aamall

May 15, 2011

聴きたくもねぇくせに!(苦笑)

NAOTO KINE 2002-2011 19 Blue
に行って来ました♪

次はライブ編。
トーク編で疲れつつの参加。
お友達がいい感じの席を引き当ててくれて、
とても楽しいライブでした。
今日も声はやや掠れ気味?
でも前半の時より良かったように思います。
そして今回も木根さんかなりご機嫌さん♪
ちょと飛ばし気味で楽しくて可愛かったです。
入場する時偶然に、木根さんのお母様見ました。
ブログの時のお写真そっくり。

衣装は白地に花柄?のシャツで、
インは黒とブルーのボーダーでジーンズ。
靴はオーダーのスニーカーでした。
ECは今日も着替えててグッズのTシャツ。
白似合うねぇ、いつも思うけど。
木根犬?もカワイイので他にもグッズ出ないかな。

詳しくは続きへどうぞ♪


Talk Showの時、哲ちゃんのアルバムの曲を、
客入れで使うと木根さん言ってたんですが、
全然本気にしてなかったらホントに流してました。
こんな曲なのかぁ、と改めて思いつつ聴いた一時。
カッコイイ曲でしたが、TMじゃないような気がする?
再結成後のTMの曲に何となく近いモノあるけど、
ウツが歌うよりEXILE歌った方が似合うような?
それもちょっと違うか。
これに木根バラ入ったらどうなるんだろうか。


今日も幕のようなモノが上がって開演。
1曲目は「Seasons」
そろそろ母の日も近い時期ですが、
たぶん、お母様を意識しての選曲かな?
こんな息子さんいていいなぁ。
続いては久々に「水色の服を着た娘」でした。
ちょっと可愛らしい曲雰囲気の曲の割りに、
最近の曲だからか無理せず歌える高さなのか、
安心して聴いてられる感じでした。
「キミは僕の〜」のところが鼻声っぽいような、
そんな感じで掠れ気味に歌ってて、
軽く上向く仕草もあって妙に可愛かったです。
聴いてるとカワイイおじさんが目に浮かぶ曲だと思う。

最初のご挨拶。
Talk Showではスーツ着てポケットチーフして、
と言おうとして例によって言葉が出ない木根さん。
「何だっけ?」と客席にきくバカっぷりがカワイイ♪
ウツのステージ衣装の話出てました。
毎回作ってて大変とか言ってたと思うのですが、
前回アレをコピーして毎回作ってるファンの方が来てて、
それを「すごいねー」と関心する木根さん。
「今度俺も作って貰おうかな」と言ってたのが、
今度ウツの衣装をコピーして貰って借りようかな、
になってました。
コピーを作ってる人のお友達が今回参加してて、
本人は来れないから衣装だけ預かってきたと言って、
それをステージに届けてくれました。
なのでそれをマイクスタンドにかけて飾る木根さん。
「何かウツがいてくれてるみたい」と、
ある種シュールな雰囲気で進行するライブ。

聴いた事あるようなないようなイントロが流れて、
アレンジ変えた「RUNNING ON」でした。
いつも木根さんの弾き語りで聴いてるから、
全然雰囲気違います。
ワールドカップの応援歌のつもりで作っただけあって、
木根さんの歌にしてはかなり男臭い。
どこかのチームで使ってくれないかな、客出し用の曲にでも。
地味だけどなかなかいい曲だと思います。
一緒に歌おうって感じの曲ではないけど。
続いてが「Eris〜10番目の星〜」でした。
これも結構好きな曲です。
が、木根さんのピアノの弾き語り聴いてる音が染み付いてて、
そのせいかどうもそれ以外だと何だか落ち着かない。
か、谷口さんのタイミングが微妙に落ち着かないというか。
たぶん後者だと思うけど。下手って事じゃないけど。
あと今日はエレピだったけどこの曲は生ピでないと嫌。
と散々文句言ってますが聴けて良かったです。

昔何かのテレビ番組か何かに出た時の話が出て、
その時は持ち歌でなくてカバーで歌ったそうなんですが、
Xのトシ君が歌った歌のが普通じゃなかったそうで、
それを聴いて客席から「何歌ったの!」とツッコミ。
すると木根さん話の途中でツッコミ入れられて、
テンポが途切れたのがイヤだったのか、
「別に聴きたくもねぇくせに!(苦笑)」と言い放つ。
勿論「聞きたい!!」と速攻で声が上がって、
何でもトシ君は女性シンガーの高めの曲を選んだうえ、
オリジナルよりキーを上げて歌ったそうでした。

あと広瀬香美さんはライブのMCを途中で切ってしまい、
続きは「来年のライブで話す」と言うそうです。
木根さんはある年に彼女のライブに行ってそれをされて、
次の年のツアーは行かれなくてその次のツアーに行ったので、
途中の話が抜けたままになってしまったそうです。
「俺もそういうのやろかな」と言って客席から速攻拒否られてました。
しかし、ママ(笑)も来てるというのに、
あの乱暴な言い様はいいのだろうか(笑)
最近こういう言葉があっさり出る事多いなぁ、と思う。
それだけ距離が短くなってるという事なんだけど。

そして弾き語りコーナー。
全然期待してなかったけど「四谷ロマン」入ってました。
何気に好きな曲なので嬉しい。
あっという間に終わっちゃう短い曲だけど。
そしてちょっと難しい曲だけど逃げずに挑戦した、
という事で「高円寺を紡ぐ」でした。
これ、難しい曲なんですね。
ギターが難しいのか歌が難しいのか不明ですが、
でも、地味だけどいい曲だと思います。
木根さんて大人だなぁ、としみじみ思う曲でもあります。
あとすごくフォークっぽい。
語りが途中で入るから余計にそんな感じなのかも。

最後は「夢のさき」
無い筈のドラムの音が聴こえる(笑)ので、
エレピとギターも入って豪華Ver.でした。
ホントにいい曲だと思うんですが、
どうして秋からゴダイゴになったんでしょうね。
木根バラって春から夏より秋から冬の方がいいのに。
今に後悔するぞ(笑)と言いたくなるくらいいい曲です。

再びサポメンの二人が登場。
そして「月の河」のフルVer.ありました。
これはメタルとフォークを混ぜた曲にするつもりで、
その為に哲ちゃんから「適当でいいから1曲作って」
と言われて軽く作った曲だそうです。
が、出来上がった曲を聴いて哲ちゃんが
「何でこんなにいい曲を作るんだよ」と言ったらしいです。
木根さんとしては適当に作ったらコレだったので、
そんな事文句言われても困ると思ったらしいです。
でも確かに、フルVer.で聴いてみるとホントにいい曲で、
ああいう使い方されるには惜しい曲だと思います。
木根さん、ソロでカバーしたらいいのにね。

「空につづくロマンティック」あったんですが、
とても良かったけど、前回と同じくピアノが違う。
というか音の来るタイミングや強さが、
微妙に違ってて微妙なだけにずれて感じます。
もっと全然違う感じで弾いてくれたらいいのに。
そう思うのはたぶん私だけと思うけど。
でもこれやってくれて嬉しいです。
最後は「春を待つ」で終了。
震災にあった人を想ってという事でしたが、
タイトルだけ聴くとそうだけど曲はかなり違うような。
凄いいい曲なんだけど、それだけに惜しい。
いい曲だけど詩が個性的過ぎるのか、
この詩だと言う事も含めての名曲なのか。
難しいところです。

ECは最後に「ノックは3回」でした。
狭い会場なので客席は立つか立たないかありつつ、
結局殆どの人が立ってのラストでした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
asukajuli at 20:41│Comments(4)TrackBack(0)SOLO 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by YUNO   June 17, 2011 13:00
またトークショーの案内出てましたね。
なにに味をしめたのか・・・(^^;)
阿佐ヶ谷、ちょっと場所的にはびみょーですけど申し込みはしようと思います。

そうそう、「月の河」は以前ソロでカバーしてたと思いますよ。
どのアルバムだったかは忘れましたが。
でもまとも(笑)なウツキネハモリバージョンも聞きたいです。
フォークパビリオンのライブCDとか出してくれないかなあ・・・
2. Posted by あすかじゅり   June 19, 2011 17:24
「月の河」そういえばどこかにあったような。
さっそく探してみたいと思います。
フォーパビのライブCDは別の意味で出してほしいです。
チケット全然とれないし、ヤフオクでは有り得ないほど高い。
お金のあるお嬢さんが多いイベントは行くまでが大変。

トークショーも次回はどんなもんなんでしょうね。
一応100席ちょいある店だけど取れるのかな。
正直トークショーはいいからソロライブ!なんですが、
やると言われたら行きたい。

>なにに味をしめたのか・・・(^^;)
「心のラブソング」の為の資金稼ぎ(笑)
こっちは全部行く気満々です。
3. Posted by YUNO   June 20, 2011 12:15
フォークパビリオン、ニコ生でやるみたいですよ〜♪
延長しても最後までやってくれるといいなあ。
しかし、ついこないだプレミアム解除したばかりなんですけど(爆)
4. Posted by あすかじゅり   June 22, 2011 00:57
やるみたいですねぇ。
と言いつつやっぱり諦めきれないモノもあって……
ライブだけならすっぱり諦めるんですけどね。

コメントする

名前
 
  絵文字