小学生4年生の娘と映画「陽だまりの彼女」を見る。
嵐が好きな娘はこれが2回目。
前回はお母さんと見に行ったので、今回はお父さんと。
中身の感想はネタバレになるので、書かないが、たまたま4年前に原作の本を読んでいたので、細かな伏線に気付いてそれなりに楽しめた。
ラストシーンだけ、「あれ?こんなラストだっけ」と映画がおわると、本屋で再確認してしまいました。
(原作とは少し違ってました)
それにしても、つい最近まで、プリキュアなどのお子様向けアニメ映画を見に行ったなあと思っていた娘と、男性アイドル主演の恋愛もの映画を見に行くとは、歳をくうはずだ。