フェリー・鉄道・自転車・噺・歴史・本・カレー

乗物と落語好きの40代親父の記録です。フェリー・鉄道・自転車・落語・本・歴史・ヤフオク・カレー屋あたりの話題が雑然と…

歴史

2017年春 レンタサイクルで兵庫県立博物館「桂米朝展」と姫路城

兵庫県立博物館で落語家の「桂米朝展」が開催されていると知り、白くなった姫路城とセットで見学することにした。
DSC02615
夜行列車ムーンライトながらで大垣まで行き、そのあとも姫路まで普通列車(快速)の旅で朝9時過ぎに姫路に到着。
とりあえず朝ごはんを駅前の喫茶店でとる。
DSC02618
朝食後に駅の観光案内所でレンタサイクルを申し込む。
太っ腹のレンタサイクル料金無料^ ^
DSC02617
こちらも「姫ちゃり」というレンタサイクル。 こちらは有料。
DSC02622
姫路駅からみて、姫路城の裏側にある兵庫県立歴史博物館に到着。
DSC02623
館内にあった姫路城の模型みて思い出したが、小学生の頃、姫路城見学した時にこの博物館も来たことがある。それ以来何十年ぶりかの再訪。
桂米朝展は充実の展示内容と、閉幕間近でお客さんが一杯でじっくり見られなかったため、図録を購入して帰りました。
DSC02633
またレンタサイクルで姫路城外周を半周し、姫路城正面に。
DSC02634
DSC02636
入るのに30分待ちの看板があった。
DSC02637
BlogPaint
上に行くほど階段が狭くなり、お客さんが滞留する。
BlogPaint
DSC02640
最上階からの眺めは気持ち良いが、
BlogPaint
最上階はお客さんの混み方も最大限。そうそうに退散した。
DSC02647
帰り道から見る姫路城の方が写真映えするなあ。
DSC02649
DSC02650
落語でお馴染みのお菊さんの井戸も眺めつつ、こちらも何十年ぶりかの姫路城見学となった。




2016年 富士見多聞初公開と富士見櫓

江戸城富士見多聞が内部公開されると新聞記事でみて、訪ねてみた。
IMG_6968
竹橋駅を降りて目指す。 IMG_6972 
本丸天守台跡
IMG_6973 
天守台跡には登れる
IMG_6976 
芝生でくつろぐ人々。
IMG_6985 
富士見多聞内部。江戸城内で建物内部に入れる数少ない施設。
IMG_6987 
公開直後であったが、入場規制するほどではない。
IMG_6990 
有名な忠臣蔵の松の大廊下跡。
IMG_6991
IMG_6993 
富士見櫓は、内部公開はされないが、従来より近づけるようになった。
IMG_7018

IMG_7026 
それ以外も散策。
IMG_7029
東京にきて20数年で初めて江戸城に入った。なんとなく江戸城=皇居だと思っていて、通常どこも入れないのかと思い込んでいました。
IMG_7030

備中松山城・松本清張記念館・五島列島・京都鉄道博物館・彦根城の旅3

備中松山城、北九州松本清張記念館、五島列島、佐世保、京都鉄道博物館、彦根城と各地に広がる行きたかった場所を訪れる旅も最終日。 
実家がある関西だが、今まで行けてなかった京都鉄道博物館へ。
レストランでいかにもな扇状SL車庫をイメージしたカレーを出た食す
日曜日とあってレストランもかなり混雑
これやりたかった(自分で列車名や行き先を変えられる通称「パタパタ」)がいつも誰かがやっていて、残念ながら出来ず。
家に飾りたいなあ
屋上のテラスからは行き交う列車が眺められる
レトロな駅舎
全て廃止されてしまったブルートレインなどのヘッドマーク。
JRで彦根駅に降り立った。
あ?ひこにゃん
いつもいるわけではないのね。
トイカメラとい機能で模型風景風に撮って見たが…
この撮影スポットも大人気。人がようやく切れて写真撮影できた。
ひこにゃん待ちのお客さん
ひこにゃん登場
特に何かするわけではないのだが、大人気
近くの博物館も見学

このあと4泊4日の(距離的に)長旅は新幹線で終わりをつげた。

2012/01/22「TOKUGAWA 15」堀口茉純

1106067508


歴史が好きで、たまに歴史の本を読む。
だいたい新書で読むのだが、史実に忠実なのだろうが、堅苦しく、読みづらい本も多い。
この本は、徳川将軍15代をイラストを交えわかりやすく紐解く。
表紙や「歴史アイドル」という著者の肩書きや、少女漫画のようなイラストに、歴史学者達は眉を顰めそうだが、内容は至極真面目で、特にあまり著名でない将軍もしっかり描かれていて、歴史書としては久し振りに最後まで楽しく読むことが出来た

5/17 「城あるきのススメ」春風亭昇太と盛岡城

1106005536
「城あるきのススメ」春風亭昇太

なかなか面白かった。
本人が、自分の大好きな趣味を一生懸命に説いているという感じがして内容も好感が持てた。
たまたま盛岡出張の車中で読んだので、空いた時間で盛岡城跡へ行く。
天守閣がない城に特に興味がなかったが、この本を読むと、天守閣がなくても楽しめた。
また、いつもは適当なところから入るのが、この本読んだので、正面にまわり、三の丸→二の丸→本丸と順番に見ていったが、そのほうが楽しめることも分かった。

P1000875
P1000876
P1000877
南部公の銅像があったらしいが、戦争で供出され、今は台座が残るだけ。
完全になくすか、銅像再建するかすればいいのにと思う

Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 袋田の滝と玉屋旅館の奥久慈しゃも弁当とガラス張りの日立駅と日立駅喫茶店(SEA BiRDS CAFE)
  • 袋田の滝と玉屋旅館の奥久慈しゃも弁当とガラス張りの日立駅と日立駅喫茶店(SEA BiRDS CAFE)
  • 袋田の滝と玉屋旅館の奥久慈しゃも弁当とガラス張りの日立駅と日立駅喫茶店(SEA BiRDS CAFE)
  • 袋田の滝と玉屋旅館の奥久慈しゃも弁当とガラス張りの日立駅と日立駅喫茶店(SEA BiRDS CAFE)
  • 袋田の滝と玉屋旅館の奥久慈しゃも弁当とガラス張りの日立駅と日立駅喫茶店(SEA BiRDS CAFE)
  • 袋田の滝と玉屋旅館の奥久慈しゃも弁当とガラス張りの日立駅と日立駅喫茶店(SEA BiRDS CAFE)
  • 袋田の滝と玉屋旅館の奥久慈しゃも弁当とガラス張りの日立駅と日立駅喫茶店(SEA BiRDS CAFE)
  • 袋田の滝と玉屋旅館の奥久慈しゃも弁当とガラス張りの日立駅と日立駅喫茶店(SEA BiRDS CAFE)
  • 袋田の滝と玉屋旅館の奥久慈しゃも弁当とガラス張りの日立駅と日立駅喫茶店(SEA BiRDS CAFE)