20202年6月24日(水)、人の体温検測を自動化するサーモグラフィカメラシステムの開発・販売を行なっている株式会社イノベーターは、検診から診療に至る総合病院の運営を行なっている川口パークタワークリニックに助成金を活用してサーモグラフィー(サーマル)カメラ導入した「感染症拡大を未然に防ぐ」サーマルカメラの導入事例インタビューを開始しました。


サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ) は、1秒間で30名同時に検温可能というスピーディーで高性能な機能!

設定温度も0.1度の任意設定以上の検知の際はLEDの光とアラームと同時に指定PCに通知機能を行ってくれ、温度検知した履歴をPC専用ソフトで履歴を残すことが可能になっています。

今ではどこでも体温検測を行っているところばかりですが、体温計などによるもので、手間も時間も感染リスクも高くなるので、こういった物を導入することによって、体温測定の課題だった「感染リスク」「時間」「労力」「コスト」が大幅に改善するのは良いことだと思いますし、月間¥49,500(年間¥594,000)もコスト削減になるのは、今後も付き合っていかねばならないと思われる感染症対策には有意義と思います。

ぜひご検討ください。


【サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)助成金事例】コロナの感染拡大を未然に防ぐ【サーマルカメラ導入事例/病院編】川口パークタワークリニック様が導入!




ドリームニュース・ブログメディア参加記事