2004年12月16日

なか房

個人的には、最近のお気に入り。ただ「ここ美味しいよ」と友人を連れて行くと、「それほどでもないかなぁ」と思ってしまうことってありません?「おいしい」という先入観ができてしまい、実際食べてみると期待の大きい分、見方がシビアになるというシチュエーションです。

にも関わらず、「美味しかった!」となれば、それはかなり本物です。
が、残念ながらそこまでは達せなかったかな? (第6回オフ)
美味しいお店だとは思うんです。ただほんと小さいお店で6人で大挙して押し寄せると、大将もアップアップだったように感じたのは気のせい? ^^;
正直、いつもよりも塩辛く、醤油が強かったように感じました。

ただ、改めて感心させられたのが麺の固さ。この掲示板でも度々面の硬さについては言及していますが、「なか房」は京都のお店に中でもかなり「固め」の注文を忠実に実行してくれるお店です。ほんと北九州の固めに近い固さなので、やっぱりぼくはその辺に好感を持ちます。

麺は太さを選べます。今まで細麺ばかり頼んでいたので、次回は太目を頼んでみることにします。スープは味噌に挑戦だな。

2次会の居酒屋。みなさん、よくお飲みになる...。(*^-^)
ビールで乾杯した後、銘酒「米百俵」を一升瓶で注文。これをあけてしまい、さらに「米百俵-生酒-」を嗜む。酩酊です。

ありがとうございました。

地図

【2004年12月16日訪問】


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/24305231