2005年03月26日

はなればなれに

はなればなれに監督・脚本・ナレーション: ジャン・リュック・ゴダール 原作: ドロレス・ヒッチェンズ
出演: アンナ・カリーナ/サミー・フレイ/クロード・ブラッスール/ルイザ・コルペイン/エルネスト・メンゼル/シャンタル・ダンジェ

「もしや【欲望の翼】の元ネタ!?映画」

もうかなりクタクタ気味だけど、まだまだ行くぞ!
試験後初のゴダールは「はなればなれに」に!

切ないけど、かなり味わいのある映画!
いい!最高〜。
【ストーリー】
友人同士のアルチュールとフランツ、そしてオディール(アンナ)の切ない三角関係映画。
アルチュールとオディールは愛し合っているんだけれども、アルチュールはどーしよーもない悪い男。フランツはとっても優しいんだけど、オディールは「暗い」(この理由がちょっと面白い)とか言ってアルチュールに夢中。
そして、お金目当てにオディールのうちに3人で強盗に入り・・・

ほんとにフランツがかわいそうなくらい無視をされていて(笑)
切ないねーそれでもオディールが好き。
いつも3人一緒にいるのが余計切ない。

やりとりが楽しいんだけど、何よりもところどころ入るゴダールナレーションのラストの方に言うあの言葉!
「生まれつき脚のない鳥」のあのお話!
大興奮!!まさしくWKW監督の【欲望の翼】のレスリーだ!
アルチュールとすごく重なる。
ストーリーもちょぴっと重なる?とにかく最高!
こう来るとは知らなかった・・・びっくりしすぎて目が覚めた。
そして、フランツの「はなればなれに」の最後の方のセリフ。
切ない。

そんなそんな、私は初めからフランツを愛してたんだよ〜〜(バカ)!

でも実際いたらやっぱり女は一度はそっち(アルチュールダメ男)にいってしまうのだろうか・・・。
うぅーーん、若いて素晴らしい(笑)
そしてルーブル美術館を走るのはやまて!年甲斐も真似てやりたくなるじゃん(笑)
あぁでも最高〜。
そしてアンナは時代遅れの髪型などと言われようが今日もかわいかった。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/asyurank/17264682
この記事へのトラックバック
―何もすることがないなら1分間黙っていないか? ―それってすごくバカな提案ね ―1分間は長い、まるで永遠のようだ ゴダールの『はなればなれに』(原題はBande A Part=はぐれ集団一味)。DVD買ってからずっと放ったらかしにしてたのをこの前ようやく観ました。 ち
はなればなれに (1964 ゴダール)【tuesday's list】at 2005年05月14日 19:52
はなればなれに BANDE A PART
はなればなれに BANDE A PART【The sense of wonder】at 2005年11月11日 21:24
この記事へのコメント
この映画、わたしも大好き大好き大好きー!ですー。
カフェのダンスのシーンのステップは練習したりしたものです。
去年の春香港で公開された、ベルトリッチ監督の【Dreamers】では
この映画を真似て、ルーブル美術館を疾走する三人の若者という
シーンが登場。そこが最高に楽しかったです。
そうそう、よく気がつかれましたねー、さすが asyurankさん!
わたしもhttp://blog.livedoor.jp/riehk/archives/8770716.htmlで
取り上げてみたりしたのですが、脚のない鳥の元ネタみたいですよね。
(さらに元になる引用文献もあるようです)
こうやって、「好きなものをたまたま見ていたら、たまたまリンクして
いくって嬉しいですよね!
&タランティーノ監督もこの映画の大ファンだそうで、個人事務所の名前を
原題からとって【A Band Apart】ってつけたりしてるんですよ。
ゴダールファンの間でも「NO.1」にあげる人が少なくない映画ですよね。
Posted by りえ@香港 at 2005年03月27日 03:12
追伸:(本当は字数オーバーではねられた)

>女は一度はそっち(アルチュールダメ男)にいってしまうのだろうか
そしてそう、この映画は恋愛教義としても実は深い・・・のかも(笑)

それにしてもasyurankさん、映画見まくってますね〜。
わかりやすくっていいですよー(笑)!
祝、ゴダールでござーる回帰。
Posted by りえ@香港 at 2005年03月27日 03:13
りえ@香港さん

そーですよね!りえさんがお好きというのを聞いたことがあったのでどういう作品かなぁと前から思っていました。
でも私も大好きな作品になりました!!
>カフェのダンスのシーンのステップは練習したりしたものです
そうですそうです。興奮しすぎてうっかり書き忘れてしまいましたが、
とってもかわいくていいシーンですよね。大好きです。
3人の心情のナレーターが入ってまたいいんですよね。

>ベルトリッチ監督の【Dreamers】では
やはりマネしてるんですか!!やまて(笑)!
そういうものだと思ってしまいます。まだルーブル行ったことがないので(笑)
でもこの作品も見てみたくなりました。

りえさんの方にも伺わせていただきまーす。

確かにこれをゴダール1番にあげたくなる人の気持ち分かります!
「気狂いピエロ」が大好きですが、かなり強敵ライバル登場です(笑)
それにしてもタランティーノ監督はやはり映画マニアですね(爆笑)

私もコメント編集から書いてみます(あの手この手)。
いつも期待するのですが、結局は寂しい気持ちになりますからね。
(でもやはりめんどーくさいですよね)

私は恋愛教義としても興味深いなぁーなんて思いながら見てしまいました。
細かいことは気にするな、て感じもしますけれども。
まぁ自分の未熟な恋愛経験のせいの可能性も大です(笑)
まぁ結局優しいフランツにおさまってしまうアンナもどーかなぁですが。
そんなんも有りということで!

映画をついレンタルしすぎて地獄でした(涙)
延滞料金との戦いだったのでかなり必死です。
無計画で反省しました!
でも
>わかりやすくっていいですよー(笑)!
嬉しいです〜ありがとうございます!!
なんか病的に見ているのでひかれていやしないかと心配です。
ゴダール復活でござる!やりました(?)!!
Posted by asyurank at 2005年03月27日 16:28
ようやく映画三昧生活復活ですね!
楽しそうだけど、レンタル地獄にはご注意を!
「Dreamers」には「はなればなれに」からの引用、というかオマージュとも言えるシーンがあると聞いてから、とても見たい作品なのですが、うちの近所のツ○ヤは潰れてしまったんですよ(泣)TVでオンエアしてくれないかな〜。
フランス映画によく出てくる男2人女1人の「永遠の三角関係」は切ないけどとてもすてき。「冒険者たち」「突然炎のごとく」とか、「太陽がいっぱい」もそうでした(でもこれは隠された同性愛がベースらしいです)。フランス映画じゃないけど「暗い日曜日」の3人の関係も印象的でした。アメリカの映画だとヒステリックで大騒ぎの展開になりそう(笑

管理者はコメント編集で記入できるんですね。参考になりました。ありがとうございます。
Posted by りんどう at 2005年03月27日 18:56
ここぞとばかりに映画を見ておりますね〜!
私この映画見てないんですよ!
見たい見たいと思いつつ未見でございます。
ゴダールですが、私は「アルファビル」が好きです。
アキ・カウリスマキはアルファビルが好きで、
事務所の名前を「ビルアルファ」にしてると昔聞いたことがあります。どうでもいいですね(笑)
ということで見てませんでした・・・。
Posted by rabiovsky at 2005年03月27日 22:19
りんどうさん

映画三昧で〜す。でも本当に地獄でした(笑)
私も【Dreamers】見たいです!
ルーブル美術館で走るみたいです。走りたいです〜。
もうツタヤでレンタルしてるんですかぁ。
私の行ってるつツタヤは広すぎてもう何がどこなのかわからないんですよ(泣)
それも結構困ります。もし見つけられたら今度借ります!
りんどうさんもお近くの他のレンタルショップ、TVでの放映(これは気長ですが)もあってとにかく見れるといいですね!

>フランス映画によく出てくる男2人女1人の「永遠の三角関係」は切ないけどとてもすてき
そーですよね!
いいですよね〜。とてもすてきでしたこの映画も!
>「冒険者たち」「突然炎のごとく」とか、「太陽がいっぱい」
どれも見てないんですよねー。すみません。
以前ご紹介頂いたのは「冒険者たち」でした?
確か・・・。今度見てみます〜。
こちらこそありがとうございます!
Posted by asyurank at 2005年03月28日 01:05
rabiovskyさん

はい、なぜか瀕死で見ておりました(笑)
お暇な時に是非見てみてくださいね!
きっと?多分お好きだと思いますよ。

そ−いえば、初めてrabiovskyさんに来て頂いたのも「アルファビル」でしたね!
私も「アルファビル」のあのフインキ好きです。
あれもラストのアンナが愛に気づくところが好きです。
>事務所の名前を「ビルアルファ」にしてると昔聞いたことがあります
皆さん結構参考にしているんですね〜。
それならば、私は将来薬局開いたら「気狂い薬局」にしよーっかしら。

・・・て、患者さん入りにく!!
その前に許可もおりなそうですね。
乗り突っ込み、お粗末様でした。(ごめんなさいです)
Posted by asyurank at 2005年03月28日 01:14
>「気狂い薬局」
絶対許可おりないと思います(笑)患者限定です^^;
せめて「アルファヴィル・ファーマシー」に!
そういえばだいぶ前に「気狂いピエロ」を地上波で字幕放映した時、
新聞などの番組欄には『ピエロ・ル・フ』と紹介されてました。
原題そのままカタカナ読みじゃん!
『ホワット・ライズ・ビニース』みたいな、なんじゃそりゃ的タイトル(爆)
その上、番組の初めの解説コーナーでも
「今日の映画は『ピエロ・ル・フ』…」と紹介していた。
どうも言葉狩りに引っかかっちゃったようでした^^;
Posted by りんどう at 2005年03月29日 19:00
りんどうさん

突っ込みありがとうございます(笑)
やはりまずいですよね〜。

>番組欄には『ピエロ・ル・フ』と紹介されてました
これは意味わからないですね〜。
私映画は知ってますけど、これはわからないです(笑)
でも確かにこの題名は番組欄的にはNGかもですね。
ちょっと普通にみたらびっくりですもんね。
Posted by asyurank at 2005年03月29日 21:57
うわ〜
留守にしてたら、この話題が・・・。寄りたかったよ〜ん。

(●ェ●。)監督、ぜったいこれ見てますよね!
しつこく「地獄のオルフェウス」が元ネタと言うところが
またまたあやしい。

途中で1分くらい?全員が「沈黙してみよう」て
し〜ん!てなるところもあるしね(笑)
王家衛監督、これはイケルと思ったのではないかしら(←決め付け)
シーンとなるとか、途中でいきなりダンスするとか、
これ見て、「映画は何でもアリだ!」と悟ったとか(←言いすぎ)

 そういえば、今回、残念ながら、ナマ監督を見ることはできませんでした。
 監督賞も作品賞もノミネートされてるのに。
 行けば見られると思ってたのに(笑)
 やる気あるのか!?監督!!!(見たかったよ〜)

でもトニーさん見たから、満足(なんやソレ!・笑)
Posted by grace at 2005年03月30日 02:03
graceさん

おかえりなさいです〜。
先ほどそちらにもお邪魔させていただきました!

【はなればなれに】をみて相当大興奮しました(笑)
でもファンはみなさんするのでしょうね。
(●ェ●。)監督て基本的にうそつき・・・いえ恥ずかしがりやさん?ですよね(違)

>途中で1分くらい?全員が「沈黙してみよう」て
>し〜ん!てなるところもあるしね(笑)
あーそーいえばありましたね!
今気が付きました〜。
>これ見て、「映画は何でもアリだ!」と悟ったとか
ふふふ最高です(笑)&さすがです。
でも今回はナマ(●ェ●。)見られなくて残念ですよね。
普通の人間なら出席するはずなんですが(笑)
そこをあえてしないところがまた無間道(違)?ファン心つかんで離しませんね。

いやでも、トニーさん見られて本当によかったですね!!
ほんとにうらやまPです〜。
トニーさんで満足ていうのが贅沢ですね〜。
また遊びに行かせて頂きますのでよろしくお願いします!
Posted by asyurank at 2005年03月31日 20:59
はじめまして。
すみません、遅ればせながらTBさせていただきました。『欲望の翼』について言及されていたもので、嬉しくなりました。
やはりいけないと思いつつ女はアルチュールが好きになってしまうのですね。
Posted by マルディ at 2005年05月14日 19:56
マルディさん

はじめまして!
この作品『欲望の翼』とリンクしていて、カーウァイ監督を先に知っていた私としてはつい大興奮してしましいました〜。

ちなみに『欲望の翼』の言及については
お友達の香港のりえさんのブログ↓
http://blog.livedoor.jp/riehk/archives/8770716.html
でもしています。とっても興味深く素敵な記事なのでよろしければ是非どうぞ〜。

アルチュールのあの適当なワイルド?な魅力に女性は弱いものなんですかね。
魅力的すよね〜。でも、私はならないように気をつけます(笑)
Posted by asyurank at 2005年05月15日 01:43
はじめまして。
この映画は、本当に素晴らしいですよね。
何度も観たくなります。
同じく“脚の無い鳥”の話が出てくる「欲望の翼」も大好きです。もう、次どんなシーンかとか、鳴る音楽が何かとか覚えちゃってるくらい観ました。この2つの映画は撮られた年こそ違いますが、わりと共通した空気がありますよね。

こちらのブログ、本当に面白くて、もっと最近のレビューにコメントを、とも思ったのですが、せっかくなので“はなればなれに”でTBして、この記事にコメント残させて頂きました。
また、お邪魔します。
Posted by schu at 2005年11月11日 21:23
schuさん

はじめまして!
TB&コメントまでありがとうございます。
そしてお褒めいただきとっても嬉しいです!
ありがとうございます〜。

この映画ほんとに大好きです。
>次どんなシーンかとか、鳴る音楽が何かとか覚えちゃってる

schuさん素敵ですね!
私は最近見ていないので、また見たいですね〜〜。
でもその気持ち分かります!
ほんと何度観ても面白い映画ですよね。
「欲望の翼」とは撮られた年も、国も設定もこんなにも違うのに似た空気・・・
ほんと凄いですね〜!

私はゴダールがただ好きで色々書いていますのでお褒めいただけて本当に光栄です〜。
こちらこそ遊びに行かせて頂きますです!
よろしくお願いします〜。
Posted by asyurank at 2005年11月12日 23:42