フェリー・鉄道・自転車・噺・歴史・本・カレー

乗物と落語好きの40代親父の記録です。フェリー・鉄道・自転車・落語・本・歴史・ヤフオク・カレー屋あたりの話題が雑然と…

バス

全国バス時間表(時刻表)日本観光出版 昭和38年8月号

2014-10-15-19-43-23
全国バス時間表(時刻表)日本観光出版 昭和38年8月号という時刻表がヤフオクに出品されていたので落札してみた。
フェリー、鉄道、飛行機、自転車と乗り物は好きだが、バスはあまり興味がない。
ただ昔の国鉄バスに興味があり、どんなもんかと眺めてみた。
なお、国立国会図書館には所蔵されていて、1号 (1963年7月)~ 17号(1964年11月号)まで所蔵されている。一方「バス時間表」(弘済出版社)というのも1号 (1964年5月)-3号 (1964年7月)まで所蔵されている。ここからは推察だが、弘済出版社に同じようなバス時刻表をだされて、共倒れでどちらも休刊になった模様。
2014-10-15-19-44-20
巻頭の地図も、普通の時刻表であまり目立たないバス路線が、赤線で目立つので、違和感たっぷり。
2014-10-15-19-43-49
バス時間表(時刻表)をうたっているが、飛行機や航路や私鉄の時刻表も掲載されている。
日本交通公社(現JTB)や弘済出版社(現交通新聞社)の大判全国時刻表の後半ページを詳しくしたようなもの。
興味深いページを中心に見てみたい。
2014-10-26-14-31-41
釧路臨港鉄道や雄別鉄道や旭川の市内電車の時刻が載っている。
また根室~中標津に3時間かかってバスが1日1往復しているなど時代を感じさせる。
2014-10-15-19-45-24
左ページの「歌登町営軌道」はバスではなく鉄道だと思うが、鉄道マークがない。
また、陸の孤島として雄冬航路は私が大学生のころまで残っていたが、ほかに浜益航路の記載もある。(1965年に航路終了らしい)
2014-10-26-14-34-24
北日本航空という聞きなれない航空会社の航空路が掲載されている。
のちに東亜国内航空の母体の一つになった航空会社らしい。
今の北海道エアシステムにちかい感じ。
2014-10-26-14-35-07
廃止直前は、1日1運行(1往復ではなく、下りだけ1運行のみ)という、国鉄清水港線(1日1往復で有名だった)も真っ青な運行をしていた寿都鉄道も、このころは3往復とまともに運航していた模様。
フェリー好きには、函館大間航路が、片道だけ佐井を経由しているのも興味深い。
2014-10-26-14-36-30
この時間表(時刻表)は、鉄道のマークが載っていない場合も多く、わかりづらいが、右ページには南部鉄道、南部縦貫鉄道、松尾鉱山鉄道など、廃止された地方私鉄が載っている。
2014-10-26-14-39-30
九十九里鉄道で本須賀線と白里線に鉄道のマークがあるが、本須賀線は1961年に鉄道廃止だし、白里線は、もともとバス路線で鉄道だったことはないはず…
2014-10-26-14-40-23
東武鉄道が掲載されているが、熊谷線は路線名が載っておらず、大師線は「西新井大師線」と間違えて記載されている。
2014-10-26-14-41-36
西武鉄道も聞きなれない路線名が載る。ただし、例えば「玉川上水線」は、今の拝島線だが、全通前なので「上水線」が正しい名前だったらしい。
2014-10-26-14-42-08
広告も興味深いが、広告に埋め尽くされたページの片隅に、軽便鉄道の草軽電鉄がさりげなく載っている
2014-10-26-14-42-36
東野鉄道、上武鉄道など。このころに旅できる年齢で生まれたかったと思うのは、こういう昔の時刻表を眺めていていつも思うこと。
2014-10-26-14-43-12
はとバスのコースも掲載されていて、右端には、皇居、羽田空港、鎌倉、江の島と欲張りなコースも。
2014-10-26-14-43-32
こちらは、夜のはとバスコース。
「ネオンコース」や「ボーリングゴルフコース」などイマイチ意図がよくわからないコースも。
2014-10-26-14-44-39
鉄道マークがあいかわらずないが、伊豆急行の時刻。
沼津港から色々な航路があるのも興味深い。
2014-10-26-14-45-13
右下に東京北海道航路が載っている。
また東海汽船の伊豆諸島航路も。
2014-10-26-14-45-43
同じく右ページに東海汽船の航路。今みたいに三宅島経由八丈島行ではなく、日によって三宅島行きと八丈島行きが交互に出ていたのがわかる。
2014-10-26-14-47-06
名古屋鉄道(名鉄)各路線。名鉄は廃線になった路線が多いなあ。
2014-10-26-14-48-32
北恵那鉄道や東濃鉄道の2路線など魅力的な路線が並ぶ。
左ページの木曽福島~上高地のバス路線も1:50発4:50着の夜行バスなど興味深い。
2014-10-26-14-49-55
今は2路線しか鉄道線がない北陸鉄道だが、この右ページのように、昔は様々な鉄道路線が走っていた
(最初、鉄道マークがないので、バス路線の時刻かと思ったが、どうもすべて鉄道路線の時刻の模様)
2014-10-26-14-50-42
京福電鉄(現在のえちぜん鉄道の路線)もしかり。
lこちらは鉄道マークがついているため、バスとの見分けはつきやすい。
2014-10-26-14-51-15
右ページは三重のローカル私鉄。
三重交通は今の近鉄路線だが、ところどころに廃止された路線も見受けられる。
2014-10-26-14-52-25
南海電鉄の鉄道、バス、航路。
白浜へ南海電鉄直営の航路があるのが珍しい。
2014-10-26-14-52-59
南海本線が、航路(のマーク)になってしまっている。
高野線(の汐見橋線)が住吉原(本当は住吉東)など、間違いが多い。
2014-10-26-14-53-53
現在日本最長の路線バスである奈良交通の新宮行きバス。
当時はさらに長く奈良大仏前から(今の起点の)八木駅前を経由し新宮に向かっている。
2014-10-26-14-55-00
今は一航路一往復(大阪~別府)しかなくなった関西汽船だが、この当時は沖縄航路も含めて数多くの航路を手掛けていた。

2014-10-26-14-57-23
今は水島臨海鉄道しかない岡山県の私鉄だが、左ページには私鉄が元気に走っている。
右下の倉敷市交通局(今の水島臨海鉄道)には、鉄道マークがないが、備考に「他 バス78往復運転」とあるので、載っている時刻は鉄道のものと思われる。
2014-10-26-14-58-10
ほぼ見開き2ページとも瀬戸内海航路。しまなみ海道ができて、廃止された航路も多い。
2014-10-26-14-59-15
防石鉄道や井笠鉄道の3路線が載っている。
2014-10-26-12-56-57
高知県内の時刻だが、左下には高知県内発着の夜行航路(あしずり汽船)、右側には高知22:40発、甲ノ浦3:35着の夜行バスなど今では考えられない夜行便が載っている。
2014-10-26-12-58-16
同じく、高知23:30発、宿毛6:00と同じ県内発着の夜行バスがある。
2014-10-26-13-00-49
下関~釜山の航路といえば関釜フェリーだと思っていたが、この頃九州郵船が運行していたんだ。
ウキぺディアだと「しかし、1945年の第二次世界大戦の敗戦に伴い日本が朝鮮半島の統治権を失って以降、大韓民国の成立や朝鮮戦争を経て、20年以上にわたってこの区間の定期的な海上交通は基本的に途絶えた」となっているのだが…
2014-10-26-13-03-25
長崎の端島(通称軍艦島)への定期航路が載っている。
2014-10-26-13-49-36
ここから国鉄バス。今はほとんど路線バスから撤退してしまった国鉄(JR)バスだが、当時は鉄道路線の補完として様々な路線が運転されている。
2014-10-26-13-52-20
奈良交通が有名だが、この頃は国鉄バスも紀伊半島縦断の五条~新宮路線バスを走らせていたらしい。
2014-10-26-13-56-09
最後に航空路。
大阪~白浜~串本~志摩~名古屋航空路だの、大阪~新居浜~別府航空路など、そもそも空港はあるのかという路線が載っている。

なかなか楽しめる時間表(時刻表)なので、国立国会図書館が近い方は、閲覧してみては。



















2014年8月 旧五新線(国鉄未成線跡)バスに乗る(2014年9月でバス廃止)

国鉄五新線という未成線(建設したけど、列車が走らなかった鉄道)跡に昔は国鉄バス、今は奈良交通のバスが専用道として路線バスを運行していたが、2014年9月一杯で廃止になるという。
土日は朝6時台の一往復しか運行されず、とても行けないなあと思っていたが、奈良の実家から、五條駅まで電車で30分程度と判明。
実家に帰った時に、早起きして乗りに行ってみることにした。
201408aritagoshin181
201408aritagoshin182
201408aritagoshin183
「専用道城戸」と「西吉野温泉」行きが五新線跡を通る。
201408aritagoshin184
ほぼ並行して、一般道経由の路線バスもある。
201408aritagoshin186
下側と右側に延々と伸びる路線は、日本一の長距離路線バスの新宮行き路線バス。
五新線も「五」條から本来は「新」宮を目指すという長大な計画であった。
201408aritagoshin188
201408aritagoshin189
201408aritagoshin190
バス到着。乗客は自分を入れて男性4名(全員カメラを持って撮影する名残り乗車の人)とたぶん趣味につき合わされた女性1名。
201408aritagoshin236
五條市内を少し走り
201408aritagoshin235
201408aritagoshin234
ここから旧国鉄未成線の専用道に入る。
201408aritagoshin192
前方は趣味の方3人がいらっしゃるので、後部座席から、後方を写真撮影。
201408aritagoshin194
201408aritagoshin195
201408aritagoshin198
201408aritagoshin201
201408aritagoshin206
201408aritagoshin207
201408aritagoshin208
201408aritagoshin212
201408aritagoshin213
201408aritagoshin214
201408aritagoshin217
トンネルや鉄橋があり、バス停は一段高くなっていたるして、鉄道の雰囲気満載。
可能なら、バス廃止後にサイクリングロードとして開放してくれないかなあ。
201408aritagoshin222
終点の城戸”駅”に到着。
201408aritagoshin223
201408aritagoshin224
201408aritagoshin226
山中のローカル駅という雰囲気。
ちなみに乗客5人とも、折り返しのバスで戻りました。


夜行バス「青春エコドリーム号」乗り心地 第2弾

腰痛もちの40代オヤジが、懲りもせず、夜行バス「青春エコドリーム号」に再度乗車した。

前回のバスは、東京駅から湊町バスターミナル(なんば)までを乗車したが、
夜行バス「青春エコドリーム号」乗り心地と新大阪天然温泉ひなたの湯
今回は新宿駅新南口から大阪駅まで乗車した。

前回は3840円の格安で予約できたが、今回は格安は埋まっていて、普通運賃5760円(ネット購入割のみ割引)だった。
IMG_5396
新宿駅に用事が会って、新宿駅から歩いたが、代々木駅の方が近い(というか、代々木駅から2分程度の近さ)バス乗り場。
IMG_5410
待合室には売店もあるが、狭くて、椅子はすべて埋まっている。

代々木駅近辺には食事できる店は多数。バスターミナルから近い、最近お気に入りの「ゆで太郎」で腹ごしらえ。
IMG_5407
IMG_5408
そのあと、バスターミナル目の前のハンバーガーショップで、飲み物で、乗車時間まで時間をつぶす
IMG_5400
IMG_5416
いよいよ乗車時間。本日は2台のバスで運行とのこと。
予約が遅かったせいか、2号車が割り当てられていた。
1号車は、2階建てだが、やってきた2号車は1階建てのバスだった。
IMG_5421
2階建てより、座席の間隔が広いように感じられた。
IMG_5427
天井も高く、こちらの方が2階建てより居住性は良いのではないだろうか。
IMG_5428
途中休憩のSAにて。左が2階建ての1号車、右が本日乗車の2号車。どちらも「青春ドリーム号」
IMG_5429
足柄での休憩。今回は通路側なので、途中休憩の時、降りてみた。
IMG_5434
IMG_5432
何軒かお店も営業中。20分休憩で食べられるかは別だが…
IMG_5439
夜行バスがひたすら停まっている。
IMG_5443
まだ起きている人が多い車内。
IMG_5449
小さなお子さん連れの乗客も。以外と熟睡していたなあ。車酔いする上の子は無理にしても
下の子なら夜行バスも可能かなあ…
IMG_5452
大阪駅にて。なお、2号車は全員大阪駅までの乗客で、大阪駅までで運転打ち切り(?)で、1号車のように天王寺駅には行かない運用だった。

今回の方が2度目で慣れたということと、1階建てで空間に余裕が合ったことで、前回より眠れた。
次もトライしてみようかなあ。

新東名高速道路経由のバス<新東名スーパーライナー6号>に乗ってみる

乗物は船、鉄道、自転車、飛行機など色々好きなのだが、
残念ながらバスにはほとんど興味はない。

ただし、高速道路の新線には少し興味がある。
特に新東名高速道路のパンフレットに
「開通距離はなんと史上最長の162km!」
というのを見ると、行ってみたくなる。

車は所持していないので、気楽に行くには高速バスなのだが、
開通時には、夜行バスは新東名経由になる変更になるバスがあるが、
昼行バスは高速バス停の関係で変更にならないと思われた。

ところがJRバスが、東京-名古屋間に「新東名スーパーライナー」として
昼行バスを走らせるということをネットで見つけた。

今回、新東名スーパーライナー6号に乗る機会があった。
残念ながら夕方に名古屋をでる便なので、新東名に入るころには日没になってしまったが。
201208syukugawa072
21日前だと安いねえ(平日限定)。今回は週末で「早割1」をネット購入で、3880円だった。
正規料金は5100円です。
201208syukugawa070
名古屋駅外に高速バスの独立した待合室がある。
201208syukugawa073
新東名スーパーライナーの案内が張り出されている
201208syukugawa075
201208syukugawa076
201208syukugawa077
4列シート車。トイレ付。(4号は3列シートらしい)
201208syukugawa081
日曜日の便は合計20人程度の乗車で、乗車直後に運転手さんが、他人が並んでいる席には、空いている席に移って良いと案内していたため、他人と横並びになっている人はいなかった。
201208syukugawa078
モニターは、停留所が出るだけで、映画をやっていたりはしない。
201208syukugawa079
電源はなかった。
201208syukugawa083
出発時はまだ明るい。特長のある愛知県庁舎をパチリ。
201208syukugawa085
新東名に入るころにはこのように暗くなってしまった。
201208syukugawa091
1回目の休憩、遠州森町PA。15分休憩。
201208syukugawa090
201208syukugawa092
201208syukugawa096
2回目の休憩、足柄SA。同じく15分休憩。
ここで前日と当日の渋滞による乗務時間超過という理由で、乗務員が交代した。
201208syukugawa099
トイレがやたら広くてキレイ。

この後、時刻表にはないが、用賀PAで停車した。降車ができる。
用賀→渋谷の東急の切符を190円のところ100円で売っている。
2011年10月より高速バスから東急田園都市線への乗り継ぎサービス」を
JRバスに限らず実施しているらしい。東京西部や神奈川の人にはうれしいサービスかな。

この後霞ヶ関に停まったあと、東京駅八重洲北口へ。
201208syukugawa105
201208syukugawa104
実は、1時間以上、渋滞のため遅れて、0時に近い時間だった。
たまたま終電には間に合ったが、終電間に合わなかった人もいたのでは。










夜行バス「青春エコドリーム号」乗り心地と新大阪天然温泉ひなたの湯


「夜行列車」と「夜行フェリー」が大好きだが、今回大阪まで10数年ぶりに「夜行バス」に乗ってみる。

20代の頃3回ほど乗ったが、3回ともよく眠れず、窮屈で、その後10数年敬遠していた「夜行バス」だが、
ツアーバスの盛況で、価格が新幹線や飛行機に比べ、非常に安いため、体験してみることにする。

どうせなら、最安値層である4列シートの「青春エコドリーム号」に、青春から遠く離れた40代腰痛持ちオヤジが乗ってみた。(ちなみに東京-大阪で3840円と新幹線の1/3の値段だった)

201111kyuusyuu004
祝前日のせいか、京阪神は満席。名前でまとめているが、それぞれの号が、複数本や複数台発車する。
201111kyuusyuu005
他の地方も結構埋まっている。四国方面が埋まらないのは何でかなあ?
201111kyuusyuu014
乗り込んでみる。当然満席。
201111kyuusyuu009
足元は思ったほど狭くなく、座席に挟まれているという感じではない。
201111kyuusyuu017
シートはこれくらい倒れる。
201111kyuusyuu019
荷物棚は狭いが、トランクケースがバスにあり、乗車時に預けられる。
トランクケースは小さいので、お客の荷物であふれたらどうするのだろう
(預り拒否するのかな)と思っていたが、多い分は、バス車内の空きスペースにも
置く模様。
201111kyuusyuu010
カーテンは乗車時から全部占められ、このように暗くなる。

事前にホームページなどで「青春エコドリーム号」で検索すると、『2度と乗りたくない』などの感想が見受けられ
どうなることかと思ったが、以外と眠れて、翌日昼寝をせずに1日過ごすことが出来た。

「夜行列車」や「夜行フェリー」の旅情からは程遠いが、とにかく安い夜間移動手段としては使える感じがした。
実家に顔を出すのに、今まで1回が、同じ値段で3回に増やせると思うと、今後も使ってみたい
(1年後の2012年11月にこりもせず、再度「青春エコドリーム号」に乗車。夜行バス「青春エコドリーム号」乗り心地 第2弾。2回目の方が車両の関係で、良かった)

ただし、車内にトイレはあるが、(夜間にSAでの休憩もあるが)、窓際だと、通路の人に気を使うし、通路側だと眠りづらいので、トイレだけは不便だなあ。
結局、窓際だったので、寝る2時間前から水分を控えて、トイレは行きませんでした。
201111kyuusyuu018
通路側で、こんな人もいたが(500×3本で1.5リットル?)

湊町バスターミナルは、JR難波駅の真上にある。
201111kyuusyuu022
201111kyuusyuu021
お店も一杯あり、乗車バス停としては非常に便利そう。

到着バス停としても、パン屋とマクドナルドとコンビニが開店していた。
201111kyuusyuu024

201111kyuusyuu025
201111kyuusyuu023

なお、朝到着後、時間が有る場合、新大阪駅徒歩10分のところに、750円で入れる【天然温泉ひなたの湯】があり、時間調整+リフレッシュには便利。
午前6時からあいている(土曜日だけなぜか午前8時開店)
201111kyuusyuu182
普通のマンションの最上階(9F)にある
201111kyuusyuu183
201111kyuusyuu187
露天が、最上階なので日差しが気持ちよかった。
201111kyuusyuu184
休憩スペースはTVとゆったりめの椅子がある。
ソフトクリーム(200円)を食べる
201111kyuusyuu185
ベランダ(?)にも椅子があった。

東京や大阪の早朝入れる風呂となると、1000円を超えるところが多いように見受けられるが、
その点ここは750円なので、夜行バス明けなどには使えると思った。
続きを読む
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 池袋 大都会でちょい呑み
  • 池袋 大都会でちょい呑み
  • 池袋 大都会でちょい呑み
  • 池袋 大都会でちょい呑み
  • 池袋 大都会でちょい呑み
  • 池袋 大都会でちょい呑み
  • 池袋 大都会でちょい呑み
  • 池袋 大都会でちょい呑み
  • 晩杯屋でちょい呑み