2005年06月20日

一神堂

東龍の姉妹店としてオープンしました。単なる新店ではなく、新しい屋号を掲げており、新作のラーメン「一神堂そば」が提供されています。地図

まずびっくりさせられるのは「アサリ」。ラーメンにアサリが入っているなんて記憶するところありません。北海道のラーメンにホタテを入れてあるのを見たことはありますが(食べたことは無い)、アサリとは思い切ったものです。確かに獣骨と魚介のダブルスープが流行る昨今、ラーメンのスープに貝が含まれていても驚きではありません。しかし殻ごとごっそり入っていると、それはそれで斬新...。

味のほうは思ったよりあっさり。貝特有の臭さが残っているかと想像していましたが、むしろほんのり甘い。バター?よくわかりませんが、まっさきに思い出したのが「ボンゴレビアンコ」。そう、あんな感じです。(麺も固めで頼んだので、「アルデンテ(?)」)

スープのベースは豚骨。しかし、ほんとに薄く取られているだけで、ぜんぜん豚骨臭さもありません。またくどさもありません。味が調えられている程度。タレは塩。
麺は細めのストレート。具材は、チャーシュー、ネギ、メンマにザーサイが入っていました。ザーサイのクセある香が一興。薬味に黒胡椒と鷹の爪。「元祖京都ラーメン軍団」さんでは「辛い」とありましたが、僕が食べたものはそんなに辛く感じませんでした。


バラックのような小さな建物が厨房。客はそこに立て付けられたカウンターと、屋外のテーブルでいただき、席数はいっぱい入ったとしても10人ぐらいの小さなお店。雨が降ったらどうなるんだろう?って心配になるくらいです。
なんだか、ラーメンの味わいといい、店舗の雰囲気といい、アジアな感じのお店です。そういや、東龍の大将、前職はそっち系のシェフ出身だったかな?

ちなみに、河原町を隔てたビルの2階にもアジアなお店があります(THAI CAFE kati)。かなりレトロな井出達でいい感じ。コーヒーをいただいて帰りました。

2005年6月18日訪問

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/at_you_see/25774227