2004年12月25日

赤鬼

この日は赤チャリくんと呑んでいたのですが、最後にもう一杯ラーメンを食べて帰ることとしました。場所を木屋町に移していたので、新しくできた「夜の太陽ラーメン」に挑戦したかったのですが、狭い店内、大将と談笑しているグループがなかなかお店を出そうにないので、他のお店をあたります。二人が食べたことがなかった「赤鬼」です。地図
場所は烏丸三条を上る、朝日会館のすぐ南側です。昔三信衣料があった後にできたお店です。目抜き通りの表に構えていながら、ラーメン好きのなかでもまったくと言っていいほど話題に上がらないお店。はっきりいって未知数でした。

ラーメン自体は鶏がら醤油に背脂を施した、非常にオーソドックスな京都ラーメンを踏襲しています。具もネギ・メンマ・チャーシュー。麺は自家製らしい中細麺。特徴的なのは一味です。結構辛い。
麺はまずまず好感がもてる歯ごたえ。しかしスープはいまひとつ。醤油のコクがなく、くどさを感じてしまう味です。ふと目をやると棚の上にスーパーの安売りでよく見かける赤いキャップの「キッコーマン」が...(-_-;)

さらに食べ終えて気がついたことがあります。どうも一味が辛くて、これ以上スープは飲めないなぁと、となりにいた赤チャリくんを見ると「辛いっすね」といいながらほとんど飲み干さんとしているじゃないですか。「このスープ、よく最後まで飲むねぇ」と感心したのですが、なんか色がちょっと違う...。ちょっと頂戴ね、と彼のスープをレンゲで掬っていただくと、辛さが全然違う。彼に僕のスープを飲んでもらうと「なんじゃ、こりゃ?」

ダメっすねぇ。同じものたのんでいるのに、こんなに味が違ったら...(>_<)
長時間営業はありがたいですが、結局店主の目の届かないところで作られたラーメンってこんなことになっちゃうのかも知れません。残念。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/24306558