2005年05月14日

ラーメン 道

ラーメン「道」へ行ってきました。いわずもがな、あのガチンコラーメン道で修行された、「支那そばや」佐野実氏の弟子、土居氏のお店です。 地図
店内はジャズが流れており、おしゃれですね。気取っているともいえます。
食べたのはガチンコラーメン。ラーメンのメニューにはこれと、チャーシュー、塩しかありません。

スープは、鶏がらと魚介のWスープ。鶏白湯と書いてありましたが、それほど白濁してはいません。魚介系の匂いが強い。鰹節をかなり使用されているみたいです。
麺は相当細長い。透明がかった麺はかん水が少なく、くにゅくにゅした食感です。
チャーシューはばら肉を丁寧に煮られており美味しい。ネギは九条のものを使ってはいません。

総評としては、スープの鶏と魚介がお互いに主張しすぎている感じ。たしかにしっかりとした味なんですが、どうも「くどい」。評価が難しいですなぁ。

いっしょに食べたシャキシャキレタスの入った「やきめし」は、以外に薄味でおいしかったりして。

伏見区に作った支店は早々に暖簾を下げられたみたいです。やはり、メディアの力だけでは、集客はままならないのでしょう。実力が伴わないとね。

ちなみに、帰宅して調べてみると、WEBで紹介されていた「道」のラーメンと今ぼくが食べてきたラーメンがまるで違う。だいぶ変えられたんですね。しかし、ラーメン屋の看板の品を、そうそう簡単に変えちゃっていいのかなぁという気もします。節操がないというか。

店頭に「ガチンコ」の幕。あれは、土井氏自身が宣伝として掲げているのか、それとも我々の預かり知らないところにある「契約」によって名前を掲げないといけないのか...。後者であると、悲しいなぁと思います。

一にも二にも、このテレビの番組のことを考えながら食べさされてしまいます。これは、店側にもお客側にとっても、あまりいいことではないように感じます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/24309531