兵庫県立博物館と姫路城を見学した後、姫路駅から飾磨港駅まで結んでいた
国鉄播但線の飾磨港線跡を自転車でたどってみた。
DSC02652
貨物主体で、旅客列車は1日2往復の閑散としたローカル支線だったらしい。
姫路駅から山陽電鉄の手柄駅までは、山陽電鉄と併走していたらしい。この駐車場や線路に沿ってある空き地あたりなのかなあ?
DSC02658
山陽電鉄手柄駅に到着。
DSC02660
ちょうど山陽電鉄の電車がやって来た。奥の踏切の付け根あたりから廃線跡の遊歩道が始まる。
DSC02663
立派な案内板が掲示されている。
DSC02662
遊歩道入口付近。
DSC02664
手柄駅から、終点手前の国道の手前(緑色の実線)までが廃線跡を遊歩道として整備した区画らしい。
DSC02665
綺麗に整備されている。
DSC02667
DSC02669
途中の亀山駅跡には復元された駅名標とホームがある。
DSC02671
レンタサイクルと駅名標を並べてみる。
DSC02672
枕木ぽいが残念ながら枕木ではない。
DSC02698
亀山駅近くの古ぼけた建物の工務店(の倉庫?)の看板に「国鉄亀山駅前」の表記がいまだにはっきりと残る。
DSC02699
左が亀山駅跡と遊歩道。
DSC02676
道路との交差部分は痕跡が消える。
DSC02679
DSC02683
左の赤茶のところは、隣の学校の陸上競技の練習場?
DSC02685
せっかくならレールをデザインすればいいのにとは思う。
DSC02686
DSC02687
山陽電鉄の網干線の下をくぐる。こういう所は廃線跡っぽい。
DSC02688
案内板と少し異なり、この辺りで遊歩道は終了となる。
DSC02691
飾磨駅跡は、この辺りのはずだが、痕跡は見つけられなかった。
DSC02700
手柄山の姫路モノレールの跡も訪ねて見たかったが残念ながら時間切れ。レンタサイクルを返却して新幹線の新大阪駅に向かう。
DSC02702
懐かしの500系新幹線が止まっている。
BlogPaint
ひとりで新幹線でやって来た娘と合流。実家に向かう。