フェリー・鉄道・自転車・噺・歴史・本・カレー

乗物と落語好きの40代親父の記録です。フェリー・鉄道・自転車・落語・本・歴史・ヤフオク・カレー屋あたりの話題が雑然と…

娘と映画「焼肉ドラゴン」

見たい映画があったので、娘を誘って豊洲へ。
豊洲は、子どもが小さい頃「キッザニア東京」目的で何度か来たなあ。
FullSizeRender
映画前にお昼ご飯。
映画は「焼肉ドラゴン」
「水曜どうでしょう」の大泉洋が出演して、タイトルもコミカルなので、コメディタッチの人情劇だ期待してみたら、シリアスな話だった…


2018年7月 江古田プアハウス(poor house)復活

休業していた江古田のプアハウス(poor house)が復活したと聞いてかみさんと夕方訪問してみた。
IMG_2572
復活待ち望まれていたのか、入れたが、出る頃には「満席」になっていた。
FullSizeRender
久しぶりに辛いカレーを堪能する。
なお、夜は以前と異なり19時には閉店するそうなのでご注意を。



娘と漢検受験at明大中野キャンパス

漢検2級を中三の娘と一緒に受験した。

一応、ここ1ヶ月ほど、好きな読書を我慢して、漢検問題集を毎日解いて、勉強した。

試験会場は明治大学中野で、明治大中野といえば明治大学付属中野高校と早合点したが(最寄り駅は東中野駅)、割と最近(2013年)に中野駅近くに明治大学中野キャンパスなるものが新設されていた。危うく会場を間違えるところだった。

IMG_2427

IMG_2428

明治大学中野キャンパスは綺麗な建物で、ガラス張りの教室もおしゃれ。

IMG_2430
IMG_2429

キャンパスに隣接して公園があり、マクドナルド(試験後の昼食に利用した)や飲食店も整備され、しかもオープンテラスの席もあり開放的。駅からも近くて羨ましい。

FullSizeRender

試験終了後、駅近くの本屋(ブックファースト中野店)でお買い物。我慢していた読書を再開で、2冊購入し、その日のうちに2冊読了。

なお、試験のほうは家に帰ってから娘と一緒に答えあわせしてみると、合格ラインは80%だが、残念ながら父は67%で不合格が確実。

娘は自己採点だと80%で、ぎりぎり合格ラインだが、漢字なので書き間違いの可能性もあり、40日後に送られてくる試験結果待ち。

漢字を読むのは大体できたが、書くのが難しかった。特に四字熟語とかほとんど出来なかった。

和衷協同、籠鳥恋雲、生々流転書けなかったし、そもそもそんな四字熟語あることも初めて知った。

「日常生活で使わないよ!」と文句の一つも言いたくなったが、まあ勉強不足でした…

晩杯屋飯田橋店 復活

お客様の入りに対して、店員さんの人数やオペレーションが追いついていなかった晩杯屋飯田橋店。
しばらく休業していたが、再開していたので、久しぶりに訪問して見た。
FullSizeRender
FullSizeRender
オペレーションが追いついてきた。
慣れた人を他店から異動させたのかなあ。
IMG_2401
生うに。税抜き166円、税込み3500円って
IMG_2402
消費税2008%って、税務署もびーくりの消費税率^_^

神田鐵道倶楽部

神田駅に鉄道グッズいっぱいの飲食店があるということで行ってみる。
IMG_2391
FullSizeRender
FullSizeRender
店内はサボや昔の路線図で鉄道テイストいっぱい。
FullSizeRender
ベロネーゼが一番人気?
FullSizeRender
FullSizeRender
食堂車のカツカレーを食べる。
昔食堂車を運営していた会社の運営。
ああ、食堂車、新幹線や特急で復活しないかなあ。

北陸駅前延長線落ち葉拾い&丸岡城の旅

北陸地方の路面電車が、20143月から20163月にかけて、駅前に乗り入れるために少しだけ(100m~200m)延長された。そのため、鉄道・軌道・鋼索鉄道を完乗していたのが20143月以降未達成状態になった。その間に開業した北海道新幹線や可部線延長(復活)線は乗りにいったが、たった100mのために北陸まで出向くのも…と放置していたが、関西の実家へ帰る時に、行きは北陸、帰りは東海道の一筆書き乗車券を使って、乗り潰しをすることにした。

FullSizeRender

券売機で買う場合
①発駅と着駅を同じ(例えば東京駅発、東京駅着)にするとエラーになるので、だぶらない別駅(例えば上野駅発、東京駅着)にする必要がある
②京都駅で下車するか選択するボタンで、下車するを選択すると一筆書きにならず高い運賃になるので、下車しないを選択する必要あり(実際には発券された切符で山科ー京都間を払えば下車できる。)
IMG_2378
こんな感じ

まずは北陸新幹線を富山で下車。

IMG_2156
目指すは高岡なのだが、新高岡に止まる新幹線だと接続が良くなく、富山駅で下車してあいの風とやま鉄道に乗り換える。

IMG_2157

富山駅から一旦城端線に乗って福野駅まで向かう。「べるもんた」なる観光列車の指定席を前日に確認すると空席があったので、寄り道することにしていた。

IMG_2162

富山・石川で初めての鉄道だそうだ。

IMG_2166

IMG_2164

駅名標も歴史がありそう。

IMG_2167

1両だけの「ベル・モンターニュ・エ・メール(べるもんた)」は「トワイライトエキスプレス」や近鉄の「かぎろひ」に似たダークグリーンのかっこいい塗装。

IMG_2168

車内でお寿司を職人が握ってくれるというのも一つの売りだが、注文した人がほとんどいないようで手持ち無沙汰。

FullSizeRender

乗り込んでいる観光案内の人が、色々沿線を案内してくれる。

IMG_2171

FullSizeRender
FullSizeRender

貨物線が遠方に見える工場まで続いているが、数年前に廃線になったそう。

IMG_2184

IMG_2185

新高岡駅は、城端線側の改札はなんと無人。あまり新幹線からの乗り換え客はいないのかなあ。

IMG_2190

IMG_2163

高岡駅で城端線を下車して、路面電車の万葉線の高岡駅へ。以前はJRの駅舎と少し離れていたが、駅内に乗り入れを果たした。

IMG_2204

立川志の輔(沿線の富山県射水市出身)の声が車内アナウンスしてくれる。

IMG_2202

ドラえもんトラムも走る(作者である藤子・F・不二雄が高岡市出身)

IMG_2206

乗って100m走ると、新線乗車目的は終了。IMG_2210

どこまで乗ろうか特に決めていなかったが、高岡大仏の最寄りのアナウンスに引かれ、坂下町(高岡大仏口)で下車

IMG_2211

日本三大大仏の一つだそう。

IMG_2214

入場料はないので、お賽銭を出す。

高岡駅の地下で昼食を取る。

IMG_2225

IMG_2224

12時過ぎでお客さんが一人もいなかったので入りづらかったが、自分が入った後、何組も入ってきた。

高岡駅から列車で丸岡駅を目指す。

現存12天守のひとつで未訪問の丸岡城に行ってみたかった。

福井駅からは30分に1本のバスがあるらしいが、城名と同じ丸岡駅からのバスは2時間に1本しかない。うまいことその2時間に1本のバスに乗れた。

IMG_2235

IMG_2236
IMG_2234

昔は鉄道が通っていたが、廃止された。

IMG_2240

元鉄道駅跡地にある丸岡バスターミナルで下車。

IMG_2244

鉄道駅っぽい建物だが、廃線後にしばらくは鉄道駅舎がバスターミナルとして使われていたらしいが、立て直した模様。

帰りのバスは約30分後。丸岡城まで徒歩10分程度あるらしく、往復20分。天守閣見学が10分しか出来ない。無理なら福井駅行きのバスにしようと思ったが、丸岡-福井の乗車券分がもったいないので、とりあえず早足で丸岡城を目指す。

IMG_2273

IMG_2254
IMG_2260

こじんまりとしたお城で、しかも展示物もそんなにないので、10分程度で見学終了し、バスターミナルに戻る。

IMG_2279

バスターミナルとして建替えているとはいえ、昔の鉄道駅っぽい雰囲気だなあ。

IMG_2281

FullSizeRender

丸岡駅に到着するが、福井駅方面の列車への接続が余りよくなく、48分の待ち時間。廃線になった丸岡線が北陸本線をまたぐ橋脚跡が残っているというので、時間つぶしに歩いてみる。10分程度でお目当ての場所に到着。立派に(?)橋脚跡が残っていた。

IMG_2285

IMG_2287
IMG_2289

福井駅まで移動して、えちぜん鉄道福井駅に。ここも今回の旅の目的地の一つ。

IMG_2298

福井駅新幹線乗り入れ工事の一環で、一時的に私鉄のえちぜん鉄道が、新幹線駅に6/23まで乗り入れている。6/24からはその隣に建設中のえちぜん鉄道の高架駅が完成して、そちらに切り替わるので、新幹線の駅(予定地)に私鉄で乗り入れるというレアな状況は、あと2週間で終了する。

新幹線の駅舎やプラットフォームをそのまま使っているのかと思ったが、そういうことではなさそう。

IMG_2302

IMG_2309
IMG_2310
IMG_2320

田原町まで行き、福井鉄道に乗り換える。

IMG_2325
IMG_2328
IMG_2327

この駅もえちぜん鉄道と福井鉄道の乗り入れを機会に綺麗になったなあ。

福井駅の駅前延長線は、高岡駅ほど駅舎の中に入るわけでなかった。

IMG_2337
IMG_2341

もう少し駅舎に駅舎に近づければいいのにと思う(既乗済みの富山駅前延長線や高岡駅延長線は駅舎内に乗り入れるので雪の時も便利だが、福井駅延長線は雪のときは濡れるなあ。

福井駅は恐竜がすごいことになっていた。

IMG_2344

IMG_2351

この恐竜たちは、動くし、吼える。

IMG_2363

恐竜のイラストが、飛び出して見える。

IMG_2353

IMG_2354

福井駅ビル内の蕎麦屋で晩飯。

FullSizeRender
IMG_2357

このあとサンダーバードで京都駅へ。

山科-京都駅の飛び出し分の運賃を改札口で支払い下車。北陸地方の駅前延長新線の落ち葉拾い旅が終了した。

 

 

 

ビオディナミ赤羽と飛鳥山公園の紫陽花とミライザカ王子サンスクエア店

土曜日に下の子の野球の手伝いにかみさんと行き、野球の試合会場から赤羽まで出る。
11:00頃でまだ開いていない店も多く、開店していたビオディナミという店に入る。
FullSizeRender
IMG_2104
FullSizeRender
IMG_2106
食べ物がしっかりとした味をしていて美味しかった。

夕方、かみさんが娘と映画を見に行ったので、下の子と晩飯を食べに行く。
子どもの第一希望のもんじゃ焼き屋が閉店していて、やる気茶屋にも満席で振られたため、吉野家へ。
IMG_2109

日曜日は、先日、京浜東北線の車窓で見かけた飛鳥山公園の紫陽花を観にかみさんと出かける。
IMG_2128
IMG_2124
IMG_2115
IMG_2117
IMG_2132
IMG_2136
ちょうどいい時期で綺麗だった。鎌倉の紫陽花の観光地より人並みは少なく、のんびりと眺める。
FullSizeRender
昼飯は飛鳥山公園近くのミライザカ(確かワタミ系のチェーン居酒屋)で食べる。



鎌倉あじさい 成就院と明月院

かみさんが鎌倉行きたいというので、電車で鎌倉へ。

鎌倉駅までJRで行って江ノ電に乗り換え。

IMG_2029

1日乗車券を買ってしまったが、鎌倉−極楽寺往復だけだったので、普通に切符買えばよかった。

IMG_2031


極楽寺駅から成就院へ。坂道の向こうに海が見えるフォトジェニックな場所。


IMG_2036

入場料取るなりすればいいのに、と余計なお世話だが思ってしまう。

IMG_2039

IMG_2044
IMG_2052

極楽寺駅最寄だが、長谷駅も歩けそうな距離ということで長谷駅まで歩き、駅前の「長谷食堂」で昼食&ビール。

IMG_2062

IMG_2059

出てくるのが遅いとのネット評価もあるが、地ビールちびちび飲みながらだったので、特に不満は無い。

江ノ電が見えるので鉄道好きにはいい感じで、テラス席希望すればよかった。

IMG_2057

FullSizeRender

長谷寺行こうかという話にもなったが、駅から長谷寺への沢山の人を見て断念。

残る鎌倉三大あじさい名所(長谷寺、成就院、明月院)の明月院を目指す。

その前に1日乗車券がもったいないので電車で極楽寺駅まで戻り、駅名になっている極楽寺を見学してから北鎌倉駅を目指す。

IMG_2069

IMG_2063

最近の高校生はみんなすごいカメラを持っているなあと見ていて思ったが、みんなが持っているわけではなく写真部の子達か?


北鎌倉駅から明月院の間で踏切が鳴ったので、電車を待って写真を撮る。

IMG_2076

明月院は沢山の人。

IMG_2080
IMG_2083
IMG_2079
IMG_2087

あじさい満開時期だともっとすごくなりそうだが、まだ満開には早いので、有名な(と来るまで知らなかった)丸窓も数人の待ちで写真を取れる。


浜田省吾の「紫陽花のうた」はここのことだったのとようやく気付いた。

神楽坂 九頭龍蕎麦本店とルブルターニュ バーアシードル レストラン


土曜のお昼、子どもは学校(上の子)と野球(下の子)のため、かみさんが「会社関係の飲み会でおいしかった」と言う神楽坂の九頭龍蕎麦本店へ出かける。

IMG_1963

IMG_1962

IMG_1952
九頭龍という名前からなんとなく中華系を想像したが、「福井の地酒が揃う店」とのこと。ああ福井県の九頭竜湖(川)かと納得。

本当はこの後、土曜午後出勤して仕事をしようと思っていたが、「軽いコース」(お酒つき!)がメニューにあり、土曜午後出勤は断念して、そのコースを頼むことに。

FullSizeRender

FullSizeRender
IMG_1954
これは2人分です。
FullSizeRender
追加の地酒はなみなみと注いでくれた。
真ん中のへしこが美味しかった。
IMG_1956
天ぷらとお蕎麦でコース終了。
IMG_1957
らっきょは、お酒が残ったので追加で。

どれもおいしかったし、お酒がすすみました。


そのあと、帰りがけにシードルのいっぱい置いてあるという店の前を通りがかり、シードル大好きなかみさんが入ってみたいということで入店(というか外のオープンスペースに)。

IMG_1964

IMG_1967
グラスでも6種類ほど頼める(その他はボトル単位)。
IMG_1968

フランスにも店があり、また都内にも数軒あるお店だそうです。

FullSizeRender

FullSizeRender
のんびり外で飲んで、家に帰って午睡しました。


翌日は日曜日。

土曜日にお酒を飲んで土曜出勤しなかったので、代わりに午前中、日曜出勤して仕事をする。

夕方、王子に出来た「銀だこ大衆酒場」に行って見る。

子どもたちは「家にいる」と振られたため、ちょっと晩御飯には早い時間に、かみさんと2人で行く。

FullSizeRender

IMG_1986

ものすごく並んでいるが、多くの人が並んでいるのは持ち帰りのたこ焼きの方で、店内は回転も速いのか10分ぐらい並ぶと入れた。

IMG_1988

店内もお客さんいっぱいで、時間帯がハッピーアワーで飲み物が安いため、なかなかビールが来ない。

ただ、一所懸命に店員さんが頑張っているのがわかるので、気長に待つ。


IMG_1990

IMG_1992
日本酒のカップ酒が全国各地のものがあるのが面白い(値段は安くは無いが)

1ヶ月ぐらいして、店が落ち着いてきたら、たまに入るのはいいかも。


なお、「銀だこ大衆酒場」の他の店では、たこ焼きを自分たちで焼くスタイルの店もあるようだが、こちらでは完成品が出てくる。自分たちで焼けると子どもも面白がるとは思うのだがそこは残念。

本駒込(白山下)古今亭志ん朝愛用の兆徳と居酒屋まぬけと立ち呑み処なかや白山店

落語好きの友人2人と古今亭志ん朝が愛用した中華料理店の兆徳へ行こうという話になる。
仕事終わりに東京メトロ南北線の本駒込駅を下車して兆徳を目指すが、満席で、近くの居酒屋まぬけという店で時間調整の1次会。
IMG_1735
IMG_1734
IMG_1736
B級な店名とは裏腹に、この店はこの店でいろいろおいしいつまみあり、ビールのあとホッピーに切り替え呑む。
この時点で普段の1日の酒量(ビール350を1本と焼酎ホッピー3杯)に近くなっていたが、兆徳に戻る。
まだ並んでいたため、待ちながら缶チュウハイ500を1本呑む。
IMG_1739
IMG_1744
IMG_1742
古今亭志ん朝の色紙。
IMG_1745
紹興酒を呑みながら注文した料理を待つ。
IMG_1749
IMG_1750
FullSizeRender
なんか色々頼んでるなあ。しっかりした味わいで美味しかった記憶はある。

翌日は休日だったが、起きてみると午後1時を回っていた。久し振りに呑みすぎた感じ。
かみさんから「3次会まで行ったんだね」と言われたので「ううん2次会で帰った」というと訝しげ。

翌日は休日だが別の呑み会が入っており、その呑み会に落語呑みの2人の内の1人も参加しており、「昨日3次会なんて行ったないよなあ」と念のために聴くと「2次会の兆徳で終わって帰ったよ」と同意見だったが、呑み会の最中にふと思い立ってスマホの写真を見ると
IMG_1918
しっかり3次会行ってました(しかも写真をかみさんにlineしてました)
立ち呑み処なかや白山店という店でした。
2人とも3次会の記憶は飛んでました。
ちなみにもう1人の参加者は、家にたどり着けずに“野宿“したそうです。




晩杯屋大塚店

刺身がある立ち飲み居酒屋の晩杯屋。
飯田橋店はお客さんが入りすぎて(?)店舗のオペレーションが追いついていないなと思っていたら当面休業になってしまった。
大塚は適度なお客さんの入りで居心地が良い。
IMG_1906
ぶりの刺し身といつも頼むハムカツ。
IMG_1907
しばらくぶりに来るとメニューが少し変わっていた。
アボカド納豆なる新メニューを注文
IMG_1908
これはセレクトに失敗

大塚駅に星野リゾートが関わるホテルができた。
IMG_1909
1階にカフェ、2階にレストランができた。
またホテルのすぐ近くに
IMG_1915
いきなり飲食店がたくさんできた。
(赤い部分)
IMG_1910
IMG_1913
IMG_1916
IMG_1917
こちらの飲食店街も星野リゾートがからんでいるのだろうか?






嬬恋鹿沢国民休暇村と旧太子駅跡と嬬恋牧場

ゴールデンウィークに1泊2日で近場に旅行に行く。

昨年のゴールデンウィークは城ヶ島海岸へ行ったが、娘はバイキングを期待したのに、セット料理で、しかもあまり得意でない魚中心(まあ海沿いだし)でがっかりしていたので、今年はバイキング形式の国民休暇村を探す。(息子は、魚も含め大体何でも食べられる。)

関東圏の国民休暇村のうち、予約時に、この嬬恋鹿沢国民休暇村のみ空室があり予約できた。

最寄り駅の一つが長野原草津口駅なので、草津白根山の影響もあるのかな。
実際には、休暇村から草津白根山は、非常に遠いのだが。

「特急草津」に乗車。
IMG_1760
しょぼい特急のイメージ(185系という昔「新幹線リレー号」や「踊り子号」に使われていた車両)だったが、いつの間にか綺麗な車両に(といっても、常磐線からのお古だが)。
かみさんも予想に反してびっくりしていた。

途中駅でで旧型客車が見え、開かない窓から覗くと、SLが見えた。
IMG_1761
IMG_1764
ゴールデンウィークのお客さんで、SLの車体が良く見えないぐらい人だかり。

長野原草津口駅で特急を降りると、改札口までダッシュする人が複数いた。
IMG_1768
IMG_1770
何かと思っていたら接続の草津温泉へのバスを目指す人たち。
まあお客さんの数に対応し続行バスが出るのだろうが、せっかくの旅行なので駅でバス待ちしたくない人もいるだろうなあ。

休暇村へ公共交通機関も送迎バスもないので(長野県の上田駅側からは休暇村の送迎バスがある)、駅前でレンタカーを借りる。

最近、新聞で「旧太子駅が整備」みたいな記事を見た。
わざわざ行くほどではないが、今回の旅行の長野原草津口駅から近いらしい。
しかもレンタカーを借りる。
ということで、家族に話しをして立ち寄ることにする。

車で15分ほど走ると、看板があり、やたら広い駐車場があった。
旧太子駅用の駐車場というより、ヘリポート用の空き地なため広いという感じ。

朽ちたホッパーがいい雰囲気で残る。
IMG_1800
駅舎は今回、新たに復元して立てた。
IMG_1779

IMG_1783
廃線駅舎を、残っていたのを保存したわけではなく、新築したことに眉を顰める鉄道ファンもいるとは思うが、まあお城でいうところの外観復元天守閣か復興天守閣みたいなものなので、模擬天守閣(そもそも存在していない天守閣を建てちゃった)ではないので、そんな目くじら立てなくてもと個人的には思う。
IMG_1841
廃駅など、子どもたちにとっては興味ないだろうし、すぐに「つまんない。帰りたい」と言うと思ったが、線路の上を歩いたり、
IMG_1792
ホームをなぜか全力疾走したり、
IMG_1903
線路上も走り出したりと
IMG_1904
意外と楽しそう。
(父親の趣味に、気を使ってくれたのかも知れないが)

その後、宿に入るのはまだ早いので、家族の希望を聞き「嬬恋牧場」なる所へ行くことにして、その途中に飲食店があったら、入って昼ごはんにすることに。
ところが道沿いに飲食店が見つからず、万座ハイウェー入り口付近でようやく蕎麦屋がありそこで昼食。
IMG_1840
FullSizeRender
あまり飲食店がない地域らしく、店の中はかなりのお客さんが集中。食事が出てくるのに相当時間がかかった。
ただ、配膳の人や会計の人にも「遅くなり、すみません」と謝られたので悪い印象はなし。
店が少ないため、休日は特にお客さん
が集中するのだろう。

万座ハイウェーは片道1,000円強かかる。
嬬恋牧場は、牧場というわりに,、動物がほとんどおらず、どちらかと言うと見晴らしの良い休憩スポットという趣き。
IMG_1866
IMG_1862
ここでお昼ご飯でも良かったといいながら、息子はソフトクリームを食べる。
娘は風が強かったため、車の中に、こもり中。

帰りにも万座ハイウェー出口で1,000円強取られる。確かに片道ではなく往復になるが、そんなに距離走っていないので、2,000円強は、高いなあという印象。
帰宅後ネットで調べると「高い」と言う声が多数載っていた。

休暇村到着。
IMG_1872
休暇村はどこも広々としていて自然の中で、しかも公共の宿なので比較的リーズナブルでありがたい。
学生時代から、かんぽの宿とともに愛用している公共の宿の一つ。

宿泊する部屋では電話は「圏外」になり、かみさんは愕然としていたが。
(ちなみにロビー付近だとwifiが繋がる)

晩飯は地産地消の食材がいっぱいでお酒がすすむ。
FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender
子どもたちがいるの、長っ尻は出来ないが。
気持ちよく飲んで、久しぶりにじっくり寝た。
(普段、平日は仕事で朝早く、最近は息子の少年野球の送りのため、休日も朝寝が出来なかったため)

翌日はレンタカーを返すまでの少しの時間「浅間高原しゃくなげ園」を目指すが、カーナビに載っていない。
住所を入力していくが、うまくたどりつけず、このまま探しても見学する時間がほぼなく、レンタカー返却時間が迫ってしまうので、途中で断念。

「浅間火山博物館」見学に予定を変更する。
IMG_1889
IMG_1893
残念ながらあまり時間がなく、じっくりは見られなかった。

レンタカーを返し、長野原草津口駅隣接の食堂兼みやげ物屋みたいな建物で昼食。
2階でも食事が出来て、最初はがらがらだったが、途中から2階もそこそこのお客さんの入りになる。
FullSizeRender
温泉、バイキング、(渋滞の心配のない)レール&レンタカーということで、のんびりとした休日になった。
IMG_1895
IMG_1896
帰りの列車で寝ている娘を起こさぬようにしながら、ビール解禁。IMG_1902
2時間強の列車旅を楽しむ。




三重ナガシマスパーランド&イルミネーションと大和高田「辻甚」

三重県のナガシマのイルミネーションが綺麗だというので、実家に用事(本の整理)をかたすついでに行くことにする。

実家の親とは近鉄桑名駅で待ち合わせする。

上の子の都合がつき、サプライズで連れて行くが、今回は、連れて行くことがばれていた模様。昨年は、ばれずにかなり驚いていたのだが。

近鉄桑名駅から路線バスでナガシマスパーランドに到着し、予約したホテルに。
BlogPaint
(隣のホテルとの渡り廊下みたいな所)

3つあるホテルのうち、一番リーズナブルなホテルだが、温泉施設も近いし、バイキングも品数豊富でよかった。
ホテル内に売店が無く、隣接ホテルの売店か、温泉の売店を利用しなければいけない点だけが少し不便か。

ホテルで荷物を預かってもらい、ナガシマスパーランドの遊園地へ。
絶叫系の乗り物が多数あるようだが、娘は特に興味なし。
IMG_1214
(休止中のジェットコースター)
IMG_1213
ごはんを食べて、観覧車にだけ乗って、ホテルの部屋に入室できる時間には早々に引き上げる。

隣接する温泉へ。
日帰り客も受け入れているが、とにかく広い。
露天風呂がたくさんあって、それぞれの露天風呂が離れているので、すごくゆったりと入れる。
これだけの露天風呂の規模の温泉は、ほかに記憶に無い。

メインのイルミネーションにあわせて、少しは早めの夕食。
バイキングで好きなものを選べるので娘も満足のよう。
このあとイルミネーションを見るので、お酒は控えめにした。

てっきりスパーランド近辺にあると思っていたイルミネーション会場は、バスで15分ぐらいするまったくの別会場。
ホテルの用意した送迎バスに乗り込む。
さすがに西日本で1・2を競うイルミネーション(他に著名なイルミネーションは長崎のハウステンボスのイルミネーションらしい)で見ごたえ充分。
IMG_1232
IMG_1255
IMG_1264
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
会場にて仕事の電話が入ってしまい、「くまもん」のイルミネーションがじっくり見られなかったのが残念。
IMG_1410
IMG_1414
IMG_1421
翌日は朝風呂入り、同じくバイキングの朝食を食べて、帰りはホテルの送迎バスに乗車して近鉄桑名駅へ行き、実家に向かった。

実家に行き、たまった本を整理しようと、まずは本棚を買いに近所のニトリへ。
適当に本棚を選んで購入し、実家で小一時間かけて組み立てる。
IMG_1442
何故か組み立て方法に記憶があるなあと思ったら、数年前に勤務する会社で本棚を設置することになり、自分たちで購入して会社で組み立てたことがあったが、その本棚と同じ製品だった。

今回は本棚の組み立て・設置と、あふれている本を収容して、時間切れ。
ダンボールに入ったままの本は、今度実家に帰るときにあらためて整理することにする。

帰る日の昼食に大和高田市の「辻甚」さんへ。
たまたま見ていたテレビの旅番組で、趣のある建物と比較的リーズナブルなランチを拝見して、行きたいなと思っていたが、結婚式の宴会にもよく使われるらしく、帰省時に宴会設定日に当たってしまったりして、機会が無かった。
今回は宴会も無く、ランチに入れるということで行く。

駐車場に体格のいい黒いスーツを着た男の人が数人いたので、てっきりその筋の人たちかと思ったら、駐車場で車の誘導する店の人でした。
IMG_1496
店はいい雰囲気で、料理もおいしかったが、娘は不満そう。
まあ自分もコース料理とか畏まった食事はそんなに好きではない。
娘は中三で、今後、きちっとした所で料理を食べる可能性も出てきたので、テーブルマナーの練習に一度連れてきておきたかった。
「次の帰省時はいつもの定食屋さんにしよう」と言ったのと、最後にたくさんの種類のスイーツが出てきて、全種類を少しづつ食べられたので、当初の不機嫌は若干解消か。
IMG_1445
IMG_1449
IMG_1450
IMG_1455
IMG_1456
IMG_1487
そのあと、大和高田駅から近鉄特急&新幹線で帰京した。

2018年3月 江古田プアハウス休業中

【2018年7月現在 復活営業されています】

日曜日、こどもたちが用事でいないので、かみさんと昼飯を外に食べに行く。
東京で一、二を争う好きなカレーである江古田のプアハウスへ。
IMG_1006
ところが定休日ではないはずなのに、シャッターが下がり、当面休業とされていた。
かなりショックで、会社の同僚にメールすると、今年1月にいったら、当面休業となっていたとのこと。
このまま廃業になってしまうのではとかなり心配。
IMG_1009
結局、江古田南口の「中華家族」へ。
かみさん曰く結婚前(20近く前?)に一度かみさんときたことがあるというが、中に入っても思い出せなかった。

息子初めての一人映画

土曜日に下の子の希望で、公開初日のドラえもん映画を見に御徒町へ。

券売機で入場券買おうとすると、1席しか白くならない。
なんと最後の1席だった。

子どもの分だけ買って、子どもは初めて一人で映画を見る。
IMG_0993
(購入後、△から満席に。危なかった。)

IMG_1001
暖かい日だったので、父は隣の百貨店屋上で読書。
その後浅草の亀十のどら焼きを下の催事場で買って、下の子が出てくるのを待って一緒に帰る。

通勤途中の出来事

通勤途中に可愛らしい光景に出くわした。

とある中学校の正門前を毎日通るのだが、よく正門前の場所で、その学校の生徒さんが運動着を着て、朝練をしている。

今日も通りかかると、10人程度の女子生徒が運動着を着て集まっていたが、そこに男子生徒が一人だけやって来た。
すると、そこにいた女子生徒が全員で手拍子をしながら「Happy Birthday to You♪」と声を合わせて歌いだした。
男子生徒は照れくさそうに、でも嬉しそうにしていた。

多分、男子生徒には、「用事があるから、いつもより早く来てね」と話してあったのだろう。
そしてさらに前に女子生徒みんなで集まって、サプライズの待機をしていたのだろう。

40代のオヤジに見られても、居心地悪かろうと、気づかない振りして走り去ったが(自転車だったので)、朝から可愛らしい風景に出くわしたものだ。

うちの子達の学校でも、こんなサプライズをしたり、されたりがあるのだろうか?



















池袋西口「火星カレー」

池袋西口に「火星カレー」というカンガルー肉や鹿肉や馬肉など、変わったお肉でカレーを食べさせる店があるらしいということで訪問。
IMG_0972
以前1回きたが、満席で、その時は後に予定が入っていたため断念した。
IMG_0971
様々なお肉のカレー。
残念ながらカンガルー肉は今日はやっていないとのこと。
IMG_0967
羊のお肉が大好きなので、羊肉を選ぶ。
値段はカレーとしては高価格だが、おいしかった。
お肉も柔らかく、カレーもルーではなくペーストタイプだがおいしかった。

中盛り、中辛で食べたが、大盛り・大辛でも追加料金不要なので、次はカンガルー肉か鹿肉かで大盛り・大辛にチャレンジかなあ。




大阪城天守閣とミライザ大阪城

九州旅行の帰りに大阪城近くにできたミライザ大阪城の飲食店で親と食事することに。
IMG_0832
どこにあるか行くまでイマイチわかっていなかったが、大阪城天守閣のすぐ近くにあった。
IMG_0833
元大阪市立博物館で、元々は旧第四師団司令部庁舎という歴史ある建物をリニューアルしたらしい。
IMG_0834
その前に小学生の頃以来、うん十年ぶりに大阪城天守閣を見学してみる。
IMG_0845
阿倍野ハルカスより、このぐらいの高さの方が建物がしっかり見えて楽しい。
IMG_0847
IMG_0851
IMG_0850
太閤記の真偽を解説したこの展示に見入ってしまった。
今だに豊臣秀吉に関する知識は太閤記(をやさしくした児童書の伝記)のままだった。
蜂須賀小六との出会いとか…
IMG_0853
なるほど、昭和の天守閣が一番長いのか。鉄筋コンクリート製で、中にエレベーターがあり、批判的に言われるけど、これはこれでもうある意味歴史的建築物なんだなあ。
IMG_0868
ミライザ大阪城に移動。この建物の由来パネル。
IMG_0854
1階はお土産物屋や軽食など色々なお店が入る。
IMG_0855
IMG_0857
IMG_0865
2階はイタリアンのお店。真ん中は貴賓室だったところらしい。
IMG_0858
ここを予約してご飯を食べたが、料理に写真は撮り忘れた。
IMG_0869
午後の新幹線で帰京。
結局、東京から九州旅行なのに、往復とも下道で、飛行機は利用せず。
最近飛行機乗ってないなあ。


夜行フェリー乗船記録50 名門大洋フェリー「フェリーふくおかII」(新門司ー大阪南港2018年2月)

九州旅行の帰りは、名門大洋フェリーで大阪経由で帰ることになる。
IMG_0718
3連休の最終日の前日。しかもドック入りで、1便が休航のため、お客さんがいっぱい。
奥のバスもフェリー送迎バス。
IMG_0719
結局送迎バスは3台出た模様。
IMG_0720
門司駅にも送迎バスを待つ人が幾人かいたが、小倉駅出発時点で満席にため乗れず、3台目のバスに乗るように言われていた。
早めにフェリーにつきたい人は、小倉駅で早めにバスを待った方が、繁忙期はいいかもしれない。
IMG_0711
3連休にドック入りしなくてもと思うが、2月が一番閑散期なんだろうなあ。
IMG_0724
乗船口近くのこの空間はクローズだが、乗船タイミングで開かずにいつ開くのだろう。下船タイミングなのかなあ。
IMG_0727
テレビの前のこのスペースもすぐいっぱいに。
IMG_0728
オープンスペースはほとんど出航前に埋まっていた。
IMG_0730
本日の寝床。
IMG_0734
IMG_0735
タオル掛けがあるのは有難い。どっかのフェリーはタオル掛けが無くて、みんな廊下の手すりにタオルをかけるので、見た目が良くないんだよなあ。
IMG_0785
夜行列車や夜行フェリーに乗るときは、100円ショップで使い捨てスリッパを持ってくるがここは備え付けスリッパがあった。
IMG_0783
電源は枕元の電灯の下。充電するとき、スマホの置き場には困るが電源があるだけ有難い。
IMG_0745
IMG_0744
売店物色中。お酒やアイスの品揃えもそこそこ豊富。
IMG_0746
IMG_0747
IMG_0752
IMG_0748
フェリーグッズも充実しているが、今までの船旅のたびに買うので、今回はこのクリアファイル購入だけで我慢。
IMG_0760
無料wifiが時間制限付きだが利用できる。
IMG_0763
IMG_0764
風呂とは別にシャワールームあり。
せっかくの風呂があるので利用しなかったが、お風呂が混んでいる時は便利かも。
IMG_0773
乗船直後は、食堂もお風呂もいっぱいだったので、缶ビール片手に読書で小一時間過ごす。
IMG_0777
そのあと風呂に行くと混み合ってはいなかった。
IMG_0781
食堂もすいてきたが、そんなに空腹でもないので、バイキングという気でもなくなり、自販機で適当に買うことにした。
IMG_0774
IMG_0775
冷凍食品をチンするものやカップラーメンの自販機があり。
IMG_0776
あまり自販機で見慣れない台湾飯を食べてみることにする。
IMG_0790
ちょっと辛くて美味しい。
IMG_0793
売店で買ったものや、前々日に「サンライズ瀬戸で食べよう」と思って買ったのに食べてなかったものをテーブルに広げて晩酌。
IMG_0792
やたら分厚いこの本を読みながらしばし過ごす。(旅行中で荷物になるから文庫本の方がいいと思いつつ、逆に分厚い本は旅行中でないとじっくり読めないので、つい重い単行本を旅行に持ってきてしまう)
IMG_0804
翌朝寒いけど外に出て見る。
IMG_0806
IMG_0807
IMG_0805
本来は早朝着の1便に使用されている船なので、下船時間延長サービスのポスターが貼ってあった。
IMG_0815
大阪南港到着。隣はオレンジフェリー。
IMG_0819
IMG_0827
フェリーさんふらわあは、別府行きも志布志行きも大阪南港を去ってしまった。
IMG_0828
大阪でも雪が降ったようで、車がうっすらと雪化粧。
IMG_0829
これから、多分小学生に行って以来の大阪城天守閣を目指す。





国民休暇村南阿蘇と阿蘇山観光

IMG_0588
小倉駅で合流して、レンタカー借りて宿泊地の国民休暇村南阿蘇へ。
阿蘇って遠いなあ。
IMG_0591
国民休暇村は、どこも広大な敷地が特徴。
IMG_0593
夕食はバイキング。お肉や左上の魚はその場で焼いてくれる。
IMG_0596
右下のラーメンのつゆに春雨入れたような奴も美味しかったなあ。
IMG_0598
ブレまくりですが、夜はロビーで夜神楽やっていました。
IMG_0603
朝はくまモン版ラジオ体操。くまモンの動きが可愛らしくて笑える。
IMG_0608
これもピンぼけだが、朝ごはんもバイキング。バイキング大好きな娘も連れてきたかった。
IMG_0609
くまモンどこでも大活躍。
IMG_0592
あいにくの天気だが、晴れていれば、この絵のような絶景が望める宿らしい。
IMG_0612
積雪で車もうっすら雪が積もっていた。
IMG_0617
阿蘇山の草千里もこの通り雪景色。
IMG_0628
阿蘇山の博物館は見学せず、ポケモンgoで一匹配置したのみ。
IMG_0631
これはこれで滅多に見られない風景かも。
IMG_0639
阿蘇山ロープウェイの駅まで行って引き返す。
IMG_0642
IMG_0643
道中樹氷のようなフォトジェニックな風景がいっぱい。
IMG_0653
IMG_0658
大観峰に到着。
IMG_0671
あらためて見ると、火山の凄さを土地に垣間見る。
IMG_0664l
IMG_0663
ここは一度は見ておきたい風景。
(どうでもいい話だが、ここの駐車場にあったポケモンジムに配置したポケモンが、珍しく4日防衛していた。多分冬場のこの時期に訪れる人は僅少なのだろう。)
IMG_0677
道の駅でもくまモン大活躍。
IMG_0682
IMG_0691
IMG_0692
IMG_0695
こういう風景見るのも久しぶりでテンションが上がる。
IMG_0702
九州で雪景色なんで、ある意味貴重で、印象に残る旅行だった。



サンライズ瀬戸と新幹線で九州へ

年1回、大学の友人達と「美味しいものを食べに、主に日本海側に行く旅行」。
今年は趣向を変えて九州の阿蘇山になった。
乗車1ヶ月前の夕方にみどりの窓口に行くと、サンライズ瀬戸のノビノビ座席が1席だけ残っていたので、夜行列車で九州へ向かうことにした。

IMG_0509
東京駅は、お店が混んでいることが多いので、途中の上野駅で一旦下車して、構内のこのお店で時間調整。
IMG_0507
駅構内にしてはつまみもリーズナブル?
IMG_0505
ビールとポテトフライで、時間調整するが、ポテトフライは量が多すぎた。

IMG_0512
そのあと東京駅へ移動して、夕食の駅弁を物色。
IMG_0510
台湾風の面白そうな弁当も、この時間は売り切れ。
IMG_0511
ちょっとお高いが、美味しかった東京弁当も売り切れ。
越後長岡の海鮮花火なる弁当を買う。
IMG_0513
IMG_0520
サンライズ瀬戸・出雲が入線。3連休なので写真撮る人もいっぱい。
IMG_0530
IMG_0534
満席のノビノビ座席。
シャワーが不調で利用できない旨のアナウンスが流れ、サンライズの行く末に一抹の不安が残る。
晩年の寝台特急北陸に乗った時、メンテナンスを諦めた感じで、個室内の音楽設備や自販機が壊れたままだったなあ。

IMG_0532
安眠グッズ(耳栓、アイマスク空気枕)と夕食とお酒を準備。
IMG_0533
東京駅で買った弁当。越後長岡のお弁当だが、製造地は千葉だった…
IMG_0536
箱は綺麗だねえ
IMG_0537
ピンぼけだけど、美味しかった。
IMG_0539
IMG_0540
夜行列車の雰囲気が大好きなのでなんとか末永く残ってほしい。
IMG_0541
IMG_0543
3連休のため、出雲と瀬戸の分割作業もこの人だかり。
IMG_0572
岡山からの新幹線が満席で座れず、小倉駅の待ち合わせ時間まで余裕があるので、広島で降りる。
IMG_0574
後続の列車は大好きな500系。新幹線で一番かっこいい列車だと思う。(2番目は秋田新幹線のこまち)
IMG_0578
こちらはがら空き
IMG_0579
なんで手荷物置き場があるのかと思ったが、
IMG_0580
先頭部分はその形状から、あみだな部分が小さいのね
IMG_0581
小倉駅に到着。

IMG_0584
待ち合わせにもう少し時間があるので、人間と携帯に補充中。


東十条のとんかつ屋「みのや」

JR京浜東北線の東十条駅の北改札口の西側のとんかつ屋「みのや」に行ってみた。
IMG_8614
駅から数分。
IMG_8613
男性率高く一人率高い。
IMG_8608
ロースとんかつ定食を注文する。
ごはんもとんかつもボリュウムたっぷり。
IMG_8606
豚汁もボリュウムたっぷり。これで600円。
IMG_8612
ほかも安い。学生時代や独身時代なら通ったかも。
40代の今は、ちょっと食べ過ぎなので、次はおかずを単品+ビールを注文しようかなあ。

映画「君の膵臓をたべたい」

原作読んで面白かった「君の膵臓をたべたい」の映画を、DVDでみた。
ヒロインの女優さん、見慣れないけど、演技上手いなあ、と思ったら「あの花」(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)というドラマでヒロイン演じてた女優さんだった。あのドラマも原作アニメのイメージをうまく演じていたので、将来いい女優さんになりそう。

原作買うきっかけになった焼肉屋のシーンが映画ではなくなっていたのは残念。
またヒロインの影響で、主人公の男の子が、ヒロインのお友達と1年がかりで友達になるシーンも、原作の重要なシーンと思うが、こちらも後日談の設定のためなくなっていたが、後日談はいらなかったじゃない?と思った。
そうは言いつつ、なかなか良い映画だった。

鶯谷駅近くの銭湯「萩の湯」

IMG_0319
鶯谷駅近くにスーパー銭湯並みの一般銭湯があるらしいとのことで行ってみた。
立派なマンションつきのビルの3階(男湯)と4階(女湯)、あと2階に入浴しなくても入れるレストラン。
IMG_0320
入り口も銭湯らしくはない。
IMG_0323
玄関入ると立派な富士山(の絵)が迎えてくれる。
IMG_0321
東京の銭湯は熱い所が多いが、ここの半露天風呂や内湯のうちの一つはわりとぬるめでゆっくり浸かれる。
詳しい風呂の写真つき説明は下記のHPで見られる。
2階のレストラン。食券を買うと自動的にオーダーが厨房に通るらしく食券みせなくても出てきた。
FullSizeRender
奥は畳じきに椅子となっていて、あっちの方が良かったかも。
IMG_0322
IMG_0325
IMG_0328

FullSizeRender
FullSizeRender
メニューが豊富で、呑助メニューも充実している。
FullSizeRender
980円のセットを頼む。アルコールは選べる。
IMG_0336
ハイボールを追加。読みかけの本をのんびり読み切る。
IMG_0332
山手線の駅から近くてスーパー銭湯並みの施設で、460円で入れるとはかなりコストパフォーマンス高い。
朝6時からやっている(朝9時から11時はいったん閉まる)ので、今度は朝風呂に挑戦して見たい(朝はサウナが無料だそうだ)。

有楽町交通会館のスカイラウンジ(東京會舘運営)

FullSizeRender
有楽町駅前のスカイラウンジにかみさんと行ってみた。
IMG_0300
建物の該当の階(最上部)自体が回転しているのかと思っていたが、そんな訳はなく、中にドーナツ状の床があり、その床が80分かけてゆっくり回転している。
FullSizeRender
IMG_0304
東京會舘運営なので、ランチでもそこそこ本格的。
お値段も、そこそこいいお値段になる。
IMG_0302
開設当時は展望も良かったと思うが、今は周りに高い建物だらけで、見晴らしはイマイチ。
IMG_0306
ただし東京駅も見えて、列車も見えるので、北側から西側の風景は楽しめた。

もう少し呑みたいというので、この後立ち飲み(晩杯屋)に行ったら、休日の14時過ぎなのに、いっぱいのお客様dwびーくり。

池袋 大都会でちょい呑み

池袋で、手帳用品や本を探し、宮城ふるさとショップで菓子「萩の月」を買い(常に売っているわけではなくたまに期間を決めて売っている)、用事がかたずづいたので、ちょい呑みしたくなり「大都会」へ。
前は通るが、入ったことはなかった。
とりあえず生ビール2杯券を自販機で買い、席の番号(ピンぼけの写真だが右上の8がテーブル番号)を券に書いて、奥の注文口に置いておく。
マグロカツタルタル380円をつまみに頼む。
実は2杯券の仕組みがよく分からず、2杯目どうやって頼むのだろうと思案していたら、
2枚出てきていた券の2枚目をとり忘れていたらしく、次の自販機使ったお客さんが教えてくれた。
昼間からそこそこお客さんが入れ替わり入っていた。
サクッとここで終了して帰る。
やたらセット券がいっぱい。
今度はもう少ししっかり頼んでのんでみた

晩杯屋でちょい呑み

午前中休日出勤して、昼飯代わりにちょい呑みしたくなり、
晩杯屋という店に入る。
かなりリーズナブル。
休日のお昼過ぎのため、ほとんどお客さんがいない。
基本的には立ち飲み屋だが、休日は椅子があり、座ることも出来る。
もつ煮、炙りしめ鯖、ハムカツの3点食べたが、どれも美味しかった。
かみさんの好きなシードルもあるが、残念ながら甘くないハードタイプのよう。
別の日の夕方、別の駅にある晩杯屋へ。チェーン店らしい。
入り口から覗くと満席のように見えたが、
意外と中は広く、入ることができた。
ホッピーセットに中おかわり2杯とマグロ刺し、レバフライ、あん肝ポン酢のつまみ3点で1290円。
たまに立ち飲み屋の焼き鳥日高(日高屋の立ち飲み形態)に行くが、安くて美味しいので気に入っているが、あちらは魚系のメニューがほとんどないのが玉に瑕。
気に入って、再び別の日に晩杯屋へ。
今回はホッピーセットと中おかわり2杯とあんこう唐揚げ、タンくんせい、いわし刺しのつまみ3点で、前回とまったく同額の1290円だった。
気に入ってしまい、1ヶ月で4回目の晩杯屋へ。
チーズカリカリと、甘海老のかき揚げ。
追加で頼んだホタルイカ刺しは、ちょっと元気がないかんじ。
大盛レバホルモンというどんなのかよくわからず追加注文。
お酒はいつもの通りホッピーセットと中おかわり2杯。
つまみがいつもより1点多い4点だったが、それでも1440円と安かった。
まだまだ、食べてみたいつまみがあり、今後もときどき利用しそう。
ぜひ家の近くに出店してほしいなあ。

銀座SIXと盛岡冷麺ぴょんぴょん舎銀座店

新しく出来た銀座SIXを見物に銀座に向かう。
アップルストアの前を通る。
今年のiPhoneの新機種はあまり盛り上がってないような気がする。
iPhoneX発売数日だが、外まで溢れる人波という感じではなかった。
銀座SIX到着。
よくテレビに出てる飾り。
蔦屋書店が入るが、アートに特化した品揃えの為、自分にはご縁がなさそう。
銀座の一等地でこの空間の使い方は、採算は取れるのだろうかと他人事ながらきになる。
下の階でテラスのような空間あり。スターバックスが隣接するが、別にスターバックス専用というわけでもなさげ。
銀座SIX見学を終え、お昼ご飯を食べに、前から行って見たかった銀座の煉瓦亭に行くが、開店前から行列が出来ていた。
煉瓦亭はパスして、盛岡のぴょんぴょん舎の銀座店に向かう。
昔盛岡でここの冷麺食べて美味しかったので、銀座に支店があると知って、食べて見たかった。
冷麺とミニビビンバのセットとビール。
冷麺は辛さが選べるので、辛い方から2番目をセレクト。
美味しかったのでスープまで完食。

御徒町の吉池食堂とTOHO(東宝)シネマ上野

かみさんが映画「ラストレシピ」を、出来たばかりの上野の(駅は上野駅より御徒町駅が近い)TOHOシネマで観たいとのことで出かける。
昼飯は、御徒町駅前の吉池の最上階の吉池食堂へ。
食堂という名前だが、スタイリッシュな感じ。
北海飯(と写っていないがビール)を頂く。

隣に座ったご年配のお客様はボトルキープした日本酒とつまみを一品いただいてさっと引き上げていった。
これから上野鈴本で落語でも聞くのかなと勝手に想像した。
開業したばかりのTOHOシネマ。
上野に映画館が復活したのは嬉しい。入場前の待つスペースが狭いのが玉に瑕かなあ。

王子 山田屋

かみさんから「せんべろで飲みたい」とのリクエストで、何軒か候補をあげたうちの、王子の山田屋へ。
王子駅から少し歩いた(7、8分?)ところにある。
上記つまみやお酒(瓶ビール1本とそれぞれ2杯ずつ)などを頼んで一人当たり千円台でおさまった。
16時に飲み始めた頃はすいていたけど小一時間呑んで帰る頃にはほぼ満席だった。
この値段、この雰囲気なら、普段飲みで人気なのも納得。

留守番の子供達のごはんを買って、帰路に着いた。
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 娘と映画「焼肉ドラゴン」
  • 娘と映画「焼肉ドラゴン」
  • 2018年7月 江古田プアハウス(poor house)復活
  • 2018年7月 江古田プアハウス(poor house)復活
  • 娘と漢検受験at明大中野キャンパス
  • 娘と漢検受験at明大中野キャンパス
  • 娘と漢検受験at明大中野キャンパス
  • 娘と漢検受験at明大中野キャンパス
  • 娘と漢検受験at明大中野キャンパス