2007年01月18日

NY株安を受け決定会合を睨みながら始まる

 昨日のNYだうは5日ぶりの反落で、12,577ドル15銭との前日比5ドル44セント安、ナスダックは2479.42の前日比18,36ポイント安で終わる。
 経済指標の12月の卸売物価指数が前月比0.9%上昇で市場予想の0.6%を上回ったことで利下げ期待が更に遠のいたことやインテル決算でハイテク株が中心に売られ下げた。ただ午後からはFRBの地区連銀経済報告では穏やかな景気拡大の中、インフレは抑制されている」という報告で一時上昇に転じたがハイテク株の利食い売りに押されて終わった。
 それを受け日経平均株価は日銀決定会合の発表を今日に控えて、前日比小反落で始まったが直ぐに押し目買いが入り、9:08分に17,290円台を回復。
 先週の1月7日〜13日の体内株式投資は2763億円の資本流入で朝方の外国証券売買注文状況は売りが3220万株、買いが3390万株、差し引き170万株の買い越しであっつた。

asunaroking0 at 09:31│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔