使用したポケモンの技構成を記載。
詳細は木曜日に追記します。

全てのポケモンの性格、努力値配分は毒の迷路(6世代最後に使用した純正系)と同じ。


エアームド@ゴツゴツメット
鉄壁/挑発/羽休め/ドリル嘴

ラッキー@しんかのきせき
毒毒/ステルスロック/タマゴ産み/地球投げ

グライオン@どくどくだま
毒毒/守る/身代わり/地震

以下技変更したポケモン

フシギバナ@メガ石
甘える/ド忘れ/光合成/やどりぎのタネ

ヤドラン@メガ石
草結び/鉄壁/電磁波/怠ける

バンギラス@岩Z
ストーンエッジ/吠える/眠る/追い打ち


ヤドランはダメダメでしたがフシギバナは強かったので他の構築でも使えると思います。

オッスオッス!
こんにちは、あすぱぁです。

今日はやってきた中で面白いと感じたゲームを紹介します。

1.ファイナルファンタジーⅧ









ハード:PS

シナリオが意味不明、独特なシステムでやりにくい、などという評価を受けている事もある本作ですが理解しながら進めればそんなことはないと思います。

シナリオは傭兵養成学校の生徒(スコール)と軍人(ラグナ)の2人の主人公が交互に入れ替わり進行します。
このゲームではシナリオの伏線が世界中のあらゆるところに散らばっていて、寄り道をすればするほどより深くシナリオを楽しめるようにできています。

システムについて
ジャンクションシステムという固有の装備システムとなっています。
その他RPGで出てくる鎧、盾などの防具は一切登場せず、アイテム扱いの魔法を装備して身体能力や耐性を上げるようになっています。
これがすごくやり込み要素を含んでいてあらゆる攻略法を可能にしていて非常に面白いです。
例 最初のエリアでダメージカンスト ノーダメージプレイ など

あとは音楽ですね。
かっこいいBGM、落ち着くBGMなど聴いていて気分の良いものが多いと思います。

2.トルネコの大冒険3











ハード:PS2

ドMな人の向けのゲーム。
シナリオはそこらに転がってそうな感じです。
シナリオよりも難易度って感じのゲームですね。
理不尽の暴力って言葉がしっくりきます。
不思議のダンジョン系のゲームで、序盤から中盤の難易度は丁度良い感じです。
しかし、終盤からクリア後のダンジョンはかなりヤバく何時間もプレイしないとクリアが非常に厳しいです。

クリア後のダンジョンは人間をやめた人向け。

3.セブンスドラゴンシリーズ

































※無印と2020-1は未プレイです、すみません

ハード:PSP 3ds

人間とドラゴンの戦いを描いたシナリオで時々とんでもない鬱を投下していく特徴があります。

シリーズを通して主人公や仲間を自らキャラメイクするゲームです。シナリオを進めたりDLCで選べる外見が増えます。
職業システムもあり、作ったキャラごとに職業ごとの役割を与えられるので様々なプレイ方法で遊ぶことができます。

BGMはⅢに関してはボーカル曲4つ収録されているので非常に良かったです。

4.ルーンファクトリー4









ハード:3DS

牧場物語に戦闘要素を入れたようなもの。
とてもキャラクターに魅力があり主人公は男女どちらを選んでも楽しい。
住人と仲良くしたり、強くなったり、色々なもの作ったりするゲームで遊び方の自由度が高いです。
結婚もできるためギャルゲー、乙女ゲーのような要素もあります。
※結婚相手に選べないキャラクターもいます

とにかくキャラクターの魅力を感じ取ってほしいゲームです。
ハマる人がやるとかなりハマると思います。


今回はここまでです
気になるゲームがあればやってみてください

(誰か新作ハードのゲーム紹介して)





ども。
今日はご挨拶とくっさい自分語りを書きます。

ご挨拶

ポケモン関係で仲良くしてくれている方いつもありがとうございます。
引退という言葉は大げさなのですがガチ勢から引くことにしました。(そもそもガチだったのかと言われると怪しいが)
理由は6世代でやり切ったというのもあるのですが、このゲームで勝ちに行くための努力が苦痛だと感じるようになったからです。

突然ですが僕は4世代からポケモンに努力値を振って遊んでいました。

このころ受けループはなく、適当に好きなポケモンで戦っていました。

僕はとても弱くオンラインでは勝率3割くらいだったと思います。

そして5世代が始まりました。

最初は4世代で育てたポケモンを連れてきて戦っていました。(当然勝率は酷い)

このからリア友のマルルくんとポケモンをするようになって初めて勝ちたいと思いました。

この時マルルよりも圧倒的に弱く何とかしたいと思ったんです()

それから惰性でレートに潜っていると…

ラッキー エアームド グライオン バンギラス スイクン(あと一匹忘れた)の並びと当たり、「なんだこれは」と思い対戦に臨みました。

結果は惨敗。粉隠れガブでぶっ殺そうと思ったら僕がエアームドにぶっ殺されました。

その時僕はとても悔しかったのでPTの詳細を調べたら受けループという構築が出てきたのでやってみようと思い個体の調達から始めました。

5世代の受けループ要員は揃えるのが非常に難しく、使い始めることすら難しいものでした。

エメループが必要なラッキー、夢特性で厳選が難しいグライオン、固定乱数が必要なスイクンやクレセリア。

たくさんの障害がありましたが何とか揃えました。グライオンはマルルが作ってくれた。

それからレートに潜ったら上手くはないんですが、勝てる試合が増えました。

そして使い続ける度に負ける試合が減り、基本的に相手の切断で試合が終了するようになっていました。

勝てる喜びを知ってからずっと使おうと思いました。きっと相性が良かったんだと思います。

楽しく5世代を終え、6世代に突入。ゲンガーとガルーラ、リザードンやルカリオが危険な連中になってやってきました。

今までと違い、勝つのがすごく難しくなったと感じました。

確かに5世代にもきついのはたくさんいましたが、それでも楽々受かったり、処理できたやつはたくさんいました。

しかし6世代では天敵が増えすぎました。

それから頭を悩ませて何とか勝てる工夫をしよう、とがんばりました。

約3年間ひたすら中身のない脳みそをぞうきんみたいに絞り6世代の最後にやっとたった1度のレート2200達成をできました。

正直めちゃくちゃうれしかったんですが、それと同じくらいの疲れが来ました。本当に必死だったんです。

そして7世代を迎えた今僕はもう気力が残っていませんでした…

また1からやり直し。また同じだけダメ計を回し、試合内容を想定してプレイングマニュアル作ったり、それの改善案出したりするのか…と思うと

気が狂いそうでした。僕が弱い、頭が悪いと言われればそれまでなんですけど。

7世代受けループはやっていけると思います。勝ててる人もいますし。

ただ今の環境では攻撃するポケモン(潰し)がいないと6世代よりきつそうだと思います。

受けだけで固めて勝つ人が出たらすごいですね。その人尊敬すると思います。

少し脱線しましたが要は疲れたのでやめるということです。

真剣にやってる人から見たら逃げてるだけやんけと言われるかもしれませんがそのとおりです。すみません。

楽しいゲームではあるのですが今は苦痛のほうが大きくとても続けられません。

ポケモンが楽しくできそうになったらまたやるかもしれないです。

その時はよろしくお願いします。






















image
▲君たちは僕と一緒に墓場に行こうな^^












↑このページのトップヘ