2004年12月25日

天天有inCOCON烏丸 『角』

まずはCOCON烏丸内の天天有。新店オープンに行っているので、2回目の訪問です。先日は一乗寺時代からの味を踏襲した「丸」を賞味しましたが、今回は新作の「角」を食べてみることにします。 地図
「丸」が純粋に鶏がらのスープだけなのに対し、「角」は豚骨のエキスを加え「キレ」のある味に仕上げているとメニューにあります。普通豚骨が加わると「キレ」というより「コク」がでるんじゃないかなぁ?と疑問に思いつつも、運ばれてきたスープを味わってみます。第一印象は、「天天有」という一大ブランドとラーメンの見栄えからは意外なほど、「薄さ」を感じます。これは前回と同じ。ただ、この「薄さ」はなにも悪いものではなく、「こってり」「ギトギト」した昨今のほかのラーメンと比べると、これはこれである意味「上品」といえるような気がしていきました。間違いなく最後まで飲み干せます。
さて問題の「角」ですが、「キレ」というのは、やはり僕にはわかりません。^^;
ただ感じたのは、鶏がら一徹の「丸」と比べ、確かに複雑な奥行きのある味になっていました。しかし「薄さ」故「くどさ」は皆無です。ギトギト感は全くなく、「さっぱり」というのが相応しいでしょうか。味覚のことなので、なかなか言葉で表現するのは難しいのですが、鳥料理屋でいただける「鶏スープ」ご存知ですか?あれって煮詰まって結構まったりしていますよね。あれに近いのが「丸」だとすれば、他のお出汁も加えて風味に幅ができたのが「角」のイメージです。あえて表現すれば、そんな感じですね。

いかがでしょう?みなさんはどうお感じになられますか?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/24306507