images

乳首オナニー、通称チクニー(笑)は、普通のオナニーを気持ちよくするための複合技でもあり、乳首だけの刺激でも気持ちよくなれるオナニーの仕方です。

女性の場合はともかく、男性の場合イクとなると、乳首だけでは絶頂を迎えるのは困難と思っていないでしょうか?

ところが、乳首だけの刺激で射精時と同じ、もしくはそれ以上の快感を感じることができます。いわば前立腺オナニーと同じ状態です。ドライオルガズム を感じることができます。そして前立腺より乳首オナニーのほうが感度が高まりやすく、開発がしやすいです。難易度が優しい、成功しやすいということです。 ただイクとなると同じレベルかなと思います。

前立腺オナニーが難しい理由

というのも、乳首にしろ前立腺にしろ、ペニスへの刺激を介せずにイクためには、とにかくその部位が通常より遥かに敏感になる、いわゆる「開発」された状態にならないといけません。

ところが前立腺はその位置がわかりにくい上に、刺激するには直腸を通して間接的に刺激することになります。そして排便をしてきれいにしたり、アナル を傷つけないようにローションをたっぷりとぬったり、そして後始末が大変です。手間がかかるため頻繁に前立腺を刺激する機会がありません。

乳首オナニーは簡単にできる

乳首はとくに事前準備もいりませんしいつでも触ることができます。後始末も必要ありません。とにかくお手軽。誰も周りにいなければ職場でだって乳首刺激して開発できるくらいです。

このように乳首オナニーは大変やりやすく、開発される可能性が高くなるオナニー方法なのです。乳首のほうがドライオルガズムを感じやすいというわけではなく、触る機会が多く、それが前立腺に比べてとにかく手軽、いつでもできるというメリットがあるからです。

乳首は誰にでもうまく刺激できる

また前立腺に比べて乳首は、初期状態から感じやすいという好条件があります。前立腺はエネマグラを入れても前立腺に当たっているのかどうか分からない人がほとんどでしょう。なぜならそんなに敏感な部位じゃないからです。

それに対して乳首は見たままその場所です。どこが感じるかとかではなく、そこに見えているのでちゃんと刺激できているかどうか誰にでも分かります。あとは触り方くらいです。

とにかくソフトタッチ。優しく、優しく、じっくりです。これだけです。しだいに続けていけば確実に乳首の感度は上がり、ドライオルガズムを感じるまでの期間が短くなっていきます。

乳首+前立腺=ドライオルガズム

ではドライオルガズムを感じたい、成功したいと思う人は前立腺ではなく乳首でオナニーすれば成功しやすい!というわけでもありません。

一番成功しやすいのは、両方とも同時にやることです。

前立腺オナニーはペニスを刺激することはご法度です。でも乳首を触ることは推奨されています。そして乳首を刺激することで前立腺の感度も上がり、ドライオルガズムを迎えやすくなります。

どっちかだけでもドライオルガズムは成功するでしょう。うまくいけば。ただ両方を組み合わせるという方法が一番早いのかもしれません。

U.F.O
エネマグラやアナルバイブを使うときはこれ。手放しで乳首刺激できるので、空いた手で会陰やアナルを刺激することができます。
もちろん乳首オナニー派の人にも。必ずローションを乳首にたっぷりつけてください。