2007年02月20日

後場、下げ渋り前日終値近辺で推移する・・・

後場、日経平均株価は下げ渋りを見せ12:55分に17,900円を回復して、17,800円後半で推移している。先物は取り付きの17,920円に1000枚以上の売り指値があり、上値を圧迫している。
 TOPIX33業種も前引け3業種しか値上がりしていなかったのが、13:00現在9業種に増えている。値上がり銘柄数も562銘柄、値下がり銘柄数が999銘柄と1000銘柄を割って来た。
 個別業種では鉄鋼株が引き続き堅調に推移し、電力、通信などに海外機関投資家の買い観測が広がったことから株価指数先物に買いが膨らんだ。
 また、東証株価指数(TOPIX)も上げに転じ、2006年4月7日に付けた昨年来高値(1783.72)を上回る場面があった。1991年11月以来、15年3カ月ぶりの高い水準となる。
 その後、日経平均先物にも買いが入り13:41分17,960円を付けたが、前日の高値(17,980円)には届かなかった。
 結局、日経平均株価は17,939円12銭の前日比0.97円安デ終わり、日経平均先物は17,950円の前日比30円高で引けた。
 東証1部の出来高は22億2730万株、売買代金は2兆6721億円、値上がり銘柄数645銘柄、値下がり銘柄数893銘柄、変わらず175銘柄で終わった。
 TOPIX33業種は、13業種値上がりし鉄鋼、電気・ガス、非鉄金属、保険が上位を占め、空運、パルプ・紙、その他製品が値下がり上位を占めた。


asunaroking4 at 15:13│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔