king01

画:くっちゃね

評:応募第一号は、くっちゃねさんによる作品です。
 えー、これはまぁ何ですなぁ、「陛下の降臨」がテーマでしょうなぁ。
 まさに「その者、青き無精髭にまみれて金色のカボチャに降り立つべし」といった
 様相を呈しております。実に神々しい……。
 秋の王宮にそのまま飾られていても何の不思議もない、
 堂々たる構図の名画と言えましょう。

 カボチャのスケール感、素晴らしいですね。
 細々とした小さいカボチャ群も実にかわいらしい。
 この辺の細部へのこだわりは、まさしく、くっちゃねさんの持ち味です。
 周囲で驚く冒険者達とブタさんは、このあとどうなってしまうのでしょうか。
 無事に帰れるんでしょうか
 陛下の顔に不穏な影が差している辺りに、一種謎めいたストーリーも予感します。
 やはり、ただものの筆ではありません。

 ……ていうか正直、想定をはるかに超える力作にワイ若干焦っておりますけども、
 こういった自由闊達なイメージのほとばしりを感じられる作品を頂けまして、
 本当に嬉しい限りです。

 くっちゃねさん、ご応募ありがとうございました!!!