、就業時間に行っているため、遊びではなくちゃんとした体育の授業!

ということもあり、先生たちに教え方や安全管理の方法を例として提示するために、指導計画なんかも作成して行いました!

 

 

まずは、2列に並んでプールまでGO!!

 IMG_7333

小走りで向かいま〜す!

(何人かガチ走りだなこれ笑。ちなみに車通りはほぼ無です!)

 

そして、プール前の小さな丘に到着!

ここで、ウォーミングアップ!

 IMG_7335
IMG_7341
念入りに準備体操をしたり、ランニングをしたり、坂道ダッシュをしたりしながら、身体をあたためる!

(なんせ日は出てるけど、標高2,600mの高台でめっちゃ寒いんです!苦笑)

 

 

そしたら、いよいよプールIN!!

まずは、水に慣れる運動から〜

IMG_6561
(みんな普通にTシャツやパンツのまま入ります!笑。水着とか相当な家庭じゃないと持ってないので〜しょうがない!)

歩いてグルグルまわったり、右左いったり!

 

みんなこわい!こわい!と言いながらも、誰が一番早く反対サイドまで辿り着けるか勝負だよー!というと、

ご覧の通り、真剣!

IMG_6559
 

しかし、みんなテンション上がりすぎて自由!
IMG_6558
 

 

その後はバタ足の練習をしました〜!

 IMG_6557

う〜ん、みんな、なかなかうまくできない!

でも、一生懸命!!それが大事だよな〜

 

 

水のなかって意外と疲れるので、今日は1回目ということもあって、ここからは自由時間!

...にしたのが間違いだったかな...笑 

 飛び込むなっていってんのに、こーやって飛び込んじゃうし
IMG_6576
女の子は、すぐに助けて!助けて!と叫ぶし

 

 

ある程度時間が経つと、

男の子の多くは寒くて、日向ぼっこ笑

 IMG_7343

女の子は強いねぇ〜!笑

 IMG_7344

 


でも、みんなほんとに新鮮な顔をしていて、なんかこうグッと感じるところがありました。
IMG_6569
 

 

自由時間には、ぼくも久々に泳ぎましたよ!

めっちゃ久々に泳いだもんだから、辛い!!

あれ?こんなに辛かったっけ?って思うほどきつかったです!

 

けど、子どもの見てる手前、十分かっこつけて泳いでやりました!笑

 

 

そして最後に着替えをした後、もう一度丘に戻ってクールダウン!

IMG_7337
これ、何してると思いますか?

 

実は、運動を兼ねて、みんなでゴミ拾いをしているんです!

分別チームをつくってみんな一生懸命集めていました♪

 

でも、これは先生のアイディア!

ここの先生は、やっぱり自分たちの街だから自分たちの手できれいに保っていかないと!ということで、授業にゴミ広い活動を取り入れてほしいということで、今回クールダウンとして取り入れてみました!

 

 

こんな感じでグアテマラで初の水泳授業をしたわけですが、

感想は、、、

難しいね。

 

うん。
やっぱり、難しいね。

日本でもたくさん教えては来たけど、改めてスポーツを教えるって難しいなと。

 

グアテマラにも、何名かのスポーツ隊員が活動しています!

野球やバレー、体操競技、それこそ水泳も。

 

 

今回、自分で教えてみて、改めてスポーツを上手に教えられる人ってすげぇ!って単純に思ってしまいました!

簡単なようで、すんごく奥が深くて、すんごく難しい!

 

 

ちょっとぼくも、体育についてもっと勉強しないと!と思わされました

 

 

でも、子どもたちは、今度はいつ?と聞いてくれたので、楽しかったと思っていいのかな?

先生たちも、より興味をもってくれたようのので、また近々時間をみつけて挑戦したいと思います!

何か良いアドバイス等ありましたら、ぜひ教えてください!!

 

あ、授業の次の日、見事に全身筋肉痛が襲ってきました…笑

 

飛鳥☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
応援の1日1クリックをお願い致します☆

グアテに来て、623日目。

 

最近、ぼくの任地では、トウモロコシ(日本にはないタイプのもの)が収穫の時期に入り、新鮮でおいしいトウモロコシに塩とレモン汁をかけて毎日食べております。毎日...。

 

学校にいくと決まって、先生か子どもたちか、保護者か近所の方々が、「食べな!」といってくれます。

自分でも、なんで飽きないのか不思議ですが、貰ったときは「またかよ〜」ってなるのに、いざ食べると毎回その美味しさに舌鼓してしまうのです。笑

 

どーも、飛鳥です☆

 

 

4月から約5ヶ月間に渡って、取り組んで来た、市内算数科教育授業研究プロジェクトがついに終わりを迎えましたーー!

 

ということで、このプロジェクトの総まとめをさせて頂きたいなと思います!

 

にしても、

いやー、終わったー。

いやー、長かったー。

 

 

この5ヶ月間、カウンターパートである3人の教育学区長とともに、ほぼ毎日のように各学校をまわり、1校1校、丁寧に授業研究を進めてきました。

 

 

ぼくは、この間に市内全80の小学校を訪れ、そこで、634名の先生の授業を見て、検討会を進め、市内全教員一人ひとりに直接、言葉を送ることもできました。

総移動距離は、見当もつかないけど、総移動時間は間違いなく軽く300時間は越してると思います。

 

ときにカウンターパートや先生の車、

ときにバス、

ときに乗合タクシー、

ときにトラックの荷台、

ときに馬(これは一回だけ笑)、

ときに歩き、
P7125154 

朝早いから、ご飯を食べてる時間がなく、中央公園でおばちゃんが売ってる薄くて激甘なコーヒーを買って飲んでいくのが日課でした。笑

 

 

最近は、先生や街の人にもよく言われるけど、学校までの道だけなら、ここに住むグアテマラ人の誰にも多分、負けません。笑

これ、活動の成果としてあげようかな

 

 

ぼくがいなくなった後も、ここの先生だけで、その時その場所のニーズに沿って日々算数の授業を改善・改良できるようにするために市をあげて導入したこのシステム。
 

ぼくの2年間の活動を象徴するものであり、

2年間での一番の見せ場でした!!

 

過去に書いた、このプロジェクトに関するブログを振り返ると、このプロジェクトの歩みと先生たちや教育学区長たちの確実な変化が伺えます。もちろんぼく自身にも。

 
一大プロジェクトついに始動!!〜授業研究 in グアテマラ〜
市内授業研究プロジェクトが幕を明けました。
「飛鳥が言うから...」からの脱却!
学校に通えなかった男の子と学校で再会
授業研究システム第1サイクル終了!
プロジェクト内新制度始動☆
今、ぼくの任地は確実な変化を遂げています。
教育長たちの成長が半端じゃない件
彼らを取り巻く環境は変わらない、その中でどうするか。
広がる視点、新たな可能性 

 

 

少し、このプロジェクトを厳しく評価すると、

う〜ん、65点てとこだなぁ。

 

っていうのも、このプロジェクトを通して、まだ、どれだけの先生が確実な理解までしているかは分からないけど、授業の基本の一般化という面では、市内全教員を対象にした甲斐もあって、その先生たちの引き起こす相互作用により確実な効果を得られたと思います。

 

『どのように授業構成していくか。』『どのように黒板を使うか。』『どのように子どもを支援していくか。』

IMG_6219
IMG_6235
IMG_6277
P7145318

ぼくがいってもあんまり説得力はないかもだけど、

現に、いまやぼくの任地の先生方の授業は、全体的に見たらかなりレベルは高いと思います。

 

 

でも、それだけで終わってしまった感も否めません。

意外にも基本に忠実なここの先生方

 

本当は、もっともっと任地流、任地の状況に沿ったより良い方法を模索できれば良かったのですが、それはあまりなかったかな。

 

ぼくが一番おそれていたのは、先生たちがぼくが昨年の第一プロジェクトで教えた、授業の基本を、それが最高のやり方である、と勘違いしてしまうことです。

 

もちろん基本があっての発展だと思うので、基本を確実に根付かせることは本当に大事。

でも、ぼくたちのような仕事の対象は、常に子どもたち。どんなことがあっても、子どもたち。
彼ら自身の状態や、彼らを取り巻く環境に合わせた最高の教育を提供するべきなんだろうなと思っています。

 IMG_5593IMG_5327

だから、基本が全てになると肝心な子どもに視点を向けられなくなるし、その視点がないと今後の継続的な発展は難しくなると思っています。

 

とくにグアテマラでは、日本と比べると、それぞれの地域や学校によりその環境は本当に大きく異なるからです。

 

難しいけど、これは今後の大きな課題。

 

でも、昨年からずーっと問題視してきた、複式学級(1人の先生が何学年もまとめて担任している学級形態)では、ならではの様々な方法に出会うことができました!

 IMG_6223
P4185266

普通に教科書に沿って1日1テーマで授業をしていたら、全てのテーマを終えることは確実に不可能。

『では、どのように授業を進めていく?どのように教科書を使う?』

といったことを考え、複式学級ならではのより良い授業法をたくさん模索することができたのではないかと思います。

 

授業研究の各グループごとにいろいろな方法を見つけたようで、少しずつ少しずつではあるけど、確実な任地流が伺えました!!

 

そしてそして、一番の問題点。

 

それは、

『日々の授業に確実に活かす』ということ。

 

授業研究をやることには、たぶん然程意味はありません。

肝心なのは、そこで得た知識、技術を日々の授業に活かす、ということだと思います。

 

授業研究のために、ひとに見せる、評価してもらうためだけに授業を考えるのでは全く意味がない。

 

だから、先生たちにも何度も何度も

『日々の授業に活かせる方法を考えよう!』と言い続けてきました!

 

ぼく自身も、先生たちに助言をするとき、毎回すごく考えさせられました。

 

多く先生が、授業研究のために、いつもより休む時間をちょっと削り、ときに教材をつくるためにお金をはたいて、一生懸命準備をして授業に挑む、という光景がありました。

 

でも、今の任地の状況では、そんなことは絶対に続かない。

その一日だけのために準備した授業を「よかった」と評価しても、それは表面上のことであって、肝心な中身が欠けていると思います。

 

でも、一生懸命考えてきたことに間違いはないから、

『彼らにかかる生活や金銭的な面での負担を軽減しつつ、如何にしてその質を落とさずにできるか』

それを考えていくことがぼくの役割だったと思います。

IMG_5284
全ては、毎日の授業に確実に活かせるように。

 

先生たちは、理解してくれてはいても、なかなかこれまでの習慣をすぐに変えるのは難しいですね

 

まだまだ、毎日しっかり授業計画をしている先生は、たぶん、ほとんどいません。

フォローアップ巡回制度で、授業研究後の学校を訪れると、またまた悲惨な授業をみるはめになることも多々あります。

 

 

まぁ、この期間でそこまでのことは求めていなかったけど、やっぱり、そこが一番大事なとこだと思うから、

やっぱり今の段階では、まだ65点がいいとこでしょうね。笑

 

 

何はともあれ、このプロジェクトを通して、間違いなくぼくの任地は良い変化を遂げたことは、実感できています。

 

 

ぼくは、この期間を『発展期』と呼んでいました!

昨年の創生期』『転換期』『構築期を経て、発展期も終えました!

 

いよいよ、最後。

熟成期に突入します!

 

 

このプロジェクト内で途中から導入した、フォローアップ巡回は今後も継続していきます。

 

これからは、今年の授業研究で得たことを、日々の授業に還元できるよう活動していきます!まぁ、っていっても見守ることが多くなると思いますが

 

そして、カウンターパートたちとは、来年度の計画もしっかりたてていこうと思います!!

 

 

あと3ヶ月!

まだまだ、終わりませんよ〜〜〜!!!

 IMG_6229

飛鳥☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
応援の1日1クリックをお願い致します!

↑このページのトップヘ