2004年12月30日

壱蔵

年も差し迫った頃、仕事納めという友人と忘年の意味で呑みました。最後にラーメンを食べていこうというお話になり、以前行けなかった木屋町の「夜の太陽ラーメン」へ行ってみました。すると...
johnny「ウーピーズライブ参戦より、一時営業停止 ジョニー」
............(-_-;)



仕方なく木屋町を彷徨い、まだ行ったことがなかったお店「壱蔵」を食べてみることにしました。 地図

お客さんで混んでいてお店に入るまでにちょっと待たされましたから、実は案外美味しいかも...とちょっと期待したのですが、ただ単に年末だから混んでたみたいですね。
ここも基本的に豚骨醤油のお店。ウリは特製の「炙りチャーシュー」。炙られることで生まれる香ばしさが、スープと混ざり合う味が想像できましたが、実際ぼくのところに運ばれてきた一杯は、脂身の塊が残ったチャーシューで、ちょっと気持ち悪い。スープの出汁も薄く、壁に書かれた「熟成」という言葉にも「?」という感じです。
僕の食べたチャーシューがたまたまそうだったのであり、スープを薄く感じたのも、12月の30日に行ったら仕方ないよ、という程度のお話かもしれません。
まぁ夜の繁華街のラーメン屋さんです。うん。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/24306781
この記事へのトラックバック
木屋町にある背脂醤油ラーメンのお店。ウリは特製の「炙りチャーシュー」。炙りチャーシューは、炙っているので余分な油は落ちているのだけど、少し炙りすぎで肉の部分がかたくなっていた。スープはたっぷりと背脂がまぶされた醤油味だけど思ったよりアッサリ。麺は細めのス....
ら〜めん 壱蔵(ラーメン@京都 木屋町)【自堕落的 大阪食べ・飲み歩記】at 2007年05月24日 14:14