2007年01月05日

NY株2日連続の小幅高、原油価格が大幅下落

 先ずは原油価格が大幅に下落した事が石油株に売り圧力、朝方発表になった小売各社の12月小売販売結果が芳しくなかった事で朝方からほぼマイナス圏で推移し、底堅さを受けて引けに掛けて押し目買いが入って小幅高で引けた。
 CME225先物は17,430円と大証比70円高で終わった。そしてナスダックが2453.43の前日比30.27高で引け、ハイテク株に影響を与えた。
 NYが原油価格と金価格の下落で素材関連からハイテクの割安銘柄に物色対象が移っている。国内も昨日からその方向に動いてるようである意味では好循環物色と言えよう!
 朝の寄り前の外国証券売買注文状況は、売りが3300万株、買いが3120万株、差し引き180万株の売り越しで2日連続である。

asunaroking0 at 08:21│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔