2007年02月23日

18,100円水準でも昼休みに1569億円のバスケット取引が成立する・・・投資意欲大!!

 後場日経平均株価は、前引けとほぼ変わらずの18,128円91銭で寄った後、12:43分に18,094円51銭を付けた。その後牽引役の新日鉄が13:11分に前場ザラ場高値の813円を更新した途端、日経平均先物に数百枚単位の大口買いが入り、13:14分に18,180円を付け、現物指数も13:18分に18,177円69銭を付けた。それと昼のバスケット取引が1500億円を超えた買いとなっており、投資意欲が強い印象ことが買い安心感を与えた。
 その後日経平均先物は18,150円以上で推移し、13:34分に再度500枚の大口買いを切っ掛けに13:45分に18,220円を付け、現物指数も13:50分に18,207円87銭を付け、先物・現物とも18,200円台を付ける。因みに13:45分時点で値上がり銘柄数は1010銘柄、値下がり銘柄数586銘柄である。
 14時回って18,200円前後で推移していた先物に14:17分から500枚の大口買いが断続的に入り、再度高値を更新して14:18分18,240円、現物指数も14:2118,232円74銭を付けた。14:15分時点の値上がり銘柄数は1040銘柄に増大した。
 週末であるのにもかかわらず、物色意欲はおう盛な状態が続いている。売り指値は10億株ほどあり、重さを感じさせるところだか、徐々に買い指値も増えており、下押しする雰囲気は感じられない。
 14:30分回って牽引役の新日鉄が昨日付けたザラ場高値815円をクリアーして12:47分に819円を付けると日経平均株価も14:48分18,239円13銭を付け再々度高値更新した。でも相変わらず国内売りの海外勢の買いで相場は上昇している。
 結局日経平均株価は、大引け18,188円42銭の前日比79円63銭高で引け、日経平均先物は18,220円の前日比130円高で終わる。日経平均株価は大引けで25円77銭下げたので週末のポジション売りが出たのではないか・・・?
 東証1部の出来高は29億5317万株、売買代金は3兆5491億円、寝あがり銘柄数は1113銘柄、値下がり銘柄数は490銘柄、変わらず銘柄は108銘柄であった。日経平均225銘柄は128銘柄が値上がりし、88銘柄が値下がりし、かわら図画9銘柄であった。
 TOPIX33業種は26業種で、海運業、不動産業、倉庫運輸関連、証券商品先物当が寝あがり上位で、ゴム製品、保険業、食料品が値下がり上位で7業種が下げた。
 

asunaroking4 at 15:19│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔