2005年04月25日

たかくら

オフの開催を具体化したところ、その気になってか、ラーメンが食べたくなり、新店「たかくら」へ行ってきました。 地図

閉店しました
写真でみるように背脂がたくさん浮いていますので、それなりにこってりかと思いきや、鶏がらベースなので、しつこさはそんなにありません。
友人の指摘に「酢が強い」と聞いていましたが、たしかに特徴的ではあるものの、警戒していたほどではなく、嫌味になることはありません(「ますたに」で「ラーメンたれ」を入れちゃった...くらいを想像していました)。むしろ、この「酢」の塩梅のおかげで、「さっぱり」感が維持できているのではないでしょうか?

しかし、スープに強さがないということは、ひいては「濃さ」や「あくの強さ」「旨み」に欠け、醤油の味が目立つように感じます。つまり、スープの「こく」より醤油の「辛さ」が勝ってしまっています。

麺は細目。京都らしい麺です(軟らかいという面においても)。
チャーシューは脂身がすくなく、細くスライスされ、好感が持てました。横綱のそれに近いかな。

場所柄仕方がないですが、並680円はちょっと高いかなぁと感じます。


しかし、この四条烏丸界隈は今熱いですね。「番屋」のラーメンがすごく美味しくなっているらしいし、一風堂店主河原氏のプロデュース「五行」があったりと、すごいことになっております。いまだ一風堂には人が並んでいるし、そういえば「大将軒」にもまだいったことがなかったなぁ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/24308936