2004年12月02日

かんじん堂

赤チャリくんと京都駅ポルタ内「かんじん堂」へ行きました。地図

熊五郎チェーンがてがけるラーメン店には同じポルタにある「熊五郎」、アバンティの「百年屋」やラーメン小路の「上方ざんまい屋」があります。
「かんじん堂」が他のお店と違う点は、純和風のラーメンです。見た目も確かにそうなんですが、食べてびっくり。スープがうどんやそばの「つゆ」そのものです。確かに鳥から取ったスープも含まれていることはわかりますが、むしろ鰹や昆布の風味のほうが勝っていて、もはや「スープ」というのには抵抗があります。これは「つゆ」もしくは「だし」です。
麺は他のお店と同様、透明感があり、コシの強い自家製麺。チャーシューとはべつにつくねも入っています(写真にはありませんが)。案外美味しいものです。
メニューには「らーめん」とありますから、正真正銘ラーメンなのですが、なんか他のラーメンと比較するのはどうかなぁと感じました。
確かに、美味しいんですけどね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/24304870